MOVIETOP

島津昇一

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 合計点 平均点
書籍
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959 月光仮面 悪魔の最後 監督
月光仮面 幽霊党の逆襲 監督
1958
1957 どたんば 助監督
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

月光仮面 悪魔の最後 1959

<amazon>
<楽天>
織田清司(脚)
大村文武
柳谷寛
若水ヤエ子
清水一郎
成瀬昌彦
岡譲司
ハロルド・S・コンウェイ
梅宮辰夫
住田知仁
山東昭子
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
月光仮面 幽霊党の逆襲 1959

<amazon>
<楽天>
織田清司(脚)
大村文武
柳谷寛
若水ヤエ子
佐々木孝丸
岡譲司
住田知仁
山東昭子
藤里まゆみ
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
シリーズ第5作
 ある雨の夜、東都大学の鈴木博士が殺害され、助手の藤田が姿を消した。その後精神錯乱状態で戻ってきた藤田を看た心霊学者の鷹の羽道寛は、彼が催眠術にかかっていることを見抜く。道寛によれば、これほどの催眠術を使えるのは戦時中満州で行方不明になった竹林賢法だけだと言う。そして“幽霊党”を名乗る賊は、山師の大岡鉄造を狙い、それを阻止すべく働く祝十郎。そして月光仮面…
 テレビシリーズ「月光仮面」の第四部「月光仮面 幽霊党の逆襲篇」と同じ脚本による映画化作。テレビ版はかなり複雑な物語で、催眠術や幽霊と言った非常にオカルティックな題材を使い、重複した謎が展開するため、演出的にも設定的にもかなり見応えがあった。幽霊の演出の合成などもチープながら、テレビ特撮の進歩も感じさせるような内容だった(原爆の問題なんかも出てきたりして、科学とオカルトを対比するような内容もあった)。完成度はともかくとして、評価できるところは数多い。
 それに対して映画版の方はストーリーラインは同じではあるが、少々単純化させ、犯人も変わっている。具体的には最初から胡散臭い存在として出てきた心霊学者が、結局ずっと味方でいたところが意外だったが、その辺映画版では調整されていて、胡散臭い学者が実は最後に糸を引いていたというオチへと持って行っていた。その部分だけは物語がすっきりしたのだが、他がいかん。テレビ版で幽霊党が探していた放射性物質が、ここでは単純に“莫大な宝”にされてしまい、テレビ版で持っていた社会問題は消え去って単純な謎解きになってしまった。折角のテレビ版の評価できる部分を全部無くしてしまったのがもったいない。

ページトップへ