MOVIETOP

サシュカ・ウンゼルト
Saschka Unseld

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
2013 ブルー・アンブレラ 監督
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

ブルー・アンブレラ 2013

<amazon>
<楽天>
  
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 50年代のニューヨーク。雨となって町行く人々は傘を差し始めた。そんな町の人々を、街の様々なもの、窓や信号機や排水溝などが雨音のハーモニーを口ずさみつつ眺めている。そんな中、青い傘が隣にあった赤い傘を発見する。お近づきになりたい青い傘だが、その持ち主は地下鉄に乗ろうと地下へと下っていく。別れ別れになる二つの傘だが…
 ピクサー製アニメであれば大抵長編映画と共に公開する短編映画。本作は『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013)に合わせて公開された作品。
 ディズニーとしての前作『シュガー・ラッシュ』(2012)の際の短編『紙ひこうき』(2012)も50年代のアメリカだったが、本作もそれと同じ年代をベースにして、やっぱり意志を持った無機物を中心としている。色々な意味で似た部分があるが、本作の場合、人間は完全に邪魔。足とせいぜい手以外は出てこず、完全に無機物が主人公の話になってるのが特徴。
 それでアイディアは結構良い線いってると思う。CGも良い具合に劣化した金属の表現が上手く、演出的にも中々。ただ演出に力が入りすぎていて、肝心な物語が単純すぎるのがちょっとした不満点。短編として考えるならこれで充分か?

ページトップへ