MOVIETOP

サトウトシキ

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002 夢なら醒めて……
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

タイトル
<A> <楽>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

夢なら醒めて…… 2002
<A> <楽>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ
PERFECT BLUE 夢なら醒めて(書籍)
 メジャーを目指す売り出し中アイドルの浅香アイ(前田綾花)は昔、かつて親友で作曲家志望の親友広美の自殺を目の当たりにした過去を持っていた。そして彼女が今売り出そうとしていた歌はその広美の作った「夢なら醒めて」という曲だった。一方、アイに夢中のフリーターの利彦(大森南朋)はある日彼の働いているコンビニで偶然アイと出会った。アイの事なら知らないことはないと告げる利彦に、アイは気持ち悪さよりむしろ親近感を覚える。その後「夢なら醒めて」がヒットし、アイは忙しい日々を送るようになったのだが、その頃、利彦のほうでは、身体に異変が起こっていく…
 今敏監督によるアニメーション作品『PERFECT BLUE パーフェクト ブルー』(1997)の実写化と聞いていたので、結構楽しみにしていた作品だったのだが、実際はその元となった竹内義和の小説の映画化だったらしい(未読)。アニメ版とはまるで違っていた。
 正直な話、
出来は酷い
 物語はアイドルとストーカーの関係が主軸だが、アイドルの方はストーカーから逃げるよりもむしろ淡い近親感を持ってしまうと言うのがこの作品のミソだろう。しかしその結果、ストーカー男は一歩彼女の生活に踏み込んでしまい、お互いにシャレにならない状態に落ち込むことになる。更に自殺したアイドルの親友の歌の呪いがここに絡み、作りようによっては大変面白くなりそうな作品だった。
 しかし、残念ながら
それをまとめる技量も、演技力も足りず。結局まとまりのないまま終わってしまった。ストーカー男にもアイドルにも感情移入はまるで出来ず。ただ淡々と物語が進行していくだけ。唯一評価できるのは曲の使い方くらいかな?勿体ない作品だった。
 逆にこれをよくあそこまで質の高いアニメに仕上げたものだと、今敏監督の技量の方に感心したほど。

ページトップへ