MOVIETOP

山口雄大

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)

 

2018
2017
2016 MAX THE MOVIE 監督・脚本
HiGH&LOW THE RED RAIN 監督
珍遊記 監督・編集
HiGH&LOW(2nd)<TV> 監督
2015
2014
牙狼 魔戒ノ花
<A> <楽> 4,6話監督
2013 アブダクティ 監督
2012 TEBANA SANKICHI: Re-mix ver. 監督
ABC・オブ・デス 監督
2011 デッドボール 監督
men's egg Drummers -メンズエッグ・ドラマーズ- 監督
2010 極道兵器 監督・脚本
SOIL ソイル
<A> <楽> 監督・脚本
wiki
2009 非女子図鑑 監督
激情版 エリートヤンキー三郎 監督
板尾創路の脱獄王 脚本・編集
2008 東京残酷警察 劇中CM監督
週刊真木よう子
<A> <楽> 監督
wiki
2007 赤んぼ少女 監督
ユメ十夜 「第十夜」監督・脚本
ショートフィルム道 スパイ道
<A> <楽> 監督・脚本
2006
2005 手鼻三吉と2(トゥワイス)志郎が往く・北の0年 監督
MEATBALL MACHINE -ミートボールマシン- 監督・脚本・編集
楳図かずお恐怖劇場 プレゼント 監督
2004 漫☆画太郎SHOW ババアゾーン(他) 監督
穴 監督・原案
魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE 監督
怪奇大家族
<A> <楽> 監督
wiki
2003 最も危険な刑事(デカ)まつり 監督
3on3 スリー・オン・スリー 脚本
怪談新耳袋(1st~5th)
<A> <楽> 監督
wiki
2002 手鼻三吉、世界を翔ける 監督
地獄甲子園 監督・脚本
ALIVE アライヴ 脚本
2001 名探偵・一日市肇 監督・原案
2000 VERSUS ヴァーサス 脚本
1999 手鼻三吉と2志郎が往く 監督
1971 東京都で誕生

ページトップへ

MAX THE MOVIE 2016
<A> <楽>
中野裕之
村井智建
古見幸生
竹川潤一
鹿角剛(製)
小林弘利
大川原篤史
山口雄大(脚)
マックスむらい
マミルトン
スプリングまお
あいたかはしくん
楯雅平
匠馬敏郎
坂口茉琴
大川原篤史
野田祐介
川井洋平
GACKT
君沢ユウキ
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
珍遊記 2016
<A> <楽>
椎木隆太
村田嘉邦
遠藤茂行
木下直哉
間宮登良松
細野義朗
小林宏至
紀伊宗之
小助川典子
津田智
紙谷零 (製)
おおかわら
松原秀(脚)
松山ケンイチ
倉科カナ
溝端淳平
田山涼成
笹野高史
温水洋一
ピエール瀧
今野浩喜
藤本泉
おおかわら
山本真由美
金子彩奈
アイアム野田
篠田涼也
溝口怜冴
桑江咲菜
矢部太郎
山野海
ジジ・ぶぅ
仁科貴
菅登未男
玉野るな
松尾諭
板尾創路
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
珍遊記(コミック)漫☆画太郎
激情版 エリートヤンキー三郎 2009
<A> <楽>
鈴木一巳
岡部紳二
森田昇
國松達也(製)
木田紀生(脚)
石黒英雄
板倉俊之
橋本じゅん
山本ひかる
佐伯日菜子
池田鉄洋
仲間由紀恵
小沢仁志
小沢和義
なだぎ武
竹内力
物語 人物 演出 設定 思い入れ
エリートヤンキー三郎(コミック)阿部秀司
地獄甲子園 2002
<A> <楽>
千葉善紀
藤本款
北村龍平
佐谷秀美(製)
山口雄大
桐山勲
漫☆画太郎
石井輝男
北村龍平
高津隆一(脚)
坂口拓
伊藤淳史
谷門進士
榊英雄
飯塚俊太郎
西尾季隆
土平ドンペイ
三城晃子
増本庄一郎
蛭子能収
小西博之
永田耕一
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
地獄大甲子園(書籍)漫☆画太郎
 甲子園出場を目指す星道高校。野球部監督を兼任している朝倉南太郎は今年こそその夢が叶うと信じて練習を続けていたが、たった一つの心配があった。それは、ゲーム中の殺人は罪にならないとうそぶき、試合相手をたたきのめすと言う外道高校の存在だった。ところが運悪く、予選第一回戦はその外道高校と決まってしまうのだった。甲子園をあきらめ棄権しようと考える朝倉だったが、そんな野球部に一人の助人転校生が現れた。彼の名は野球十兵衛(坂口拓)。彼は喧嘩野球で外道高校に立ち向かう…
 漫☆画太郎原作を、これがメジャー初監督となる山口雄大が脚本および映画化。原作者自らも脚本協力として参加している。ゆうばり国際映画祭で上映され、口コミで人気となり、渋谷シネクイントでレイトショー公開された際には動員記録を更新。
 真面目にこの映画について語ることはナンセンスだろう。
とにかく変な話で、正直な話、これが映画になったと言うだけで一つの成果であるとは言える。原作は読んだことがないのだが、話に脈絡があるようでなく、妙な複線ばかりが引っ張られていくうちに本筋が消えていく。これは漫☆画太郎の特徴でもある。そう言う作品を映画化するのだから、きっとこれが正しい映画化の姿なのだろう。少なくとも原作の雰囲気だけは感じることが出来る。
 ただ、あえて本作を
「酷い」というのは、物語についてではない。
 単に支離滅裂なだけの話だったらそれなりに評価はできるが、本作の場合はいくつもの漫画をコラージュして作られていて、元ネタを徹底的におとしめるために作られてるかのよう。唖然とはするが元ネタを知ってると
全然笑えない。笑える人もいるんだろうけど、その当時1970年代のスポーツ漫画を知ってる身としては、馬鹿にされただけの感じ。設定が無茶苦茶なくせに悪びれてないのが問題だろう。作品を作るのが手いっぱいなのか、作り手もオリジナルに対する敬意が見えないし。
 それなりに売れたとは聞くが、多分そう言う古い漫画を知らない人たちが受け入れたんだろうとは思う。
古い私には駄目

 ちなみに製作会社スープレックスに企画を持っていったところ、完全に馬鹿にされたが、かつて『VERSUS ヴァーサス』を撮ったと言うことを楯に強引に製作を押しきったのだとか。それと、脚本協力として北村龍平、漫☆画太郎に混ざってあの石井輝男の名前がある。これが石井輝男監督の最後の脚本と言うことになるらしい…なんか可哀想になってくるが、それも石井監督らしさ?

ページトップへ