特撮館Top

事典目次

衝撃ゴウライガン!!

衝撃ゴウライガン!!事典
<amazon> <楽天>

 2013'10'4〜12'27

主な登場人物
ゴウ (役)加藤貴宏。特撮では「ウルトラマンギンガ」の松本ゴウキ役。
 光人の武人。陰人の護送任務に当たっていたが、陰人ジンの策略で地球上空で罪人を逃がしてしまう。更に100日後に1000人の陰人が地球を襲うことを知らされ、その対抗策として脱走した陰人を強引にまとめ上げる。猪突猛進で性格もまっすぐ。戦隊におけるレッド的立場。
ライ
話数 タイトル コメント DVD
第1話 大胆不敵

  脚本:井上敏樹
  監督:雨宮慶太
 海辺にある田舎町に住む界ヒトミはいつも不思議なものが“見えて”しまい、周囲から浮いてしまっていた。そんな彼女の前に突然現れた謎の甲冑姿の男。
 いきなり地球に落ちてきた主人公ゴウがヒトミと出会う話。
 ゴウは罪人を護送中の武人という設定で、怪物と戦っていたら地上に落ちてしまったのだとか。なんだその「ウルトラマン」的設定は?若しくは「ビーストウォーズ」。
 今回はゴウのライバルのジンが人
 女性のセミヌードシーンもいくつか挿入されており、アダルティな雰囲気もあるが、全員しゃべり方が硬いため、嫌らしさよりも痛々しさの目立つ物語でもある。
<着ぐるみである以上仕方ないのだが、口があるのに開く事はない。ゴウが饒舌なだけに違和感あり。
 突然現れた真界王はゴウに「お前の力で倒せるのはせいぜい五分の一だ」とか言ってるけど、すごく説明的な台詞だな。>
DVD1
<A> <楽>
Blu-ray
<A> <楽>
第2話 酒池肉林

  脚本:井上敏樹
  監督:阿部満良
 100日後に1000人の陰人が地球を襲うことを知らされたゴウは人間の姿を取り、仲間を探しに出かけた。彷徨うゴウは界ヒトミと出会ってしまう。丁度そこには罪人であるライがナンパに勤しんでいた…
 敵はライ。元光人だが、快楽に溺れて陰人に墜ちてしまったという設定の陰人。酒池肉林を楽しんでいたところをゴウに発見され、戦いの快楽を呼び覚まされ、ゴウと決戦の後に敗北して舎弟になる。
 人間となったゴウが初めての仲間を得る話。初めて地球に来たゴウが食事に感動するというのは基本的描写。一方、ライの望むのは酒池肉林だそうで、こちらもアダルティな話が展開し、そんななかに放り込まれてしまった主人公のヒトミが戸惑うという所もあり。強引に巻き込んでるが、この辺の無茶が井上脚本の特徴でもある。
 一方、この世の全てを持った男若林に成り代わったジンも又、この世界を探り始めている。現時点では主に快楽の方向からだが。
第3話 狂喜乱舞

  脚本:井上敏樹
  監督:江良 圭
 祖母の店に「バイト」と称して居座ってしまったゴウとライだが、二人はこの世界に散った陰人を仲間にしようと夜な夜な町に繰り出していた。そんな中、突然町に現れた天才ゲーマーのゲキ。
 敵はゲキ。人間態は天才ゲーマー。光人としての姿は流線型を多用したメカニックな姿となる。自分の強さを誇示するため兆真界の全機械を暴走させたため追放され陰人に墜とされた。ゴウとの勝負に負けて舎弟となる。
 三人目の仲間であるゲキの登場回。人間態は天才ゲーマーで、たまたまおばあちゃんの店にやってきたところを発見される。そこで勝負となるが、その勝負は何故かダンスバトル。幻術を使うゲキに対し、心眼を使うことでそれを無効化するゴウ。最初から勝負の結果は見えていたわけだ。結果バイトという名の居候が増えたが、今度は初めて店番として使えるキャラになった。
 ヒトミが光人の本当の姿が見えるという事実がゴウたちに知られたが、別段誰もそれを気にもしてないらしい。
<若林の秘書は前回から淫乱キャラとして出ていたが、人の死を見て快楽を得るという変態性がますます上がっている。なんでこんなキャラ作った?>
第4話 才色兼備

  脚本:井上敏樹
  監督:金田 龍
 なんとなく三人で住み込みのバイトを始めたゴウ、ライ、ゲキの三人。更にもう一人陰人がいることを知ったゴウは、それを仲間に加えようとするのだが…
 敵はショウ。女性型の光人で、自らの美貌を誇るあまり、自分より美しい存在を蝶に変えてしまったために陰人に墜とされた。華麗に舞うように戦うが、自らの放った矢に射貫かれそうになった際、身を挺してかばってくれたゴウに惚れ込んでしまう。
 これまで同様この世界では思いっきり浮きまくってる陰人だが、今回は自分の美貌にこだわるあまり、そこら中に迷惑をかけるキャラとなっている。この手のキャラ、井上敏樹の最も得意とするキャラクターだな。ゴウたちは普通の日常生活を送ってるだけだが、たまたま店にショウがやってきたという話になる。
 カオルがショウに励まされるシーンまであり。
 ところでアイドル役で「GARO」美月カオル役の肘井美佳が登場。16歳アイドル役という設定だが、流石にちょっとなんというか…本人がノッてるからそれでいいか。
<蝶に変えられた人間を演出するのに、黒子が棒を持って蝶を羽ばたかせている。CGを使わないこだわりは素晴らしいが、ギャグとしてはうざい。
 アイドル姿のショウがヒトミを攻撃する際、筆を使おうとするシーンあり。それもなんかうざいって。>
第5話 絶対正義

  脚本:井上敏樹
  監督:雨宮慶太
 仲間も三人でき、なんとなく馴染んで店番してるゴウたち。そんな時、友達から婚約者を紹介されたヒトミだが、その男はマギーであることが分かってしまい…
 敵はガン。五人目の仲間となる陰人。マギーを絶対悪と見なし、ただマギーを駆逐することだけを考えてる光人で、その独善的な行いにより陰人に墜とされた。
 五人目の戦士が登場。井上脚本には定番の独善的で、絶対正義キャラが登場。無茶苦茶さがなんとも良い具合のキャラとなった。
<ゴウに夜這いをかけるショウの姿があるが、全員雑魚寝状態でよくやるよ。つーか、なんでショウ一緒に同じ部屋にいるの?
 小学生の格好をしてるおっさん達が登場。誰も年齢を隠そうとしてないんだが、逆にそれが良い。>
DVD2
<A> <楽>
Blu-ray
BD BD
第6話 花鳥風月

  脚本:井上敏樹
  監督:阿部満良
 五人の光人が集まり、千人兵を迎え撃つ準備は揃った。だが千人兵が訪れるまで90日あまり。その間何をすべきか考えあぐねていた。とりあえず野良のマギー討伐を始めた五人。
 敵は偽ゴウライガン。
 最初の目的である五人の仲間が揃ったものの、とりあえず何をすべきか分かってない状況。今回はまず日本の心を知るために全員で寿司を食いに行く話だった。
 寿司とは日本の心。それは花鳥風月ということで、花と鳥と扇風機と頭にシャリを付けて寿司と言い張るとか、ネタや自分たちがくるくる回ってたりと、訳の分からないことをしてる。
 そして後半。五人の光人が集まると発動するという“大いなる力”を使おうとするのだが、ゴウの中に陰りがあったためにそれが発動できなかった。実は好きな女がいて、光人の魂を彼女に渡してしまったため、完全な光人の力が使えないのだとか。
 更にその好きな女性とは、この事態を引き起こしたジンの想い人でもあることが発覚。
 それでグダグダしてるうちにおばあちゃんから寿司をおごってもらってみんなで寿司食って終わり。いかにも井上脚本らしいが、ほとんど物語が進んでない。
<偽物はショウに対してセクハラまがいの攻撃をしてる。いかにも大人向きの作品だが、効果的な攻撃方法には違いない。>
第7話 笑止千万

  脚本:井上敏樹
  監督:江良 圭
 商店街の福引きで温泉旅行を引き当てたゴウたちはみんなで鄙びた旅館にやってくる。そこで彼らが見たものは…
 敵は温泉の獅子のオブジェに擬態していたマギー。激しい水流を吐いて攻撃する。
 今回もやることがないらしく、温泉旅行に行っている。アニメだとサービス回ってことになるだろうが、番組の都合上、男が多いため、あんまり嬉しくない。混浴シーンも、基本的に光人状態だし、女の子は水着なのでたいしたサービスって訳では無い。壇蜜のかけ湯シーンはそれだけで十分なサービスになってるか。
 ただ、何故かその温泉で宿敵ジンと邂逅してしまう。そこでゴウの恋人リンが実はジンの恋人になっていたとか。なんだそのグチャグチャな設定?
 着ぐるみ状態で温泉に入ってるけど、大丈夫だろうか?
<温泉旅館には「衝撃ゴウライガン!!撮影隊様」という文字があった。普通に撮影に使ってた場所か?
 ショウの提案でフィーリングカップルごっこをする…えっと、どこから突っ込めば良いのかな?
 タオル姿で喧嘩を始める男性陣。ビジュアル的になあ…
 前々回でマギーにも良いのと悪いのがいるのが分かったが、今回問答無用でマギーを叩き斬ってる。
 最後の宴会シーンではゴウライガンの面々の人間態と光人体が一緒に出てて本人同士で酒酌み交わしてるけど、これはどういう意味が?>
第8話 奇奇怪怪

  脚本:井上敏樹
  監督:江良 圭
 町内会からご当地ヒーローになってくれと頼まれたゴウたちは、猫またぎお助け隊ピッカマンとして活躍することに。最初の任務はこの町で続発する行方不明者を探すこと。目撃証言に寄れば、次々に海から現れた死体のような怪物に連れ去られたというのだが…
 敵はホラーマギー。梅干しを食べている人を次々とさらって食ってしまうマギーで、うなぎの蒲焼きを焼く匂いで腹を下して喰った人を全部吐き出してしまう。
 ご当地ヒーローとなったゴウライガンの面々の活躍。なんでご当地ヒーローが行方不明者を探したり、怪物と戦ったりするのかは分からんが、そう言うもんだろうと思う事だな。
 今回人々をさらっているのは『呪怨』の伽耶子か『リング』の貞子かと言った風情。画面自体がホラー調で展開し、ゴウライガンの面々までも次々に行方不明になる。その推理になるが、それがとてもコミカル調で、不思議な演出になってる。
 これまでに無い斬新な変身シーンが出てくる。人間態がバトンを持って走り、変身態にバトンを手渡すことで変身が完了する。海辺でやると「捕まえてごら〜ん」だが、まあそれを意識したのだろう。
 一応今回ゴウライガン全員での変身シーンがあるのだが(人間態は擬態に過ぎないため、ポーズを取る必要は一切無い。画面上でツッコミちゃんと入ってる)、基本的にごっこで遊んでるとしか見えない。事実遊んでるんだろうけど。
<ピッカマンの命名はヒトミによる。なんでも光人だからピカーでだとか。あれ?確かピカっと光るからヒカリと名付けられたヒーローが過去にあったような?
 ホラーマギーはヒトミだけを食わずに十字架に付けてゴウを脅迫するのだが、ホラーマギーが登場する以前から十字架に付けられていた。つまり、ゴウはずっとヒトミと一緒だったと言う事。
 今回の名乗りポーズはなかなか映えるが、ポーズそのものは「大戦隊ゴーグルV」と「科学戦隊ダイナマン」「高速戦隊カーレンジャー」のポーズを合わせたものである。ようやるわ。造形上派手な動きが出来ないため、ポーズは限られてるけど。戦闘員相手に長々と戦いを披露するのも丁度その頃の戦隊の特徴だ。でも何故か井上脚本代表作「鳥人戦隊ジェットマン」は入ってないぞ。>
DVD3
<A> <楽>
Blu-ray
BD BD
第9話 輪廻転生

  脚本:井上敏樹
  監督:金田 龍
 ある夜、ヒトミは幽霊を目撃する。だがなんとその姿はゴウの元恋人リンだったという。リンの姿を探し求めるゴウだが…
 敵はジン。一応殴り合いはしてるけど、ゴウの方が適当にあしらわれ、二人で公園の遊具で遊びながら口喧嘩してた。
 ゴウ達が日本の風情を堪能しまくる間、ジンはレジャー企業を次々に潰している。どうやら地球を汚すものとして地球を綺麗に保とうとしてるっぽい。ヒーローと悪人に随分差があるが、これは実は悪人が具体的な行動を取らない限りヒーローは動くことが出来ないと言う特撮の根本的な問題をはらんでる(今回のゴウとジンの対決は口げんか)。
 兆真界でのゴウとジンとリンの描写あり。ゴウとジンに対する態度がえらく違うんだが、描写的には悪女だよな。
 そして衝撃的な事実。ジンに言わせると消えたはずのリンはこの地上にいるという。そして実は、ヒトミのおばあちゃんこそが…
<ジンが蘊蓄を喋りまくるシーンはまんま「超光戦士シャンゼリオン」の黒岩だった。脚本家が同じだから、同じようになるか。
 流しそうめんを楽しむゴウライガンたち。でもこれは流しそうめんにあらず。そうめん流しというものだ。
 おばあちゃん曰く、「あの男は左利きだよ」…このネタ分かるのは一定の年齢以上の人たち。深夜枠とは言え、かなりニッチなネタやる。>
第10話 言語道断

  脚本:井上敏樹
  監督:阿部満良
 なんとおばあちゃんこそがゴウとジンの想い人リンだったことが分かり、ショックを受けるヒトミ。一方、リンから光玉を取り戻すよう真界王に命じられたゴウは、記憶を失ってしまったリンを探し求めるが…
 基本的には相変わらずゆるゆるな日常が続いているが、前回ラストでおばあちゃんがリンだったという急展開。突然大先輩の光人が現れたり、リンがおばあちゃんの姿になった理由とかもあった。ゴウが失った光玉の代わりとなるものとしてハクからパワーストーンを与えられるのだが、肝心のリンは過去ゴウにもらった光玉をなくしてしまっていたという。
 本当の姿を取り戻したリンだが、既に身体は病に冒されており、その病を癒やすか、それとも地球を見捨てるかという選択を強いられることになる。結果として、ハクからもらったパワーストーンをリンの病を癒やすことに使ってしまい、ゴウは光人としての力を失ったままとなってしまった。
 そしてそのままリンは姿を消す。
<今回登場したハクはやっぱり助平ジジイだった。どうせこんな事だろうとは思ったが、モロ描写が亀仙人なんだが。
 おばあちゃんは10年ほど前にリンを家に住まわせていたそうだ。その当時ヒトミはどこにいたんだろうか?そんな人が近くにいたら合ってたはずと思うんだけど。>
第11話 自業自得

  脚本:井上敏樹
  監督:雨宮慶太
 なし崩し的に同棲生活を始めてしまったゴウとリン。お邪魔虫のように感じてしまったヒトミ。そんな中、千人兵の先遣隊が地球に近づいていた。他のメンバーが協力を拒む中、一人で立ち向かおうとするゴウだが…
 敵は騎馬陰人。千人兵の先遣隊で一人で馬のような乗り物に乗ってきた。
 千人兵の先遣隊(と言っても一人)との戦いとなる。ゴウ一人では倒せないため、光人全員の協力が必要だが、リンの命を救うために貴重なパワーストーンを使ってしまったことから、ゴウは信用されなくなってしまっていた。そんなゴウの下に全員が帰ってきて一緒に戦うまで。
 しかし一人を倒すのに五人の力が必要なんだが、残り999人とはどう戦うんだ?
<「あいつら光人としての自覚が足りない」「俺の苦労も知らないで」とか愚痴を言うゴウだけど、全部「お前が言うな」で終わってしまう。
 巨大な騎馬陰人だが、サイズ的に戦いの中で大きさが変わってるような?
 正義の力を貸してくれと土下座するゴウに対し「お前に貸す正義の力は無い」と答えるガン。正義の力ってそういう貸し借りの問題なのか?
 ゲキによって殴られたゴウ。右手で殴ってるのに左側にふっとばされていた。
 山下はホームレスと言っていたが、家があるらしい。宴会していた。>
第12話 波乱万丈

  脚本:井上敏樹
  監督:金田 龍
 リンからゴウに渡された手紙。そこにはゴウの元を去り、ジンの元へ行くと記されていた。ショックを受け、何も出来なくなってしまったゴウ。
 敵はジン。ほぼ同じ力を持つゴウとの一騎打ちとなり、ゴウが必殺技を放ったところ、リンが盾になり、リンが死んでしまった。
 リンを巡り、ゴウとジンの三角関係が展開。他の光人たちはそれをなんか見学して楽しんでる。もはや地球の危機なんてどうでも良いらしいが、それが本作っぽい。一応ヒトミもそこに入っているので、四角関係?
 リンはゴウの光玉を無くしたと言っていたが、実はジンに渡していたという事実が発覚。あと、千人兵を地球に呼び寄せたのはジンの単独犯ではなく、誰かの指令だったことも。
 今回の白眉はむしろ壇蜜演じるルリカだろう。嫉妬に狂ってジンに迫る姿は色っぽさ通り過ぎて狂気そのもの。いいねえ。
<三角関係を描写するのに、畳に座って全員カメラを向いて喋ってる。小津っぽい演出もいきすぎ。しゃべり方まで笠智衆っぽくしてるけど、嫌味っぽいぞ。>
第13話 空前絶後

  脚本:井上敏樹
  監督:雨宮慶太
 自分の手でリンを殺してしまい絶望するゴウ。そんな中、まさに今日千人兵がやってくる。そんな中、光人の王である真界王が地球にやってくるのだが…
 最終回。絶望的な戦いを前に、落ち込むゴウが立ち直り、戦うという展開。
 まさに千人兵がやってくるという当日に真界王がやってきて、実は千人兵を呼び寄せたのは真界王で、ジンはその命令を聞いていたという。衝撃の展開…というよりは、やっぱりって感じの展開だった。元々からして真界王が胡散臭すぎたし。
 リンが何故地球にやってきたのか。それは三角関係に疲れたと言う事もあるが、何よりリンはゴウとジンの友情を大切に思っており、その友情が崩れることを危惧したからだという。
 そして最後の戦い。ジンはリンから預かっていた光玉に自分の命を加えてゴウに手渡す。これによって完全に力を取り戻し、ゴウライガン全員で大いなる力を発揮した。それは亀甲船ブンバの変形による巨大ロボへの搭乗。船体モティーフでこれまで足りてなかった巨大ロボ成分を見事に補完した。
 更にそこに人の言霊で「衝撃ゴウライガン!!」を叫んだことで、真なる大いなる力を発動。それがどれだけ強いかというと、一撃で超真界王を吹き飛ばすほど。これまでの展開ってなんなの?というくらい都合良すぎる。これだけの力が使えたなら、普段だらけてても構わないか。
 真界王役はテリー伊藤だった。第1話に登場した時点での声で分かったけど。
<何よりゴウとジンの友情を見ているのが好きだったというリン。なんだその腐女子的発言?
 「一番偉い役だっていうから引き受けたのに、話が全然違うじゃないか」という真界王。何故か画面のこちら向かって叫んでるが、それってメタ描写?>
第14話
第15話
第16話
第17話
第18話
第19話
第20話
第21話
第22話
第23話
第24話
第25話
第26話
第27話
第28話
第29話
第30話
第31話
第32話
第33話
第34話
第35話
第36話
第37話
第38話
第39話
第40話
第41話
第42話
第43話
第44話
第45話
第46話
第47話
第48話
第49話
第50話
第51話
第52話