MOVIETOP

相野田悟

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 合計点 平均点
書籍
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960 海底の挑戦者 監督
1959 海のGメン 暁の急襲隊 監督
月光仮面 怪獣コング 監督
七色仮面
<A> <楽> 監督
1958 森と湖のまつり 助監督
1957 純愛物語 助監督
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

月光仮面 怪獣コング 1959

<amazon>
<楽天>
織田清司(脚)
大村文武
山本麟一
柳谷寛
若水ヤエ子
松本克平
白河通子
増田順司
加藤嘉
ヨセフ・オットマン
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
シリーズ第4作
特撮事典
 台風の直撃を受けた東京で、何者かによって8人の死刑囚が脱獄させられた。その後高名な科学者が次々と誘拐される事件が起こる。事件の調査依頼を受けた祝十郎は松田警部と共に現場へと向かうのだが、そこには祝宛てに事件に関わるなと張り紙がされており、更に猿のような姿をした怪獣が現れる…
 テレビで大人気の
「月光仮面」の劇場用第4作。これまでの1、2作がTV版第一部、3作が第二部を映画にしたもので、本作はTV版第三部「月光仮面 マンモス・コング」をベースにした物語になっている。ただし、これまでの3作が基本的にはテレビ版を踏襲したものだったが、これテレビ版とは大きく路線変更がされている。
 何が違うかと言うと、テレビ版は巨大な怪獣が現れ、その怪獣と戦う事が作品の大きな見せ場だった。実際これによって初めてテレビでミニチュアを使った特撮が使用された。一方、映画版では怪獣は出るものの、それは人間が薬によって変身したもので等身大。そのためあくまで月光仮面の戦いは人間に向かっているものとなっている。
 特撮に力を入れたテレビ版と、サスペンスとして仕上げた映画版と言う事で一応棲み分けは出来ているが、テレビ初の巨大怪獣の登場というインパクトが、劇場では無くなっているのがちょっと寂しい。
 物語としてどうか?と言われると、ほぼ同時期に公開されていた『電送人間』(1960)あたりと内容的にはかなりかぶり、やや特徴が薄れたかな?コングの正体についても謎というほどの演出はなかったし、ストーリー的にもう少し捻って欲しかったところ。
 テレビ版と較べ、その個性が薄いキャラ描写も、ますます薄くなってきた感じがするし。

ページトップへ