MOVIETOP

ルーベン・フライシャー
Ruben Fleischer

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 1 合計点 3 平均点 3.00
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
2018 ヴェノム 監督
2017
NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち(1st)
<A> <楽> 製作総指揮
サンタクラリータ・ダイエット(1st~)
<A> <楽> 製作総指揮
2016
2015
2014 きみといた2日間 製作
2013
2012 L.A. ギャング ストーリー 監督・製作総指揮
2011 ピザボーイ 史上最凶のご注文 監督
2010
2009 ゾンビランド 監督
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

ヴェノム 2008
<A> <楽>
アヴィ・アラッド
マット・トルマック
エイミー・パスカル
デヴィッド・ハウスホルター
スタン・リー
ケリー・マーセル
トム・ハーディ(製)
ジェフ・ピンクナー
スコット・ローゼンバーグ
ケリー・マーセル(脚)
トム・ハーディ
ミシェル・ウィリアムズ
リズ・アーメッド
スコット・ヘイズ
リード・スコット
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
特撮辞典
 サンフランシスコで社会派の新聞記者として働いているエディ・ブロック(ハーディ)は、癌の特効薬を作り出し、宇宙開発にまで手を出しているライフ財団が人体実験をしていることを突き止め、恋人のアン・ウェイング(ウィリアムズ)のパソコンから得た情報を基にライフ財団社長のカールトン・ドレイク(アーメッド)に実験のことを問い詰めるが、その事によって新聞社を馘になり、更にデータを盗まれたことを知られ、アンからも別れを告げられてしまう。それから半年後。すべてを失ったエディは、ライフ財団の研究者ドーラ・スカース博士の力を借りてその実験施設に侵入するのだが、そこでゲル状の生物に寄生されてしまう。やがて知性を発揮した生物は、エディに自分は「ヴェノム」という名前であると明かし、栄養を要求するようになる。
 これまで
MARVELのシリーズが数多く作られてきたが、そこからX-MENのシリーズにも、またMCUのシリーズにも入らないキャラにも焦点が当てられるようになった。先行したのがまず『デッドプール』(2016)で、この作品がヒットしたことで、他のキャラも作られるようになってきた。
 その中で作られたのが本作となる。主人公となるヴェノムは元々スパイダーマンに擬態した宇宙生物という設定で、映画では『スパイダーマン3』(2007)の敵としてその姿をさらしている
(ここではトファー・グレイスがエディ・ブロックを演じている)。本作の場合はその設定をなかったことにして完全新作として作られているので、ストーリー上の関係は存在しない。
 本作の最大の特徴を言うなら
、主人公がヒーローではなくヴィラン(敵役)であるという事に尽きる。
 スパイダーマン曰く、
力を持った責任として人のために尽くすのがヒーローなら、その力を自分の欲望のためだけに使う、若しくは破壊衝動のまま生きるのがヴィランの特徴といえる。本作でも主人公のヴェノムは自分の生存を第一に考え、生きるためには時に人を食らうし、様々な寄生主を渡り歩いたりする。
 そんな暴走気味のキャラをどう主人公にするのかということに関して、本作はとても単純明快でわかりやすい答えを用意した。
 単純な話だが、ヴェノムに寄生される側の人間をヒーロー的な性格にしてみたのだ。
 ヴェノムに寄生されるエディは、少々独りよがりの傾向はあるものの、社会正義を信じるまっすぐな心と、関わった人間を大切にする温かい心を持った人間として描かれる。
 そんな人間がヴェノムの宿主になった時にどうなるのか。
 それは、喧嘩しながら協力して、更に悪いやつをぶちのめすという物語となる。
 本作の主人公は実は二人。エディとヴェノムの凸凹コンビによるバディ作品として仕上げたのだ。違いはこの場合のバディは心の一部を共有しているため、お互いに精神が影響し合っているということ。劇中にもヴェノムの言葉で、「お前のせいで許せなくなった」とかいう台詞があったし、エディは最後「悪人であれば食ってもいい」とかとんでもないことを言ってる(事実強盗を食ってる)。
 本作のヒットは、それが成功したことを示しているだろう。なんだかんだ言って、古典的なバディ・ムービーをヒーロー作品に取り入れてみたところ、意外なはまり具合を見せたというのが正しい見方になるのだろう。

 ただ苦言を呈するなら、設定のいい加減さがきつい。エディがヴェノムになって人を襲い、あまつさえ食ってるのは目撃されてるはずなのに、ラストでエディが普通の生活に戻ってるとか、いくらなんでもありえない。70年代の東映バイオレンスか?
 ラストシーンを活かすためにはエディは収監されていた方が良かったと思うのだが、その辺はやはり続編の伏線なのだろうか?
ゾンビランド 2009
2009放送映画批評家協会コメディ映画賞
2009
タランティーノベスト第3位
2010MTVムービー・アワード恐怖演技賞(アイゼンバーグ)、トンデモ・シーン賞(マーレイ)

2010スクリーム・アワードホラー映画賞、カメオ賞(マーレイ)
<A> <楽>
ギャヴィン・ポローン
ライアン・カヴァナー
レット・リース
エズラ・スワードロウ
ポール・ワーニック(製)
レット・リース
ポール・ワーニック(脚)
ウディ・ハレルソン
ジェシー・アイゼンバーグ
アビゲイル・ブレスリン
エマ・ストーン
アンバー・ハード
ビル・マーレイ
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ

ページトップへ