MOVIETOP

松尾スズキ

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 合計点 平均点
書籍
著作
ギリギリデイズ(書籍)

_(書籍)
2010
2009
2008
2007 クワイエットルームにようこそ 監督・原作・脚本
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 脚本
おじいさん先生 熱闘篇<TV> 出演
2006 陽気なギャングが地球を回す 出演
サイレン FORBIDDEN SIREN 出演
2005 female フィーメイル 監督・脚本
スクールデイズ 出演
同じ月を見ている 出演
ホテルサンライズHND 〜最後のステイ〜 出演
イン・ザ・プール 出演
真夜中の弥次さん喜多さん 出演
姑獲鳥の夏 出演
2004 恋の門 監督・脚本・出演
いま、会いにゆきます 出演
2003 恋する幼虫 出演
日本の裸族 出演
CUTIE HONEY キューティーハニー 出演
イン・ザ・プール 出演
まぶだちの女<TV> 監督・脚本
マンハッタンラブストーリー<TV> 出演
2002 チキン・ハート 出演
Grasshoppa! 3 出演
ピンポン 出演
突入せよ!「あさま山荘」事件 出演
2001 DRIVE ドライブ 出演
世界の終わりという名の雑貨店 出演
MASK DE 41 マスク・ド・フォーワン 出演
殺し屋1 出演
伝説のワニ ジェイク
<A> <楽> 出演
wiki
2000 式日-SHIKI-JITSU- 出演
1999
1998
1997
1996
1995 噂の探偵QAZ 出演
1994 愛の新世界 出演
NIGHT HEAD 出演
1993
1992 演歌なアイツは夜ごと不条理な夢を見る<TV> 脚本・出演
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962 12'15 東京で誕生

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

クワイエットルームにようこそ 2007
2007ヨコハマ映画祭次点

<amazon>
<楽天>
松尾スズキ(脚)
内田有紀
宮藤官九郎
蒼井優
りょう
中村優子
高橋真唯
馬渕英俚可
筒井真理子
宍戸美和公
平岩紙
塚本晋也
平田満
徳井優
峯村リエ
武沢宏
箕輪はるか
近藤春菜
庵野秀明
河井克夫
俵万智
しりあがり寿
川勝正幸
しまおまほ
妻夫木聡
大竹しのぶ
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
クワイエットルームにようこそ(書籍)松尾スズキ
 28歳のバツイチフリーライター佐倉明日香(内田有紀)が目覚めると、そこは見知らぬ白い部屋。しかも自らはベッドに拘束されていた。実はそこは精神科の女子閉鎖病棟“通称クワイエットルーム”と呼ばれる保護室だった。行き詰まっていた彼女は、薬とアルコールの過剰摂取で昏睡状態となり、ここに運ばれて来たのだった。自殺の危険性ありと判断された明日香は、そのままこの病棟で監禁状態に置かれることに…
 マルチクリエイター松尾スズキが、芥川賞候補ともなった自らの小説を自ら映画化。
 松尾スズキは実は結構好きなクリエイターで、ブログとかも読ませてもらっているが、その監督第一作目『恋の門』は話がとんがりすぎていて、
どこかでボタン掛け違えてんじゃないの?という感じだった。それに対し、本作はぐっと落ち着いて、しかもかなりアブナイ系のネタをさらりと描けるようになっている。まずはこれが監督第一作目にならなかったのが良かった。これが一作目だったら、ここまでこなれた演出にはならなかっただろうから。
 本作ではコメディ化して軽く流されているが、実は薬物過剰摂取や自殺願望者の心理、閉鎖病棟のあり方という、映画になりにくい素材に対し、本当に真っ正面から取り組んだ作品でもある。これらはネタとして危なすぎることと、作るとなると茶化してはいけないと身構えるために真面目なものになってしまうために映画にはしにくい題材だから。
 コメディ色を強め、多少誇張はあるにせよ、その辺正面から捉えている作りは、端で考えるよりもずっと真摯な取り組み方だと思う。全般的にコミカルな雰囲気作りをしているのも、あまり深く考えずに済ませるのには良く機能してる。
 ただ、本作でちょっと困ったのが、『恋の門』同様、
ジャンル分けが出来ないと言う点だろう。全般的に観るとシュールなコメディとも思えるのだが、主人公の明日香が何故こんな所に入る事になったのか。徐々に明かされていく謎。と言う意味ではサスペンス調でもある。更に入所者一人一人の過去を彼女ら自身に語らせているので、人間ドラマ的な要素もあり、要するにこの時間内で終わらせるにはちょっと詰めすぎの感が強いと言うこと。しかも雰囲気はのんびり流れていくので、取りこぼしがとても多い。最後になっても矛盾や設定部分で語られてない部分が多すぎて、ちょっと中途半端な印象を持つと言うことだろうか。映画と小説は違うので、もうちょっとスリム化させても良かったんじゃないかな?最後にすっきりさせて終わらせてもらいたかった。
 松尾監督は太い人脈を持つだけに、本作に登場するキャラはとにかく豪華。特にクリエイターと呼ばれる人達が多数登場してるので、「あれ?この人が?」と思わせてくれるのも楽しみの一つ。意外なところで妻夫木聡が出てきたのには笑った。
恋の門 2004

<amazon>
<楽天>
松尾スズキ(脚)
松田龍平
酒井若菜
松尾スズキ
忌野清志郎
小島聖
塚本晋也
尾美としのり
田辺誠一
片桐はいり
市川染五郎
皆川猿時
村杉蝉之介
平岩紙
江本純子
ユセフ・ロットフィ
花井京乃助
筒井真理子
三輪ひとみ
高橋征也
枡野浩一
河井克夫
小森未来
三池崇史
庵野秀明
安野モヨコ
しりあがり寿
山本直樹
内田春菊
ジョージ朝倉
井口昇
秦寛憲
神谷誠
永松修
大竹まこと
小日向文世
平泉成
大竹しのぶ
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
恋の門(マンガ)羽生生純

ページトップへ