MOVIETOP

落合正幸

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
著作(原作)
不可聴領域 Kindle版(コミック)
2019
2018
2017
2016
2015 呪怨 -ザ・ファイナル- 監督・脚本
2014 呪怨 -終わりの始まり- 監督・脚本
学校の怪談 呪いの言霊 監督・脚本
2013 怪物 監督
2012 死と彼女とぼく 脚本
聖なる怪物たち
<A> <楽> 演出
wiki
カウンターのふたり(2nd)
<A> <楽> 演出
2011
ピースボート-Piece Vote-
<A> <楽> 監督
2010 劇場版 怪談レストラン 監督
妖しき文豪怪談
<A> <楽> 監督
2009 都市伝説セピア 監督・脚本
2008 シャッター 監督
2007
2006
2005 ラスト・プレゼント 監督
2004 日本のこわい夜 監督・脚本
感染 監督・脚本
2003 天使の牙 B.T.A. 脚本
2002
2001
2000
1999 催眠 監督・脚本
1998
1997
1996 パラサイト・イヴ 監督
1995
BLACK OUT
<A> <楽> 監督
沙粧妙子-最後の事件-
<A> <楽> 演出
wiki
1994 龍は眠る 監督
時をかける少女
<A> <楽> 演出
wiki
1993
1992
NIGHT HEAD
<A> <楽> 監督
wiki
1991
1990
世にも奇妙な物語(1st~3rd)
<A> <楽> 監督
wiki
1989
奇妙な出来事
<A> <楽> 監督
wiki
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958 東京で誕生

ページトップへ

 

呪怨 -ザ・ファイナル- 2015
<A> <楽>
高木ジム
今山武成
村田嘉邦
久保忠佳
江守徹
山口敏功
平田樹彦
大畑利久(製)
一瀬隆重
落合正幸(脚)
平愛梨
桐山漣
おのののか
柳ゆり菜
松浦雅
RIMI
中原果南
矢吹春奈
堀口ひかる
和田亮太
滝裕可里
黒島結菜
最所美咲
小林颯
緋田康人
袴田吉彦
佐々木希
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
呪怨 -終わりの始まり-
<A> <楽>
田中順
今山武成
百武弘二
久保忠佳
鶴谷誠
山口敏功
平田樹彦
宿崎恵造(製)
落合正幸
一瀬隆重(脚)
佐々木希
青柳翔
トリンドル玲奈
金澤美穂
高橋春織
黒島結菜
石川真希
江田結香
大村彩子
植村恵
網川凛
宮城大樹
松井晶熙
最所美咲
小林颯
緋田康人
袴田吉彦
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
シリーズ第5作
感染 2004
<A> <楽>
濱名一哉
小谷靖
一瀬隆重
本田邦宏(製)
落合正幸(脚)
佐藤浩市
高嶋政伸
星野真里
真木よう子
木村多江
羽田美智子
モロ師岡
山崎樹範
草村礼子
南果歩
佐野史郎
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 経営危機に陥ったとある病院に次々と運ばれてくる患者達。人手が足りない医師達の疲労は限界に達し、不慣れな看護士達とのぶつかり合いもあり、最早全てが限界に達していた。そんな中、入院中の重傷患者の容態が急変し、医師の秋葉清一(佐藤浩市)と魚住晴哉(高嶋政伸)が大急ぎで治療に当たるが、不注意から患者を死なせてしまう。なんとか明らかな医療ミスを隠蔽しようとする医師達だったが、そんな時に今度は内臓が溶け始めた急患が運び込まれてくる。今は治療できないと泣きつく秋葉だったが、もう一人の医師赤井清(佐野史郎)だけは薄笑いを浮かべたまま、その患者を受け入れる…
 新レーベルである“Jホラーシアター”製作の作品で、『予言』(2004)と同時公開された作品。二本の新作ホラーが観られるのでお得感はあるのだが、私はTVで拝見。
 いわゆるJ−ホラーの牽引役の一人落合監督による医療ホラー。そもそも落合監督は科学的なホラーを描くのが得意なので、思い切り自分のフィールドに引き込んだ作品と言える(このプロトタイプが1991年に放映された「世にも奇妙な物語」内の落合監督による「急患」だった)…けど、はっきり言って本作は
失敗作と断言できるのだが、その理由は明確。
 この作品は
「ホラー=気持ち悪いもの」という単純な図式に堕してしまっていたから。生理的嫌悪感を強調すれば怖いだろう。というのは大きな間違い。生理的嫌悪感を強調するのならば、もう一歩進んで付加価値を付けなければ映画にならないのだ(例えばPJの『ブレインデッド』(1992)は、その辺しっかり分かっていた)。それだけでは、単に気持ちが悪いだけの作品になってしまうのだ。本作は結局そこから一歩も出ることなく、終始気持ち悪いだけで終わる。
 ストーリーとか色々捻ってあるのに、それを全て台無しにしてしまう演出と大げさな演技。これを「ホラー」とするのは、あんまりにも冒涜だよ。ホラーを単なる見せ物小屋っぽいもので良いって考えてるなら、大きな間違いだ。
 思えば落合監督作品とは相性が無茶苦茶悪いから警戒はしてたんだよな
『パラサイト・イヴ』は私の邦画におけるワースト10に入る作品だし)。それでもTVだったらいいか。と割り切ったのだが、はっきり言って腹が立つばかりだった。
 佐藤浩市、高嶋政伸共にがんばって演技してるのが分かるだけに、それが哀しい。
催眠 1999
<A> <楽>
柴田徹
原田俊明
櫻井武晴
濱名一哉
田上節朗(製)
落合正幸(脚)
稲垣吾郎
菅野美穂
宇津井健
大杉漣
小木茂光
升毅
渡辺由紀
絵沢萠子
羽田美智子
藤竜也
宇梶剛士
矢田亜希子
瀬戸朝香
物語 人物 演出 設定 思い入れ
催眠(書籍)松岡 圭祐
パラサイト・イヴ 1996
<A> <楽>
村上光一
川合多喜夫
小牧次郎
大川裕
堀部徹(製)
君塚良一(脚)
三上博史
葉月里緒菜
別所哲也
中嶋朋子
稲垣吾郎
大村彩子
大杉漣
三谷昇
深水三章
河原崎建三
萬田久子
渡辺いっけい
佐伯伽耶
物語 人物 演出 設定 思い入れ
パラサイト・イヴ(書籍)瀬名秀明
 妻を交通事故で失った利明(三上博史)。だが亡き妻聖美への未練から、その細胞を分裂させる事に成功する。一方、ドナーとして用いられた彼女の腎臓は、移植された少女の中で異常成長していた。実はこれらは全て、細胞の中のミトコンドリアのなせる業であった。パラサイト・イブとして復活した妻を目の前にした利明は…
 この映画、褒めるところがあるとすれば、音楽だけ。それ以外何を褒めて良いのか、探しようがない。
 オープニング部分で鷹がカタツムリをついばむシーンを見た瞬間から、この作品が
クズであることを確信した(普通の病院に鷹が飛んでくると言う非常識は無視するとしても、急降下の後、木の幹にへばりつくカタツムリを銜える!何のためにこいつは爪を持つのだ?あんなことしたら顔を木に激突させて首の骨を折る)。これほど早く映画そのものを諦めた作品は滅多にない。最早描写は穴だらけと言って良く、一々言うのも馬鹿らしいほどで、最大の売りだったCGもチャチで(葉月里緒菜の乳首を消すだけかい!)、無駄な技術の使い回しである。
 それでストーリーが良ければ救いがあるし、原作は決して悪い作品ではない。ところが、見事なくらいに原作を無視した大胆な作り方をしてくれている。監督の落合正行と角川に、心ばかりの笑みを与えよう。
 確かに音楽だけは良い。その音楽をもってしても、評価を上げたくないのがこの作品である。
 ちなみにこの作品は角川ホラー文庫の栄えある第1回最優秀作に選ばれたのだが、実は私も応募していた。
勿論私は箸にも棒にもかからず、この作品を読んで、そのレベルの高さに驚いたものだが…

ページトップへ