MOVIETOP

ターセム・シン
Tarsem Singh

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
2012 白雪姫と鏡の女王 監督
2011 インモータルズ -神々の戦い- 監督
2010
2009
2008
2007
2006 落下の王国 監督・製作・脚本
2005
2004
2003
2002
2001
2000 ザ・セル 監督
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961 5'26 誕生

ページトップへ

白雪姫と鏡の女王 2012
2012米アカデミー衣装デザイン賞

<amazon>
<楽天>
バーニー・ゴールドマン
ライアン・カヴァナー
ブレット・ラトナー
タッカー・トゥーリー
ケヴィン・ミッシャー
ジェフ・G・ワックスマン
ジェイミー・マーシャル
トミー・タートル
ジョシュ・ペイト
ジョン・チェン(製)
マーク・クライン
ジェイソン・ケラー
メリッサ・ウォーラック(脚)
ジュリア・ロバーツ
リリー・コリンズ
アーミー・ハマー
ネイサン・レイン
メア・ウィニンガム
マイケル・ラーナー
ロバート・エムズ
ショーン・ビーン
ジョーダン・プレンティス
マーク・ポヴィネッリ
ジョー・ノッフォ
ダニー・ウッドバーン
セバスチャン・サラセーノ
マーティン・クレバ
ロナルド・リー・クラーク
ボニー・ベントレー
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
インモータルズ -神々の戦い- 2011
2012ファンタジー映画賞、メイクアップ賞
2012サターン美術賞

<amazon>
<楽天>
ヴラス・パルラパニデス
チャーリー・パルラパニデス(脚)
ヘンリー・カヴィル
ミッキー・ローク
ジョン・ハート
スティーヴン・ドーフ
フリーダ・ピント
イザベル・ルーカス
ルーク・エヴァンス
ケラン・ラッツ
ダニエル・シャーマン
ジョセフ・モーガン
ロバート・メイレット
スティーヴ・バイヤーズ
コリー・セヴィエール
マーク・マーゴリス
スティーヴン・マクハティ
アラン・ヴァン・スプラング
ピーター・ステッビングス
ロマーノ・オルザリ
グレッグ・ブリック
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
落下の王国 2006
2008映画館大賞第20位
2008ロジャー・エバートベスト

<amazon>
<楽天>
アジット・シン
トミー・タートル(製)
ダン・ギルロイ
ニコ・ソウルタナキス
ターセム(脚)
リー・ペイス
カティンカ・ウンタルー
ジャスティン・ワデル
ダニエル・カルタジローン
レオ・ビル
ショーン・ギルダー
ジュリアン・ブリーチ
マーカス・ウェズリー
ロビン・スミス
ジットゥ・ヴェルマ
エミール・ホスティナ
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 監督を含めた撮影班は13の世界遺産を含む世界24カ国を回り、撮影だけで4年をかけた。CGをとんど使わず。
ザ・セル 2000
2000アカデミーメイクアップ賞
2001MTVムービー・アワード衣装賞、女優賞(ロペス)、悪役賞(ドノフリオ)

<amazon>まだ
<楽天>
マーク・プロトセヴィッチ(脚)
ジェニファー・ロペス
ヴィンス・ヴォーン
ヴィンセント・ドノフリオ
マリアンヌ・ジャン=バプティスト
ジェイク・ウェバー
ディラン・ベイカー
パトリック・ボーショー
ジェリー・ベッカー
ジェームズ・ギャモン
キャサリン・サザーランド
プルイット・テイラー・ヴィンス
ジェイク・トーマス
ジャック・コンレイ
ローリ・ジョンソン
コルトン・ジェームズ
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 臨床心理医のキャサリン(ロペス)は、患者の深層心理に直接入り込むという実験的医療チームの一員。FBIの依頼により、連続殺人犯に誘拐された女性の居場所を突き止めるべく、昏睡状態のまま逮捕された犯人(ドノフリオ)の心の中へ入り込む。
 予告編を見て絶対に
これは観に行かねば。と思っていた作品なのだが、実際観て、確かに映像美にはびっくりさせられた。絶対これはミュージック・クリップを手がけている人の作品だ。
 確かに美しいは美しい。それは認める。しかし、いくらなんでも
悪趣味が過ぎる。B級ホラーの出来損ないを見せつけられた感じ。B級作品は劇場ではなくテレビ画面に押し込め、小馬鹿にしつつ観るのが醍醐味なのだが(悪趣味?)、この映像はまさに劇場で観るべきもの。私の内部では相当矛盾が生じてしまった。
 私は悪趣味な作品は決して嫌いではない。ただこれは明らかに私の指向とはベクトルが違っていた。仮にグローネンバーグ的な方向に向いていれば手を叩いて喜ぶこともできたのだが、これはただ気持ち悪いだけ。特にあの腹から×××のシーンでは口を押さえて劇場を出た人間もいた位で、私としても踏みとどまるかなりギリギリのシーンだったと思う
(押井守好きの友人とその事を話し合ったら、彼は『Talking Head』のシーンを咄嗟に頭に思い浮かべて精神的に逃げを作ったそうな。さすがだな)
 ストーリーは殆どあって無きがごとしなので無理に言う気もないが、キャサリンはカウンセラーとしては
大失格。あんな治療をしてたら、大概の人間は廃人になってしまうし、自分自身の精神も蝕まれてしまう。

ページトップへ