MOVIETOP

パク・チャヌク
Bak Chan-uk

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
_(書籍)
2018
2017
2016 お嬢さん 監督・脚本
荊棘(ばら)の秘密 脚本
2015
2014
2013 イノセント・ガーデン 監督
スノーピアサー 製作
2012
2011
2010
2009 渇き 監督・製作・脚本
2008 ミスにんじん 製作・脚本・出演
2007
2006 サイボーグでも大丈夫 監督・脚本
2005 親切なクムジャさん 監督・脚本
2004 美しい夜、残酷な朝 監督
2003 もし、あなたなら 〜6つの視線 監督・脚本
オールド・ボーイ 監督
2002 復讐者に憐れみを 監督
2001 ヒューマニスト 脚本
2000 JSA 監督・脚本
アナーキスト 脚本
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963 8'23 誕生

ページトップへ

 

お嬢さん
2016カンヌ国際映画祭芸術貢献賞、パルム・ドール
2016LA批評家協会外国映画賞、美術賞
2016
放送映画批評家協会外国映画賞
2017英アカデミー外国語映画賞
<A> <楽>
パク・チャヌク
チョン・ソギョン(脚)
キム・ミニ
キム・テリ
ハ・ジョンウ
チョ・ジヌン
キム・ヘスク
ムン・ソリ
チョ・ウニョン
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
荊の城(書籍)サラ・ウォーターズ
サイボーグでも大丈夫 2006
2007ベルリン国際映画祭アルフレード・バウアー賞

<amazon>
<楽天>
パク・チャヌク
チョン・ソギョン(脚)
チョン・ジフン
イム・スジョン
チェ・ヒジン
イ・ヨンニョ
ユ・ホジョン
オ・ダルス
キム・ビョンオク
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
親切なクムジャさん 2005
2005ヨーロッパ映画インターナショナル作品賞

<amazon>
<楽天>
パク・チャヌク(脚)
イ・ヨンエ
チェ・ミンシク
クォン・イェヨン
オ・ダルス チャン
キム・シフ クンシク
イ・スンシン パク・イジョン
キム・ブソン ウ・ソヨン
ラ・ミラン オ・スヒ
ソ・ヨンジュ キム・ヤンヒ
キム・ジング コ・ソンスク
コ・スヒ 魔女
キム・ビョンオク
ナム・イル
カン・ヘジョン
ユ・ジテ
ソン・ガンホ
シン・ハギュン
★★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ
オールド・ボーイ 2003
2004カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ(パク・チャヌク)、パルム・ドール(パク・チャヌク)
2004ヨーロッパ映画インターナショナル作品賞
2004キネマ旬報外国映画6位
2005放送映画批評家協会外国映画賞

<amazon>
<楽天>
チェ・ミンシク
ユ・ジテ
カン・ヘジョン
チ・デハン
キム・ビョンオク
オ・ダルス
ユン・ジンソ
物語 人物 演出 設定 思い入れ
オールドボーイルーズ戦記1(書籍)       土屋ガロン
 少々キレ易く、お調子者ではあるが人は良く、妻と一人娘を持つ平凡なサラリーマンだったオ・デス(チェ・ミンシク)はある日突然何者かに誘拐され、ホテルの一室のような小さな部屋に監禁されてしまった。生活に不自由はないものの、何の情報も与えられず15年もの間監禁され続けるのだった。その後突然解放されたデスは知り合った若い女性ミド(カン・ヘジョン)の助けを借りて、監禁した相手の正体を探り始める。そんな2人の前にイ・ウジン(ユ・ジテ)と名乗る男が現れ、“5日以内に謎を解き明かせ”と、互いの命を賭けた“ゲーム”を提案する…
 同名の日本の漫画(原作土屋ガロン、作画嶺岸信明)を完全映画化した作品。
 
土屋ガロンというのは刈魔無礼狩撫麻礼のこと。この人の原作作品は結構好きだったのだが、原作者の名前が違ったので、この漫画にはノー・タッチ。だから新鮮な気持ちで本作を観ることが出来た。
 何ともこれは凄い作品だ。いや、凄いというのは、この作品が
韓国人監督の目に留まり、それを映画化すると言う時点で凄いと言うこと。
 本作は近親相姦をネタにしている。デスに対して復讐を誓うウジンは、姉の死はデスにあるとしているのだが、その自殺の原因を作ったのはそもそも弟であるウジンにある。
 韓国、いわば朝鮮の文化圏は儒教の国。ここでは近親相姦は最大の罪として見られている。同じ姓を持つ者同士が結婚することさえ認められないそうだから徹底している。
 だから近親相姦というのは、物語としては大変なタブーを前にしなければならないため、こそイム監督は敢えてセンセーショナルな題材を敢えて用いたのだろう。
 ウジンの行っていたのは一見効率の悪そうな復讐劇で、回りくどいやり方でデスとミドをくっつけようとした。その課程で自分の存在がばれようが、たとえ殺されようとも構わなかったように見えたし、なんと最後は肉体関係を結んだ後でデスとミドの関係を明かした後、ご丁寧にもデスの記憶を消してさえいる。
 それが何で?お姉さんが死んだのは自殺だろうし、ほんのちょっと関わっただけのデスを殺すにしても回りくどすぎはしない?とも思えるのだが、実は既に
姉が死んだ時点でこの世に何の未練も持っていないウジンにとっては、そんなことはどうでも良かったのだろう。姉が死んだのは自分自身のせいではなかった。彼が最後まで救いとして求めていたのはそこにあったのだから。
 デスを標的に選んだのは、ウジンと姉の関係を知っていたからだし、彼が二人の間に割り込んできたから姉は死んだのだ。と言うことを自分自身に納得させる為だったとも考えられる。
 ウジンはこの世の栄光や成功なんて同でも良かったのだ。ただ姉が死んだのは自分のせいではなかった。と自分自身に納得させたかっただけ。そして姉をしに追いやった男には、近親相姦という枷をおわせ続ける。彼にとってはこれだけが生きている目的だった。
 それで15年もかけ、デスの娘が成長するまで待ってから復讐を遂げる。
 結果としてデスとミドは幸せな恋人同士となっていく。ただ二人の間では幸せなんだろうけど、二人が幸せになればなるほど、罪を重ねていくことになっていくのだ。
 そしていつか催眠術が解け、あるいは何者から真実を付けられるその時、二人は重大な罪を自覚することになる。しかもその
責任を帰すべき相手はもうこの世にはいないのだ
 一見ハッピーエンドのように見えながら、その実なんとも皮肉めいた復讐であり、後味の悪いアンハッピーエンドである。まるで「オイディプス王」の物語だ…見ようによっては「源氏物語」の葵の君の話にも見える。
 もちろん本作はそう言う設定だけで見る作品では無かろう。フィルムノワールの雰囲気をたっぷりとまといつかせつつ、主人公デスの復讐劇の到達点がどこにあるのか、全く飽きさせることなく最後までしっかり観させる。様々な要素をバランス良く詰め込んだ良作と言えよう。
 これがカンヌで絶賛されたのは、審査員にタランティーノがいたためだそうだが、なるほど。
JSA 2000
2001ブルー・リボン外国作品賞

<amazon>
<楽天>
キム・ヒョンソク
チョン・ソンサン
イ・ムヨン
パク・チャヌク(脚)
ソン・ガンホ
イ・ビョンホン
イ・ヨンエ
キム・テウ
シン・ハギュン
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 朝鮮半島を南北分断する38度線上の共同警備区域(JSA)で起こった射殺事件。生き残った南北の兵士たちは何故か互いに全く異なる陳述を繰り返した。両国家の合意のもと、中立国監督委員会は責任捜査官として韓国系スイス人である女性将校・ソフィーを派遣し、真相究明に当たらせるが…
 非常に重い内容で、更に現代の朝鮮半島の状況をよく表した好作。
『シュリ』(1999)の時と較べても明らかにドラマ性、内容の緊迫感など格段に上をいっている。それに時事性もあるから、かなり切実な思いで観る事ができる。
 大分雪解けムードは高まったとは言え、朝鮮半島は未だ分断されたまま。38度線は今でも硬直した状態が続いている。同じ民族でありながら、否、同じ民族だからこそ憎しみはますます深まっていく。お互いを敵として考えようとする努力が未だに続いているわけだ。さもなければ「いつ攻めてくるか分からない」という緊迫感を維持できない。
 敵である事を強調するために、互いが一個の人間である事を忘れさせようと言う教育は北であれ、南であれ続いている。(これも随分雪解けムードになったとは言え、韓国が日本を憎むように教え込む教育は未だかなり深いものがあるし)
 その前提あってこその本作品だ。その国際情勢を変に捻らず、ストレートでぶつけた事が本作の成功だろう。

 …それは分かっているし、充分意味も分かってるつもりなんだけど、
一本の映画として見る限り、やや困った部分もあるのは確か。
 
『シュリ』の時もそうだったけど、韓国の警察があまりにも馬鹿っぽすぎ。厳重警戒中の容疑者を二人も自殺に追いやるなんて、これでは馬鹿にしすぎだ。
 それと、
口に入れた食べ物を吐き出すとか、放屁するとかの描写は止めて欲しい。生理的に受け付けない。かなり気持ち悪かったし、観続けたくなくなった。韓国映画はシリアスになればなるほどそういう尾籠な描写が増えるので、あまり好きになれず。
 とにかくは、まだまだ韓国映画は発展し続ける事を予見させてくれた作品。

ページトップへ