MOVIETOP

ロン・クレメンツ
Ron Clements

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
著作
トレジャー・プラネット(書籍)

_(書籍)
2019
2018
2017
2016 モアナと伝説の海 共同監督
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009 プリンセスと魔法のキス 共同監督
2008
2007 ピクサー・ストーリー〜スタジオの軌跡 出演
2006
2005
2004
2003
2002 トレジャー・プラネット 監督・製作・脚本・
2001
2000
1999
1998
1997 ヘラクレス 監督・製作・脚本
1996
1995
1994
1993
1992 アラジン 共同監督・製作・脚本
1991
1990
1989 リトル・マーメイド 人魚姫 ジョン・マスカーと共同監督・脚本
1988
1987
1986 オリビアちゃんの大冒険 監督・脚本
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953 4'25 アイオナ州スーシティで誕生

ページトップへ

タイトル
<A> <楽>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

トレジャー・プラネット 2002
2002米アカデミー長編アニメ賞
<A> <楽>
ジョン・マスカー(共)
ロン・クレメンツ
ロイ・コンリ
ジョン・マスカー(製)
ロン・クレメンツ
ジョン・マスカー
ロブ・エドワーズ(脚)
ジョセフ・ゴードン=レヴィット
ブライアン・マーレイ
エマ・トンプソン
デヴィッド・ハイド・ピアース
マーティン・ショート
ロスコー・リー・ブラウン
ローリー・メトカーフ
マイケル・ウィンコット
パトリック・マクグーハン
物語 人物 演出 設定 思い入れ
リトル・マーメイド 人魚姫 1989
<A> <楽>
ジョン・マスカー(共)
ハワード・アシュマン
ジョン・マスカー(製)
ロン・クレメンツ
ジョン・マスカー(脚)
ジョディ・ベンソン
サミュエル・E・ライト
バディ・ハケット
パット・キャロル
クリストファー・ダニエル・バーンズ
ケネス・マース
ジェイソン・マリン
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 地上の世界に憧れを持つ人魚姫アリエルは、ある日海上を航行する船の上にいるエリック王子を見かけて一目惚れしてしまう。そんな折、嵐によってその船は難破してしまう。王子の命を救ったアリエルだが、その接触によって益々王子に恋心を募らせ、ついに禁忌を犯して海の魔女アースラに頼み、声とひき替えに足を付けてもらう。ただし、足のある三日間の間にキスができなければ、その身をアースラに献げるという賭けを受け入れたアリエルだが…
 ディズニーと言えば、童話をアニメーションにすることで有名だが、実はそれにはかなりの断絶がある。実は1958年の
『眠れる森の美女』以降、実に30年も童話を題材にすることはなかった。その間、フィルムメーカーとしてのディズニーは迷走していたのだが、原点回帰として作られた本作は公開年で8400万ドルを稼ぎ出し、ディズニーの再興の起爆剤となった。その意味ではディズニー映画を語る上で、とても重要な立ち位置にある作品である。
 そして本作は、悪い意味でもう一つ重要な意味合いを映画界に作り出してしまった。即ち、「ディズニーが作るものが本物になってしまう」という悪循環である(ちなみに1933年に作られた「三匹の子ぶた」がその始まりとも言われるが、『シンデレラ』(1950)であれ『白雪姫』(1937)であれ、原典から大分雰囲気が変えられてしまっている)。
 そして本作。アンデルセンの作り上げた悲恋話は
ミュージカルラブコメにされてしまった。そして現在に至る「人魚姫」のイメージはオリジナル版を全く顧慮されないディズニー版にされてしまっている。全く原作に敬意を持たない物語がメジャーにされるというのは、とても悲しい話でもある。

 原作と本作の違いは、主人公である人魚姫の明るすぎる性格と、命を賭けてまで恋愛に突き進むという覚悟の無さとで言い表すことが出来よう。映画版アリエルの性格はとても陽性で、恋愛についても、友達が欲しいことの延長線上に過ぎない。だから何事も明るく笑って済ませてしまうし、その性格に合わせて物語もハッピーエンドに仕上げられる。そこには一瞬に一生を賭けるという覚悟はないし、それに失敗したら死ぬという恐怖もない。あるものは目先の楽しさのみ。いくら子ども向きとは言え、ここまで変えて良いものか?と言うレベルで明るいものに変えられている。

 原作に対するリスペクトが感じられない作品を
「駄作」と言うのだが、それで本作が面白くないのか?と言われるとそうでないところが問題。実際この作品、今観ても充分面白いのだ。スタンダードナンバーとなったミュージカルシーンのノリの良さは言うまでもなく、アニメーション的にも実に質が高く、映画の明るさによく合った緩急の付け方も素晴らしい。

 だからこそ、複雑な思いにさせられるのが本作の特徴だろう。
 デンマーク出身のアンデルセンは、北欧の暗くて冷たい海を見て、人魚姫のテーマを思いついたが、カリフォルニアにいるディズニー映画部スタッフは、カリブ海あたりをイメージして翻案した。原作とは全く別物として考えておくべきなのかもしれないんだが…

ページトップへ