MOVIETOP

神山征二郎

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
著作
生まれたら戦争だった―映画監督神山征二郎・自伝(書籍)

_(書籍)
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996 宮澤賢治-その愛- 監督
1995 ひめゆりの塔 監督・脚色
1994
1993 月光の夏 監督
1992 遠き落日 監督
1991
1990 白い手 監督
ドンマイ 監督
1989 伊勢湾台風物語 監督・原作・脚本
千羽づる 監督・製作・脚本
1988
1987 ハチ公物語 監督
1986 旅路 村でいちばんの首吊りの木 監督
春駒のうた 監督・製作・脚本
1985 ボクちゃんの戦場 製作
1984
1983 ふるさと 監督・脚本
1982
1981 日本フィルハーモニー物語 炎の第五楽章 監督・脚本
1980 看護婦のオヤジがんばる 監督
トム・ソーヤーの冒険<TV> 脚本
1979 赤毛のアン<TV> 脚本
1978
1977 あすも夕やけ 監督・脚本
八甲田山 助監督
1976 二つのハーモニカ 監督
1975
1974
1973 時計は生きていた 監督
1972
1971 鯉のいる村 監督
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941 7'6 岐阜で誕生

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

ひめゆりの塔 1995
1995日本アカデミー主演女優賞(沢口靖子)、音楽賞、撮影賞、照明賞、美術賞、録音賞
<A> <楽>
風野健治
橋本幸治(製)
神山征二郎
加藤伸代(脚)
沢口靖子
後藤久美子
中江有里
高嶋政宏
神山繁
吉行和子
永島敏行
★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ
ひめゆりの塔(書籍)

 

宮澤賢治-その愛- 1996

<amazon>
<楽天>
新藤兼人(脚)
三上博史
酒井美紀
仲代達矢
八千草薫
中山忍
牧瀬里穂
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

月光の夏 1993

<amazon>
<楽天>
佐藤正之
香取雍史
神成文雄(製)
毛利恒之(脚)
渡辺美佐子
滝田裕介
田中実
永野典勝
仲代達矢
小林哲子
若村麻由美
内藤武敏
田村高廣
山本圭
石野真子
高野長英
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
月光の夏(書籍)毛利 恒之
遠き落日 1992
1992日本アカデミー主演女優賞(三田佳子)、作品賞、助演女優賞(牧瀬里穂)、脚本賞、音楽賞、撮影賞、照明賞、美術賞、録音賞、編集賞
1992ブルーリボン主演女優賞(三田佳子)
1992毎日映画コンクール日本映画優秀賞、最優秀宣伝賞

<amazon>
<楽天>
小田久栄門
奥山和由
田沢連二
永井正夫(製)
新藤兼人(脚)
三田佳子
三上博史
仲代達矢
牧瀬里穂
田村高廣
河原崎長一郎
仲谷昇
山城新伍
尾美としのり
篠田三郎
長門裕之
ジュリー・ドレフュス
馬渕晴子
山本圭
岩本多代
小林哲子
草薙幸二郎
石野真子
春川ますみ
原知佐子
樋浦勉
ベンガル
安藤一夫
物語 人物 演出 設定 思い入れ
遠き落日(上)(書籍) 下(書籍)渡辺淳一
 日本の誇る偉人として知られる野口英世。しかし、彼の生涯の研究の成果が医学界に与えたものは殆ど意味を持たないほどに小さいものだった。しかも乱れきった私生活の中での研究であった。そんな野口を暖かく見守り続けた者達、殊にその母の姿を通して偉人の生涯を語る。
 本作品は渡部淳一著作の映画化であるが、流石に人の全生涯を2時間足らずで凝縮できるはずもなく、それ故本人よりむしろ母にスポットを当てた作りとなっている。
 狙いは外れてないと思うけど、明らかにミ
スキャストだと思うんがなあ。主人公の三上博史は‘得体の知れない日本人’をやらせたら随一の人だけど(褒めてないって!)、情愛を絡めると途端に不気味なだけの人に(失礼!)なってしまう。三田佳子もちょっと年齢的に無理な役なんじゃないか?
 原作を読んだのは中学の時だったか。随分ショックを受けた記憶がある。偉人伝で見た野口英世の姿とはまるで違っていたし、イメージが随分崩れたものだ。大人になって読み返してみると、そのエキセントリックな性格や酒乱気味の行動など、
結構好ましく思えてくるのが不思議と言えば不思議。

ページトップへ