MOVIETOP

アンドリュー・バーグマン
Andrew Bergman

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
 ウォーレン・ボーグル(Warren Bogle)とも。
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
著作
ハリウッドに別れを
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996 素顔のままで
1995
1994 あなたに降る夢 監督
リトル・ビッグ・フィールド 製作総指揮
スカウト 脚本
1993 アンダーカバー・ブルース/子連れで銃撃戦!? 製作総指揮
1992 ハネムーン・イン・ベガス 監督・脚本
1991 ホワイトファング 製作総指揮
ソープディッシュ 脚本
1990 ドン・サバティーニ 監督・脚本
1989 ワン・モア・タイム 製作総指揮
1988
1987
1986 ピーター・フォークの ビッグ・トラブル 脚本
1985 フレッチ/殺人方程式 脚本
1984 オー!ゴッド3/悪魔はこわい 脚本
1983
1982
1981 恋のジーンズ大作戦/巨人の女に手を出すな 監督・脚本
1980
1979 あきれたあきれた大作戦 脚本
1978
1977
1976
1975
1974 ブレージングサドル 脚本・原作
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945 2'20 ニューヨークで誕生

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

素顔のままで 1996
1997ゴールデン・ラズベリー最低作品賞、最低主演女優賞(ムーア)、最低監督賞(バーグマン)、最低脚本賞(バーグマン)、最低音楽賞、最低スクリーン・カップル賞(ムーア&レイノルズ)
2000この10年最低作品賞

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 かつてFBIの秘書課で働いていたエリン(ムーア)は娘の親権を取り戻すため、今はストリッパーとして金を稼いでいた。そんなある日、舞台に立つ彼女に触ろうとした男を、別な男が殴るという事件が起きた。その殴った男が彼女のファンの下院議員だったため、やがて事件は思わぬ展開に…
 この作品がどれほど素晴らしいかは、これだけの賞を総ナメにしたという事実が見事に言い表している。
1997年度のラジー賞作品賞、主演女優賞、監督賞、脚本賞、音楽賞、スクリーン・カップル賞…ここまでくるといっそ見事だ。
 ほとんど
金をドブに捨てたような作品で、ストリッパーを演じるために肉体改造に無駄金を遣ったムーアと言い、冗談としか思えないようなストーリーと言い、笑えないジョークと言い、ここまでやってくれると、いっそ立派だ。これ程完璧な駄目作品は滅多に観られない
 とにかくムーアの弾け方は並でなく、最早
ほとんどホラーの世界。色っぽいと言うよりも、拳をちらつかせて強引に「綺麗」と言わせているに等しい。
 更にこの作品ではとても悲しいものを見せられた。かつてあんな格好良かったバート=レイノルズがいつの間にやら馬鹿親父になってしまい、私の持っていた彼のイメージを完全にぶっつぶしてしまった。せめて彼が少しでもまともだったら、笑って済ませてしまえるんだけど…特にあの全身ポマードはなあ。ほとんど馬鹿でしかない。
あなたに降る夢 1994

<amazon>
<楽天>
マイク・ロベル
ゲイリー・アデルソン
クレイグ・ボームガーテン
ジョセフ・ハートウィック(製)
ジェーン・アンダーソン(脚)
ニコラス・ケイジ
ブリジット・フォンダ
ロージー・ペレス
ウェンデル・ピアース
アイザック・ヘイズ
シーモア・カッセル
スタンリー・トゥッチ
レッド・バトンズ
ビクトル・ロハス
リチャード・ジェンキンス
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 ニューヨーク住民に慕われ、日々パトロールにいそしむ警官チャーリー=ラング(ケイジ)。ある日妻ミュリエル(ペレス)に言われて宝くじを買い、その後立ち寄ったコーヒーショップで持ち合わせの無かったチャーリーはウェートレスのイヴォンヌ(フォンダ)に「持っていた宝くじが当たったら、賞金の半分を君にあげる」と約束する。ところがなんと、そのくじが400万ドルという大金に当たってしまう。約束通り半分の200万ドルをイヴォンヌに渡すチャーリーだったが…
 NYを舞台とした人情劇。一応実話を元にしていると宣伝されていたが、実際はラストのテロップのように「元にした」のではなく「ヒントにした」のに過ぎず。それより本作はアメリカ人の好むキャプラ監督作品からの引用が目に付く。チャーリーの生活描写は『我が家の楽園』(1938)から、法廷劇の展開は『オペラハット』(1936)からで、世論の操作に新聞を使うことは『群衆』(1941)、そしてオチは『素晴らしき哉、人生!』(1946)と、
見事に引用だらけ。とは言え、モロパクリというほどではなく、ウェルメイドの作品として手堅くまとめられてるって印象。
 世の中お金じゃないってオチはありがちとは言え、本作の作りの巧さ
(と言うよりイヤらしさ)は、本作をNYにしたって事だろう。本作の主人公はケイジかもしれないけど、実は本作の本当の主役はニューヨーカーだよってメッセージが見え隠れして、それでその良心に訴えかけるって構造は、これがアメリカ人の心をくすぐる…一歩引いて日本人が観ると失笑ものなんだが
 こういう作品だからこそキャラの描写が最も重要になるのだが、これは使い方が上手い。何かとヒーローになりたがるケイジは、そもそも表情が乏しい役が似合うんだから、実際はこういう役こそが一番似合うキャラ。その魅力を存分に活かしてくれた。対するフォンダも、『アサシン』(1993)
女ターミネーターぶりはどこへやら、本来の芸達者ぶりを見せてる(昔からこの人には期待してたからねえ)。一方実に分かりやすい悪役をペレスも嬉々として演じてるのも良い。ほんと楽しそう。
 キャラクタ観るだけで楽しいから、全世代の人にお薦め出来る作品。
ハネムーン・イン・ベガス 1992
1992ゴールデン・グローブ作品賞、男優賞(ケイジ)

<amazon>
<楽天>
マイク・ロベル
ニール・A・マクリス(製)
アンドリュー・バーグマン(脚)
ジェームズ・カーン
ニコラス・ケイジ
サラ・ジェシカ・パーカー
ノリユキ・パット・モリタ
ジョン・ウィリアムズ
アン・バンクロフト
ピーター・ボイル
シーモア・カッセル
キーオニー・ヤング
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
ドン・サバティーニ 1990
<A> <楽>
マイク・ロベル(製)
アンドリュー・バーグマン(脚)
マーロン・ブランド
マシュー・ブロデリック
ブルーノ・カービイ
ペネロープ・アン・ミラー
フランク・ホエーリー
B・D・ウォン
リチャード・ガント
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 田舎からNYの映画学校に入学するために上京したクラーク=ケロッグ(ブロデリック)は、駅を降りた途端、近づいてきた男ビクター=レイ(カービイ)に欺され、荷物と全財産を奪われてしまった。その後、やっとの思いで探し当てたビクターはクラークにアルバイトを紹介するのだが、なんとそれはマフィアのドン、カーマイン=サバティーニ(ブランド)の所で絶滅寸前の動物を世話するというもの。しかも無事仕事を完了したクラークはサバティーニに見込まれてしまい、一人娘のティナ(アン・ミラー)と結婚してくれとまで言われてしまう。
 かつて『ゴッド・ファーザー』(1972)で魅力たっぷりなマフィアのドン、ヴィトーを演じたブランドが、まるでセルフパロディのような役を演じる作品。しかし、
プライドの高いブランドがよくこんなの引き受けたもんだ
 確かに『ゴッド・ファーザー』を知っていればセルフパロディとして温かい目で見られる部分はあるんだけど、映画単体としては出来が悪い。結局主人公のブロデリック演じるクラークは翻弄される一方で終わってしまう。ラストまで観ると分かるが、結局彼は最後までだしに使われただけ。最後のオチもあれだけの美食家を集めておいて、あんな単純にだませるとした時点で駄目。ブランド演じるサバティーニ自身が殆ど動かない…
悪いところだらけ
 ブランドが久々のマフィアの貫禄見せた所だけが評価できるか…
それ以上何も求めてはいけない

ページトップへ