MOVIETOP

バート・レイノルズ
Burt Reynolds

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
評論
バート・レイノルズ―愛すべきタフガイ野郎(書籍)

_(書籍)
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982 シャーキーズ・マシーン 監督・製作・出演
1981
1980
1979
1978
1977
1976 ゲイター 監督・出演
ニッケルオデオン 出演
1975 ラッキー・レディ 出演
ハッスル 出演
1974 ロンゲスト・ヤード 出演
デキシー・ダンスキングス 出演
1973 白熱 出演
キャット・ダンシング 出演
1972 複数犯罪 出演
脱出 出演
シェイマス 出演
ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう 出演
1971
1970 類人猿捜索隊 出演
走れサイモン 出演
バート・レイノルズの 復讐 出演
警部ダン・オーガスト<TV> 出演
1969 ザ・シャーク 出演
賭けの報酬 出演
黄金の銃弾 出演
1968 100挺のライフル 出演
夏の日にさよなら 出演
1967
1966 さすらいのガンマン 出演
1965 虐殺部隊 出演
1964
1963
1962
1961 奇蹟の天使 出演
機甲兵団 出演
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936 2'11 ミシガン州ランシングで誕生

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

シャーキーズ・マシーン 1982

<amazon>
<楽天>
バート・レイノルズ
ハンク・ムーンジーン(製)
ジェラルド・ディペゴ(脚)
バート・レイノルズ
レイチェル・ウォード
ヴィットリオ・ガスマン
ブライアン・キース
アール・ホリマン
バーニー・ケイシー
チャールズ・ダーニング
リチャード・リバティーニ
ヘンリー・シルヴァ
ジョン・フィードラー
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
原作:ウィリアム・ディール
 その行状の悪さから麻薬課から風俗課に転属された敏腕刑事シャーキー(レイノルズ)は、高級娼婦ドミノ(ウォード)の張り込みを命じられる。嫌々ながらその監視を続けていたシャーキーだが、不審な行動を取る彼女には何らかの裏があることを感じ取る。
 当時イーストウッドと双璧をなすと言われたレイノルズが、あたかもそのイーストウッドに対抗するかのように作り上げた刑事物。警察の中でははみ出しものではあるが、一本筋が通った思いを持った刑事が、周囲の無理解に悩みつつ自らの思いを遂げていくという作りと言い、イカれた犯人と言い、BGMにジャズをメインとしていることと言い、観ていると本当に『ダーティハリー』(1971)を意識したかのような作りになってる
(政治家が絡むことから、どっちかと言えば『ダーティハリー2』(1973)か、それに続くシリーズっぽくもあるが)
 メインにラブストーリーを持ってきたことがイーストウッドとの違いかな?レイノルズは自堕落だけど女にだけはもてるって役が多いため、それに準じたってことだろうけど、それを自分でやってしまうって所がナルシストっぽくてなかなかよろしい。
 出来は決して悪くは無く、主人公シャーキーのワンマン映画ではなく、シャーキーと同じようにだらしがないが、自分なりに正義感を発見していく同僚達の描写もなかなかしっかりしていて結構見応えはある。
 レイノルズの男臭さはいつも通りだが、この作品ではレイチェル・ウォードの存在感が良い。この手の作品ではどうしても「誰でも良い」ようにされる女性描写が意外な丁寧さで描写されるし、それに応えて存在感たっぷりに演じていた。
 ただ、物語がちょっと平板であったことと、途中のダレ場で飽きさせてしまうところが問題か。もうちょっとで佳作たり得たが半歩足りなかったって感じだろうか?
ゲイター 1976

<amazon>
<楽天>
ジュールス・V・レヴィ
アーサー・ガードナー(製)
ウィリアム・ノートン(脚)
バート・レイノルズ
ローレン・ハットン
ジャック・ウェストン
ジェリー・リード
アリス・ゴーストリー
マイク・ダグラス
ダブ・テイラー
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ

ページトップへ