特撮館Top
特撮事典

スーパージャイアンツ

鋼鉄の巨人(スーパージャイアンツ)


<amazon>
<楽天>
1957年
石井輝男(監)
 地球上で行われている原水爆実験は、星間世界にも深刻な問題となっていた。宇宙人会議の結果、地球に実験中止の呼びかけのために使者として彗星のスーパージャイアンツ(宇津井健)が選ばれた。早速人間の姿を取ったスーパージャイアンツは地球に来る。そこで嵐の中で壊れそうになった旅客機を救うのだが、その旅客機の中には原爆用のX14ウラニウムがあることに気づく…
 「ウルトラマン」に先行すること約10年。巨大化こそしないものの、SF特撮ヒーローが誕生した(ちなみにアメリカで放映された初の和製ヒーローでもある)。それまでチャンバラが担っていた連続活劇をSFにしたような話だが、その分単純明快で、スカッとする活躍が楽しめる。
 ただ、先行してあった『地球の静止する日』(1951)にインスパイアされたか(勿論『ゴジラ』(1954)もあるし)、ちゃんと時事ネタとして、原水爆禁止を訴えかけるものもちゃんと持っている。主人公は異星人だが、何故地球に来たかと言えば、それは原水爆が地球のみならず宇宙にも悪影響を及ぼすという事を伝えに来たという。しかも武力ではなく話し合いを基調として。と言うのがやっぱり『地球の静止する日』って感じではある。
 これこそが本来のSFの持つ力というものだ。
 それにしても、これが石井監督が作ったと言うのが結構な驚きなのかも?なんだかんだで芸域の廣い監督だな。

 

アトムAB団
【あとむ-えい-びー-だん】
 メラネシア大使が首領となっている国際ギャング団。核兵器を製造しようと企んでいる。 甘崎
イマヌエル教会
【いまぬえる-きょうかい】
 スーパージャイアンツが身を寄せたキリスト教教会。孤児院も兼ねており、そこには多数のこども達がいた。 甘崎
X14ウラニウム
【えっくす-じゅうよん-うらにうむ】
 高性能原爆の原料となる核物質。 甘崎
エメラルド彗星
【えめらるど-すいせい】
 スーパージャイアンツの故郷。最後までそれがどんなものかは分からなかった。 甘崎
岡本
【おかもと】
 警視庁の刑事。メラネシア共和国大使館に不穏な動きがあるといち早く察知し、捜査を行う。 甘崎
スーパージャイアンツ
【すーぱー-じゃいあんつ】
 宇宙人会議で地球に派遣されたスーパーヒーロー。地球人に姿を変え、地球人に原水爆実験を止めさせるためにやってきた。 甘崎
敏子
【としこ】
 イマヌエル教会で子ども達の面倒を看ている女性。 甘崎
【ひろし】
 イマヌエル教会にいる孤児の一人。メラネシアに拉致された。 甘崎
ボース爆弾
【ぼーす-ばくだん】
 ウラニウムX14から作られた原子力爆弾。 甘崎
メラネシア共和国
【めらねしあ-きょうわ-こく】
 核開発を進めている大国。 甘崎
名称
【】
  甘崎

 

鋼鉄の巨人 怪星人の魔城


<amazon>
<楽天>
1957年
石井輝男(監)
 世界各地に怪円盤が出没しており、時を同じくして原因不明の奇病が起こっていた。その関連性にいち早く気づいた浅山博士だが、謎の異星人によって連れ去れかけてしまう。スーパージャイアンツは浅山博士を助けることができたものの、この事件に気づいた他の人々が次々とさらわれていく。
 
『鋼鉄の巨人』第3作で、第二部の前編となる話。前2作では地球を征服する敵は人類だったが、ここでは異星人となってるためか、とてもストレートな話になってる。
 そもそもスーパージャイアンツ自身が宇宙人会議の全権大使で、統一宇宙政府に地球がふさわしいかどうかを観に来たという設定なのだが、それを快く思わない勢力もある事が暗示されることになった。
 ただ、そう言う設定はともかくとして、ヒーローが普通に地球侵略をしてきた宇宙人と戦うという単純な話になってしまったのが少々残念なところではある。この辺をもうちょっと細かくやってくれたら面白かったとは思うけど、最初から子ども用と割り切ってしまったのかもしれん。
 作品自体はそこそこ面白いが、今の目から見ると、スーパージャイアンツの動きがどうしても鈍重に見えてしまうのが難点か。「月光仮面」なんかの場合月光仮面は軽業師のような動きをするので見た目軽快だが、ここでのスーパージャイアンツが相撲のような動きをするのがもっさりした感じになってしまう。日本製のヒーローとは言え、もうちょっと軽快な動きでいてほしかったところだ。
 あとやはり監督が石井輝男ってこともあるのか、どことなく全般的に怪奇風味というか、江戸川乱歩ものっぽくなってる。それも個性として捉えるべきなのだろう。

鋼鉄の巨人 地球滅亡寸前


<amazon>
<楽天>
1957年
石井輝男(監)
 怪異星人によって浅見博士と深見博士の家族は捕らえられ、研究中の新兵器について白状しろと脅迫を受ける。浅見博士の息子亮はスーパージャイアンツを呼び出す。
 『怪星人の魔城』後編に当たる話。何が起こるか分からない前編に対し、解決編となり、アクション主体になるかと思われたのだが、思ったものとはちょっと違っていた。
 理由は簡単なことで、スーパージャイアンツがあまりに強すぎるという一点に尽きる。何らかの方法でスーパージャイアンツが現れた途端に全部話が終わってしまうのだから、盛り上がらないことおびただしい。特に以降の特撮作品を観ていると、バランスの悪さが目に付く。
 ただ、話の都合上、ヒーローの登場まで徹底的に引っ張るという物語構造は、逆に後の作品には無い新鮮さもある。
 宇宙人が登場するくせに、洋館が舞台になるとか、明らかにやばそうな科学者が出てくるとかの怪奇趣味はやはり著者ならでは。

 

浅山
【あさやま】
 天文学者。複数の宇宙船が地球にやってきていることを観測で知っていたが、世間を騒がす事となるために発表していなかった。何者かによって誘拐されてしまう。 甘崎
浅山美子
【あさやま-よしこ】
 浅山博士の妻。 甘崎
浅山次郎
【あさやま-じろう】
 浅山博士の息子。 甘崎
浅山亮
【あさやま-とおる】
 浅山博士の息子。 甘崎
カピア
【かぴあ】
 地球から見て月の裏側にある衛星。地球攻略に来た宇宙人の前線基地がある。 甘崎
ギーの音
【ぎー-の-おと】
 異星人が発する音波で、これを聞くと人間の精神が極度に緊張する。 甘崎
下村
【しもむら】
 深見博士の助手 甘崎
スーパージャイアンツ
【すーぱー-じゃいあんつ】
 正義のヒーロー。異星人から地球を守り続けている。 甘崎
館野
【たての】
 浅山博士の助手。 甘崎
ディスゲネス
【でぃすげねす】
 ギリシアからやってきた舞踏団。実は怪星人の変装だった。 甘崎
深見
【ふかみ】
 病原菌の解析を行っていた博士。怪星人によって連れ去られてしまう。 甘崎
深見典子
【ふかみ-のりこ】
 深見博士の妻。 甘崎
深見雄一
【ふかみ-ゆういち】
 深見博士の息子。 甘崎
名称
【】
  甘崎

 

スーパージャイアンツ 人工衛星と人類の破滅

<A> <楽>
1957年
石井輝男(監)

 

浅見
【あさみ】
 山中博士の助手。山中と共に連れ去られてしまう。 甘崎
黒い衛星
【くろい-えいせい】
 超国家組織。自己保有の多数の宇宙船を持ち、地球上の核爆弾の多くを手に入れたという、それだけで地球を征服出来そうな組織だが、結局ほとんど何も出来ないままスーパー・ジャイアンツに壊滅させられてしまう。 甘崎
スーパージャイアンツ
【すーぱー-じゃいあんつ】
 地球を常に監視している宇宙人。地上から打ち上げられた人工衛星の正体を探ろうとする。 甘崎
Z2
【ぜっと-つー】
 黒い衛星の宇宙船船長。ちなみに名前があるのはこいつだけ。 甘崎
土橋
【どばし】
 研究所助手。 甘崎
葉山
【はやま】
 天文台職員。 甘崎
深川
【ふかがわ】
 天文台職員。 甘崎
山中
【やまなか】
 宇宙工学の権威。新たな宇宙船を作ろうと日夜活動している。何故か研究室の備品が次々乞われる事態に見舞われる。 甘崎
山中かおる
【やまなか-かおる】
 山中博士の娘。弟の良一と共に捕らえられてしまう。 甘崎
山中良一
【やまなか-りょういち】
 山中博士の息子。姉のかおると共に捕らえられてしまう。 甘崎
名称
【】
  甘崎

 

スーパージャイアンツ 宇宙怪人出現

<A> <楽>
1958年
三輪彰(監)

 

岡本
【おかもと】
 警視庁の刑事。最初に川田と出会った。2回目の登場となる。 甘崎
川田
【かわだ】
 黒川博士の助手。黒川博士が行っている宇宙人研究の危険性を訴え、兵器を奪って逃走するが、その鞄を盗まれてしまう。 甘崎
黒川
【くろかわ】
 博士。宇宙人の肉体を手に入れ、それを兵器として作り替える研究をしていた。裏の顔は暗黒党の党首。 甘崎
桜井
【さくらい】
 宇宙工学博士。博識で、地球人として宇宙人に対抗出来る唯一の人と言われている。 甘崎
桜井京子
【さくらい-きょうこ】
 桜井博士の長女。 甘崎
桜井則子
【さくらい-のりこ】
 桜井博士の次女。何者かによって誘拐されてしまう。 甘崎
桜井文夫
【さくらい-ふみお】
 桜井博士長男。何者かによって誘拐されてしまう。 甘崎
里見
【さとみ】
 法務大臣。 甘崎
スーパージャイアンツ
【すーぱー-じゃいあんつ】
 人類を超える力を持つ宇宙人で、現在地球のために悪と戦っている。 甘崎
世界暗黒党
【せかい-あんこく-とう】
 怪人を用いて世間を騒がす謎の集団。 甘崎
山中
【やまなか】
 総理大臣。 甘崎
名称
【】
  甘崎

 

続スーパージャイアンツ 悪魔の化身

<A> <楽>
1959年
赤坂長義(監)

 

大賀一平
【おおが-いっぺい】
 スーパージャイアンツの仮の姿の人間名。 甘崎
スーパージャイアンツ
【すーぱー-じゃいあんつ】
 いつの間にか大賀一平を名乗り、地球のために戦うスーパーヒーローに成り下がってしまった。 甘崎
万能の玉
【ばんのう-の-たま】
 スーパージャイアンツが孤児達に与えた玉。これに向かって願うとスーパージャイアンツが現れる。 甘崎
魔女
【まじょ】
 大川博士に作られた怪人。見た人間を催眠状態に陥らせる。 甘崎
名称
【】
  甘崎

 

事典目次