MOVIETOP

土井裕泰

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 2 合計点 6 平均点 3.00
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
_(書籍)
2018
2017
2016
2015 ビリギャル 監督
コウノドリ
<A>
BR
<楽>
BR
演出
2014 遠い約束 星になったこどもたち 演出
眠りの森 演出
おやじの背中<TV> 演出
S-最後の警官-<TV> 演出
2013 空飛ぶ広報室<TV> 演出・製作
2012 運命の人<TV> 演出
2011 麒麟の翼 ~劇場版・新参者~ 監督
2010 赤い指 演出
ハナミズキ 監督
うぬぼれ刑事<TV> 演出
2009 天国で君に逢えたら 演出
ラブシャッフル<TV> 演出
2008 そうか、もう君はいないのか 演出
猟奇的な彼女<TV> 演出
2007 冗談じゃない!<TV> 演出
2006 涙そうそう 監督
2005 里見八犬伝 演出
Mの悲劇<TV> 演出
2004 いま、会いにゆきます 監督
オレンジデイズ<TV> 演出
2003 マンハッタンラブストーリー<TV> 演出
GOOD LUCK !!<TV> 演出
怪談新耳袋(1st~5th)
<A> <楽> 監督
wiki
2002 太陽の季節<TV> 演出
夢のカリフォルニア<TV> 演出
2001 friends フレンズ 演出
Love Story<TV> 演出
ストロベリー・オンザ・ショートケーキ<TV> 監督
2000 百年の物語 第三部~オンリー・ラブ~ 監督
ビューティフルライフ ふたりでいた日々<TV> 演出
1999 魔女の条件<TV> 演出
1998 めぐり逢い<TV> 演出
1997 理想の結婚<TV> 演出
青い鳥<TV> 演出
1996 真昼の月<TV> 演出
1995 愛していると言ってくれ<TV> 演出
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964 4'11 広島で誕生

ページトップへ

ビリギャル
2015日本アカデミー新人俳優賞(有村架純)、主演女優賞(有村架純)、助演男優賞(伊藤淳史)、助演女優賞(吉田羊)
2015ブルーリボン主演女優賞(有村架純)、助演女優賞(吉田羊)
<A> <楽>
渡辺正一
那須田淳
進藤淳一
鶴賀谷公彦(製)
橋本裕志(脚)
有村架純
伊藤淳史
野村周平
大内田悠平
奥田こころ
山田望叶
松井愛莉
蔵下穂波
阿部菜渚美
西村匠平
白土七菜
下山葵
あがた森魚
安田顕
矢島健一
中村靖日
峯村リエ
吉田羊
田中哲司
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話(書籍)坪田信貴
涙そうそう 2006
2006日本アカデミー主演男優賞(妻夫木聡)、主演女優賞(長澤まさみ)
2006文春きいちご女優賞(長澤まさみ)、第3位

<amazon>
<楽天>
吉田紀子(脚)
妻夫木聡
長澤まさみ
麻生久美子
塚本高史
中村達也
平良とみ
森下愛子
大森南朋
船越英一郎
橋爪功
小泉今日子
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 沖縄の離れ島から本島へとやってきて、いつか自分の店を持とうと飲食店で働く稲垣洋太郎(妻夫木聡)の元に、高校に入学した妹のカオル(長澤まさみ)がやってくる。小さな部屋で二人暮らしを始めた洋太郎は、妹のために更にがんばって働こうとするが…
 当時ヒットした「涙そうそう」にインスパイアされて作られた映画。昔はまず歌ありきで作られた作品は山ほどあったが、最近では珍しい。
 ただ、歌ありきで考えた場合、歌に「涙」と付いている以上、
終わりが悲劇になると分かってしまったという問題があった。
 映画前半は兄妹愛の描写が淡々と描かれていく。妻夫木聡と長澤まさみが兄妹ってのは美男美女のコンビって感じだが、これはそう悪くない。沖縄弁で会話する二人が結構味がある。
 ただ、この物語、そんな淡々とした兄妹愛を描いていながら、それがだんだんとそれが気恥ずかしくなってしまう。こんなのを延々と見せられると、飽きてくる。最早中盤を過ぎる頃になると、
「さて、どっちが死ぬのか?」ということくらいしか興味が無くなってくる。ここまでだらけさせちゃ駄目だろ。
 で、オチに至って、「あ、そう。お兄さんの方か」程度の感想で終わる。
 少なくとも人が死ぬと言う重い設定のはずなんだから、こんなあっさり「あ、そう」で終わらせてしまってはいけないんじゃないか?
 何が悪い?と言われてしまうと、具体的に「これ」と言えるだけのものは無いんだが、全般的に薄味で、あっさりしすぎなのが悪いのかも知れない。
いま、会いにゆきます 2004
2004日本アカデミー主演女優賞(竹内結子)

<amazon>
<楽天>
岡田惠和(脚)
竹内結子
中村獅童
武井証
美山加恋
浅利陽介
平岡祐太
大塚ちひろ
中村嘉葎雄
市川実日子
YOU
松尾スズキ
小日向文世
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
いま、会いにゆきます(書籍)市川拓司
おぼえていてね-アーカイブ星のものがたり(書籍)
 八年前、純愛の末に結ばれながら、一年前に妻の澪(竹内結子)に先立たれ、息子の佑司(武井証)と2人で暮らしを送っていた秋穂巧(中村獅童)。澪が描いた絵本に描いてあるとおり、雨の日に澪が帰ってくると信じていたが、本当に梅雨になって、澪が森の中に姿を現わした。澪は生前の記憶を一切失ってしまっていたが、巧と佑司は澪を温かく迎え、3人での生活を再び始めることに。改めて自分との関係を澪に伝える巧。そして澪もやがてこの生活を受け入れていくのだが…
 口コミで広がったベストセラーの映画化作品。原作は未読の上、主演が竹内結子。
なんだよ。『黄泉がえり』(2002)か?あれははまれなかったからなあ。嫌な予感を感じつつ、劇場へ。
 しかし、これは全く違った。私的に大当たり。なるほど。こりゃ全然違うわ。だってオカルトでもホラーでもないんだもん。これはむしろSFあるいはファンタジーと言って良い。主題が全然違っているんだ。
 本作の味は、『黄泉がえり』と異なり、決してこれが社会現象のようになっていないこと。その分、主人公達の心の交流がメインとなっており、閉じられた輪の中で、ほとんど3人だけの物語となっている。その分、心理的な掘り下げがしっかり演出されていたし、しかも後半の展開は意外で、すっかりはまりこんで観てしまった。
 正直、最初の印象は
「安上がりな作品だな」だった。だって登場するのは最小限度の人数だけ。ロケ地も基本的に田舎だけ。SFXだってほとんど使われていない。あくまで閉じられた輪の中のヒューマン・ドラマだった。
 ところが、映画としていろんな意味で、私自身に無茶苦茶しっくりくる物語だった。
 本作は本当に感心するところが多い。
 先ず
オープニングから数々の伏線が登場していたこと。しかもこれが伏線だとはっきり分かるように演出がされていた。例えば絵本の中で、アーカイブ星に戻ろうとしている女性が入ろうとしている扉に書かれていた#5のマーク。その次、不自然ではないように瞬間的に澪が現れた廃墟の扉が映し出されたり、オープニングでケーキ屋が「これで最後」と言っているようなこと。これらはその時点では意味がまるで分からないのだが、全てちゃんと印象づけられるように演出されているため、後になってちゃんと分かるようになっている。これらすべての伏線が収斂していく設定の妙!見事の一言に尽きる。下手に話を多くすることが無かったため、それら一つ一つが印象深く頭に残っている。後になってこれらが伏線だったことがよく分かるんだよな。この演出の巧さは一種の感動もので、物語の途中で出てきたちくちくと小骨が喉に刺さったような気分が解消されていく気持ちの良さ。
 それと、本作の構成は
一旦物語を完結させて、そこからリセットして過去の物語を再構築しているところも大変面白い。これが前述の設定ばらしとなっているのだが、これが本作のユニークなところで、伏線を収束させる方法がとても巧みなため、ここで二度目に改めて感動できる。そして最後にこれまで全てを出すことがなかった絵本が全部登場することで、ラストシーンで又感動できる。この辺が大変見事な構成だ。
 それとキャラが良いよ。中村獅童を持ってきたのは一種の冒険だと思うのだが、下手なイケメンじゃなく、こんなごついキャラに純愛をやらせようなんて普通考えもつかない。不器用で、依存心が高く、それでも我が子祐司のために生きていこうとする姿が大変良かったし、そして巧が澪と出会ってしまって、彼女との関係で本来それは
「あなたが欲しい」であるはずなのに、それを抑えて、祐司のためにも「あなたにいて欲しい」と主張する。その抑制具合が巧いため、夫婦のくせに改めて澪と結ばれた時がとても新鮮な感じを演出されていた。なんかいつもびっくりしたような表情してる竹内結子も、場面場面で新鮮な雰囲気を出してくれていた。
 それに何より、家族を作る物語って、実は私にとっては無茶苦茶ツボなんだよな。
 結局、一言で言ってしまえば、
無茶苦茶好み

ページトップへ