MOVIETOP

ロベルト・シュヴェンケ
Robert Schwentke

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)
2018
2017
2016
2015 ダイバージェントNEO 監督
2014
2013 ゴースト・エージェント/R.I.P.D. 監督
2012
2011
2010 RED レッド 監督
2009 きみがぼくを見つけた日 監督
2008
2007
2006
2005 フライトプラン 監督
2004
2003
2002
2001 タトゥー 監督・脚本
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968 シュトゥットガルトで誕生

ページトップへ

タイトル
<A> <楽>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

ダイバージェントNEO 2015
2015MTVムービー・アワードヒーロー賞(ウッドリー)
<A> <楽>
ダグラス・ウィック
ルーシー・フィッシャー
プーヤ・シャーバジアン
トッド・リーバーマン
デヴィッド・ホバーマン
バリー・ウォルドマン
ニール・バーガー(製)
ブライアン・ダッフィールド
アキヴァ・ゴールズマン
マーク・ボンバック(脚)
シェイリーン・ウッドリー
テオ・ジェームズ
オクタヴィア・スペンサ
ジェイ・コートニー
レイ・スティーヴンソン
ゾーイ・クラヴィッツ
マイルズ・テラー
アンセル・エルゴート
スーキー・ウォーター
マギー・Q
メキー・ファイファー
ダニエル・デイ・キム
エムジェイ・アンソニー
キーナン・ロンズデール
アシュレイ・ジャッド
ナオミ・ワッツ
ケイト・ウィンスレット
トニー・ゴールドウィン
ジョニー・ウェストン
ジャネット・マクティア
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
ダイバージェント2 叛乱者(書籍)ベロニカ・ロス
RED レッド 2010
2010ゴールデン・グローブ作品賞
2010放送映画批評家協会アクション映画賞
2011サターンアクション/アドベンチャー作品賞、助演男優賞(マルコヴィッチ)、助演女優賞(ミレン)
2011コメディ・アウォーズ女優賞(ミレン)

<amazon>
<楽天>
ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ
マーク・ヴァーラディアン
グレゴリー・ノヴェック
ジェイク・マイヤーズ(製)
ジョン・ホーバー
エリック・ホーバー(脚)
ブルース・ウィリス
モーガン・フリーマン
ジョン・マルコヴィッチ
ヘレン・ミレン
カール・アーバン
メアリー=ルイーズ・パーカー
ブライアン・コックス
ジュリアン・マクマホン
リチャード・ドレイファス
レベッカ・ピジョン
クリス・オーウェンズ
アーネスト・ボーグナイン
ジェームズ・レマー
ドミトリー・チェポヴェツキー
マシュー・オルヴァー
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
原作:ウォーレン・エリス、カリー・ハムナー
 元CIAの凄腕エージェントで、今は田舎で一人暮らしをしているフランク(ウィリス)はある日武装集団に襲撃されてしまう。その手口からCIAによるものだと推測したフランクは自分の関係者に累が及ぶことを恐れ、一番近しい年金局職員のサラ(パーカー)にだけ事情を話し、彼女を守りつつ、原因究明に乗り出す。
 往年のアクションスター俳優勢揃いとなった『エクスペンダブルズ』(2010)と同年、やはりスター総出演作品が登場した。登場するのも主演にブルース・ウィリス
(尚、『エクスペンダブルズ』にも出演している)、モーガン・フリーマン、ジョン・マルコビッチ、ヘレン・ミレン、リチャード・ドレイファス、アーネスト・ボーグナインと、やや渋めの大俳優ばかり。企画そのものはほぼ同時らしく、別段『エクスペンダブルズ』に対抗した訳ではないらしく、そちらより早く公開できていたら、もっと評価されても良い作品だった。
 Retired Extremely Dangerous“引退した危険人物”と題された本作は、隠退した凄腕エージェントが、過去のしがらみによって命を狙われてしまい、それを人脈と自らの腕前で逆転するという、非常にオーソドックスでセガール主演映画でありがちな物語ではあるが、俳優の豪華さと、よく練られた演出の良さでアクション映画としては水準以上の楽しさは感じられる。
 ただ、投入された時期が悪く、どうしても『エクスペンダブルズ』と比較されてしまうのは残念だな。あちらほどぶっ飛んだ内容じゃなくておとなしめだし、オーソドックスな分、個性があまり感じられないから。あと、出演するのは渋すぎるキャラばかりなので、華があるようで、それが感じられないという根本的問題もあり。
 演出も演技も良いので、流して観る分には上質なアクション作品。
フライトプラン 2005

<amazon>
<楽天>
ブライアン・グレイザー
ロバート・ディノッツィ
チャールズ・J・D・シュリッセル(製)
ピーター・A・ダウリング
ビリー・レイ(脚)
ジョディ・フォスター
ピーター・サースガード
ショーン・ビーン
マーリーン・ローストン
エリカ・クリステンセン
ケイト・ビーハン
グレタ・スカッキ
マイケル・アービー
クリスチャン・ベルケル
カーク・B・R・ウォーラー
ブレント・セクストン
マシュー・ボーマー
アサフ・コーエン
ジュディス・スコット
ジョン・ベンジャミン・ヒッキー
クリストファー・ガーティン
ステファニー・ファラシー
アマンダ・ブルックス
シェーン・エデルマン
ベス・ウォール
ヤナ・ケレサロヴァ
クーパー・ソーントン
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 ドイツ在住の航空機設計士のカイル(フォスター)は夫が突然の事故死してしまい、娘のジュリアを連れて故郷ニューヨークへ向かう飛行機に乗り込んだ。夫の棺を乗せたそのジャンボジェットは偶然にもカイルの設計した最新鋭航空機だった。そして航空中、うたた寝してしまったカイルが目を覚ますと、隣にいたはずのジュリアが忽然と姿を消していた。
 久々のフォスター主演作で、本国アメリカでは2週連続ボックスチャート1位という快挙を成し遂げた航空サスペンス。
 ただ、サスペンスとして本作を見ると、さほど面白いというほどではない。いたはずの人間が消え、だれもそれを知らない。というパターンはこれまでにも数多く作られているし、サスペンスのはずが途中から考え無しのアクション作へと移行していく。ハリウッドの最も多用されるパターン。それにフォスターの顔が老けすぎ
(関係ない?)
 ただ、本作には一つ大きな強味がある。
 飛行機に限ったことではないが、乗り物は密室を演出出来るため、サスペンス作りには格好の素材。ただ比較的飛行機が少ないのは、単に飛行機を舞台にすると専門的知識が必要だからと言うことなのだろう。フィクションなのだから、気付かない嘘をつくくらい良いじゃないか。と言われそうだが、そう言う場合は、えてして話そのものが派手になりすぎてアクション作品になってしまうし、大味になりがち。これを本格的サスペンスにするならば、飛行機、特に旅客機についての知識が相当に豊富でないと出来ない。
 実は本作は航空機オタに対してはとても好評を得たのだという
(ちなみに航空機オタというのは二種類あるそうで、高性能を求める人たちは兵器としての飛行機を好むのだが、一方、旅客機を興味の対象とする人もかなり多い。本作を評価するのは勿論後者)。それだけ“本物の旅客機”をよく知っている人がスタッフにいたと言うことだろうし、何より、「旅客機の中を思う存分探検してみたい」という要求を存分に満たせてくれたからなのだろう。丁寧な設定の勝利だ。
 まあ、それ以外は
本当に何ということもない作品なんだけど

ページトップへ