MOVIETOP

ボブ・ペルシケッティ
Bob Persichetti

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)
2019
2018 スパイダーマン:スパイダーバース 監督
2017
2016
2015 リトルプリンス 星の王子さまと私 脚本
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

スパイダーマン:スパイダーバース
<A> <楽>
アヴィ・アラッド
フィル・ロード
クリストファー・ミラー(製)
フィル・ロード(脚)
シャメイク・ムーア
ヘイリー・スタインフェルド
リーヴ・シュレイバー
マハーシャラ・アリ
リリー・トムリン
ジェイク・ジョンソン
ニコラス・ケイジ
キミコ・グレン
ジョン・ムレイニー
★★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ
スパイダーバース(書籍)
 ブルックリンのエリート高校に通うマイルス・モラレスは堅苦しい寮を抜け出して叔父のアーロンと夜の散策を楽しんでいた。そんなアーロンに案内された地下で蜘蛛に噛まれてしまったことによって、マイルスは超感覚を手に入れてしまう。その力に戸惑うマイルスだが、ブルックリンのヒーロー、スパイダーマンと偶然出会い、同じ感覚を持っていることに気づくのだが、マイルスの目の前でスパイダーマンは殺されてしまった。スパイダーマンが死んだ責任を感じるマイルスだが、何故か別なスパイダーマンが目の前に現れてしまう…

 コミック原作から始まり、これまでいくつものメディアで作られてきた
「スパイダーマン」。映画だけでも近年三つのシリーズ作品が作られたが、それぞれの作品では微妙に(あるいは大幅に)設定が異なる。更に原作のコミックもいくつもの派生が出来て、10を越える別のストーリーが同時に存在するというややこしい状態になってる。主人公もピーター・パーカーである場合が多いが、性格や背景や時代なども全部異なるし、作品によっては主人公自体も変わったりする。
 そのために相当ややこしくなってるのだが、2014年に一つの企画としてマーベルコミック誌上で、いろんなスパイダーマンを一堂に会して物語を作ろうという企画が持ち上がった。オリジナルのスパイダーマン
(アース616という時空軸)を主人公にして、これまで登場した様々なスパイダーマンが時空のゆがみで同じ世界に入り込むというもの(ちなみに日本で作られた東映版「スパイダーマン」はアース51778の時空軸になる)
 これによってストーリーを収束させようという意図もあったようだが、結果として「スパイダーバース」自体が様々な別な時間軸で展開するようになり、更にこの企画で生まれた新しいスパイダーマンのスピンオフまで作られるようになって、ますます収拾が付かなくなったというオチもついてる。
 その企画から映画化に流れたのが本作。原作とは異なり本来の物語とは異なる
アース1610の時空軸の物語で、二代目スパイダーマンとなったマイルス・モラレスが主人公の作品となっている。

 現在トム・ホランドがピーターを演じてる『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)とスパイダーマンのライバルキャラヴェノムを主人公とした『ヴェノム』(2018)という二つのシリーズが続いているが、そこに更に新しいシリーズを前提に作られた。興行収入としても大ヒットしたので、本作もシリーズとなることは間違いなかろう。

 背後にある設定はかなりごちゃごちゃしてるが、そんなことを考えるよりも、たくさんのスパイダーマンが登場するのを素直に楽しむべき作品だろう。
 マイルス以外で本作に登場するのは、アース616とはほんのちょっと性格が異なったためにヒーローとして失敗してしまったまま歳を食ってしまったピーター・B・パーカーのスパイダーマン。ピーターではなく恋人のグウェン
『アメイジング・スパイダーマン』(2012)でのヒロイン)が蜘蛛に噛まれて誕生したスパイダー・グウェン、フィルム・ノワールの世界観の中で活躍しているスパイダー・ノアール、未来の時間軸でSP//dr というパワードスーツを駆使するペニー・パーカー、コミック世界から現れた不死身のヒーロー、スパイダーハムという5人。
 基本的に物語に関わるのはピーター・B・パーカーとグウェンの二人がメインだが、そうやって絞ったのは正解。登場キャラが多い割に物語がとてもすっきりしてる。
 物語もかなり単純で、主人公を思春期の少年にして、揺れる心に悩みつつ、自らのアイデンティティを確立していくというオーソドックスなビルドゥングスロマンになってるが、この物語にはそれこそが重要。ぴったりはまった物語ともなってる。

 で、これは絶対に言わねばならないことだが、本作の演出は本当に見事。

 ヒーロー作品は元々大部分はアニメーションで作られていたが、それは演出面で実写では出来ない事を行えることからだった。現在でもテレビの方ではヒーローものはアニメの方が優位に立つが、映画に関しては既に実写でそれが出来るようになってしまった。それならばアニメーションの優位とはどこにあるのか?と考えてみると、爽快な演出面以外の部分となる。
 そこで本作の出した回答は、二次元アニメと三次元アニメの融合である。これはこれまでにも挑戦した作品は数多くあるが、その中で最も上手くはまったのが本作だろう。主人公モラレスを含め大部分のキャラは3Dで描かれるのだが、スパイダーハムとペニー・パーカーは2D風味。3Dの上に2Dが乗ってるのを無理矢理ではなく出来るだけ自然に作っていて、更にスパイダー・ノワールは完全なモノクロームキャラ。彼らを自然に映すためには相当細かい作業が必要になる。その努力に敬意を表したい。この三人があまりたくさん出てないのは、それが一番作業量多いからなんだろう。

ページトップへ