特撮館Top
特撮事典

スパイダーマン

書籍
THE MARVEL ENCYCLOPEDIA マーベル・キャラクター大事典
スパイダーマン パーフェクト・ガイド
スパイダーマン・ヴォルト
マーベル・アベンジャーズ事典
コミック
DCvs(バーサス)マーヴル
X-MEN/アベンジャーズ ハウス・オブ・M
X-MEN/スパイダーマン
スパイダーマン・ヴォルト
ニューアベンジャーズ:セントリー
ニューアベンジャーズ:ブレイクアウト
マーベルゾンビーズ

スパイダーマン3


<amazon>
<楽天>
2007年
サム・ライミ(監)
 ピーター=パーカー(マグワイア)が扮するスパイダーマンはいまやニューヨークの市民から絶大な信頼と賞賛を集めるヒーローとなり、恋人MJ(ダンスト)も舞台女優としての一歩を踏み出していた。二人は順風満帆で、MJへのプロポーズを決意するするピーターだったが、MJの舞台は評論家から酷評され、役を降ろされてしまう。そんなMJの心も知らず、浮かれるピーターだが、そんなある日、謎の黒い液状生命体がスパイダーマンに取り憑き、そのスーツを黒く染め上げる。黒くなったスパイダーマンの戦闘能力はこれまでよりも格段に高まっていたが、そのスーツを着用したピーターの精神を更に高揚させていく。そんな時、ピーターの叔父を殺した真犯人マルコ(チャーチ)が刑務所から脱走したという事を聞かされる。しかも父の敵スパイダーマンがピーターであることを知ったハリーは、執拗にピーターの命を狙うのだった…
 大人気シリーズの最新作にして、一応の完結編。
 本作が大人気となったのは、CG技術の向上による疾走感と爽快感もさることながら、
ヒーローの心理描写を事細かに追っていった事も大きな特徴だろう。本シリーズでは一貫してピーターの心の動きを追っていった。一作目スパイダーマン(2002)ではコンプレックスの固まりのようなピーターが強大すぎる力を与えられ、戸惑いながら本物のヒーローとなっていくまでを描き、2作目スパイダーマン2(2004)ではヒーローとして生きることの辛さと精神的な成長を描いていく。
 ヒーローはたとえ肉体的にどれほど強くとも、心に弱さを持っているもので、あらゆる歴代のヒーロー達はその心を攻撃されていくのだが、本シリーズほどそれが前面に押し出されているものはなかろう。しかも、この3作は一貫して、その心の戦いは外的要素から与えられるものではなく、あくまで主人公の中のものであり、しかもそれらは全て思春期特有のものであると言うところが面白い
(下世話な話をするなら、スパイダーマンの放つ糸は、本シリーズでは射精と大きく関わりを持つという指摘もある)
 ここでのピーターの姿は前2作とは異なり、最初の内は完全にいい気になっている姿として描かれる。前2作では徹底的にコンプレックスを持った存在として描かれていたのとは対照的だが、それが一気に転換していた。しかし勿論、それだけで終わるのではない。調子に乗りすぎると必ずしっぺ返しを食らう。最初の嫌味なピーターが、本当の自分に気づくまでが本作の主題。
 実際、実の話を言えば、これだけ盛り上げられたラストバトルも、実は私は全然盛り上がって見えなかった。むしろ、思い上がった自分自身を突きつけられ、そこから脱却するピーターの姿の方がむしろ私的には盛り上がってくれたもので。ヴェノムは好みのキャラだし、存在感もあったはずなのに、ラストバトルが妙に平板に感じてしまう。
 本作を通して思うこと。それは妙な不安。と言うより閉塞感を感じてしまう。物語をピーターの内面に持っていくため、爽快感の中にもどこか不安を感じさせるように持っていく。多分これこそが目的なのだろうと思うのだが、その分なんかグワーっと盛り上がった気分にさせてくれないのだ。
 多分この閉塞感がハリウッドの元気のなさにつながっている気がしてならない。それこそが今のハリウッドのあり方そのものなのだろう。
 特にスパイダーマンの存在というものをアメリカという国そのものに置き換えてみると面白い。そもそもスパイダーマンのコスチュームはご存じの通り赤と青によって構成されている。この二色は正義と力を表現しており、国旗で用いられることが多い。アメリカの国旗も又、その二色がしっかり使われている。強い強いと浮かれているアメリカ。これは実は虚像の強さなのではないか。実際浮かれいるその姿をよく見ろ。真っ黒じゃないか?その警告をも示しているように見える。その上で今こそアメリカは赤と青に彩られた本当の姿に戻らねばならない。と言う意志のようにも思える。最後に国旗をバックに颯爽と飛び立つスパイダーマンの姿は、単に格好良さではなく、そのメッセージを込めているのかも知れない。
 逆に言えば、
この作品自体がアメリカが閉塞の中にある。と言うことを前提に作っているかのように思えてならない。考え過ぎかも知れないけど、その辺のメッセージ性を考えてしまうと、なんか素直に楽しむという気分にさせられないのだよな

 

ヴェノム
【う゛ぇのむ】
 宇宙からやってきた液状生命体がスパイダーマンに取り憑いてその形状を模倣した姿。当初はブラックスパイダーマンとしてピーターを助けるが、そのパワーによってピーターの性格を歪ませてしまう。分離後、エディに取り憑き、自分を捨てたスパイダーマンに復讐を誓う。 甘崎
エディ
【えでぃ】
 エディ・ブロック。ピーター同様フリー・カメラマンだが、折角の新聞社入社をピーターによって阻まれてしまい、ピーターとスパイダーマンを恨みに思う。その心の闇をヴェノムにつけこまれて寄生されてしまう。 甘崎
サンドマン
【さんど-まん】
 殺人犯フリントが物理実験場に迷い込み、原子分解されて誕生。砂を用いてあらゆる姿に変わる事も、巨大化することも可能。ブラックスパイダーマンに一度は倒されるものの、ヴェノムと結託してスパイダーマンの命を狙う。 甘崎
スパイダーマン 1/6スケールフィギュア スパイダーマン
【すぱいだー-まん】
  甘崎
ニュー・ゴブリン
【にゅー-ごぶりん】
 ピーターの親友ハリーが父の遺産である研究成果を用いて変身した姿。筋肉増強とスケボー型の浮遊機を用いる。スパイダーマンを父の仇としてつけねらう。 甘崎
ブラックスパイダーマン スパイダーマン&ブラックスパイダーマン
【ぶらっく-すぱいだー-まん】
 スパイダーマンに宇宙からやってきた液状生命体が取り憑いて誕生した真っ黒い姿のスパイダーマン。スパイダーマン本来の力を大きく増すが、傲慢さをも増してしまう。 甘崎
フリント
【ふりんと】
 フリント=マルコ。ピーターの伯父を殺した張本人。難病の娘を助けるために刑務所を脱走。警察に追い回されて物理実験場に逃げ込むのだが、実験に巻き込まれてサンドマンとして復活する。 甘崎

アメイジング・スパイダーマン


<amazon>
<楽天>
マーク・ウェブ(監)
 かつて父リチャード(スコット)の突然の失踪を受け、伯父夫婦の元に身を寄せていたピーター・パーカー(ガーフィールド)。多少のいじめを受けつつも、クラスメイトの優等生グウェン(ストーン)に憧れを持つ普通の高校生をしていたが、科学者であった父の研究を見にやってきた父のパートナーだったカート博士の研究室で、研究中の蜘蛛に刺されてしまう。その日から不思議な力を手に入れてしまった…
 かつて大ヒットを記録し、後のヒーロームービーの先鞭を付けることになったサム・ライミの『スパイダーマン』(2002)は好評ではあったが『3』(2007)をもって終了。
 それから5年。リブート版として再びリリース。その第一作目が本作。
 今更ながら言わせてもらうと1作目が出たのが確か10年前。劇場で観てそのレビューも書いているが、今の自分の目から見たら、あのレビュー書いた頃は何にも考えてなかったな。というのが正直な感想である。もっと観るべきところはいくらでもあるのに、見た目だけで書いてしまったという反省点がいくらでも出てくる。
 本作を劇場で観ている間、
どれだけライミ版が面白かったか、頭の中で考えてる私がいた
 …いや、それで本作が愚作という訳ではない。同じシーン一つ取っても、本作とライミ版では随分違いがあることを考えさせられただけだ。
 実際演出力で言うなら、CGのい使い方がこなれてる分ライミ版を越えてるし、爽快感に至っては屈指の演出レベル。CGをいかに使うかを熟知した演出家がどんどん増えているんだろう。

 そういう意味でかなり面白く仕上がっているが、今回のレビューは自分なりにライミ版の見直しもあって、二つの作品の対比を中心に考えていきたい。

 まず基本姿勢だが、スパイダーマンが他のヒーローと違っていて、映画にする売りは、
主人公ピーターの若さがあるだろう。これといって個性の強くない平均的なロウワー階級の高校生が突然力を手に入れたとき、どんな反応をするか。それが第一の売りとなる。ライミ版も本作もその…では一致していて、恋愛模様を絡め、ヒーローであることの特殊性と、一般的高校生であることの普遍性の整合性を取ることに苦労する人物として描いていく。
 ただし、この二作の違いは恋愛要素に欠かせないヒロインとの関わりが随分異なる。
 ライミ版のヒロインMJは、当時もかなりあしざまに言われていたが、自意識が高くて結構嫌みなキャラだった
(決してそれで終わってないところがライミ版の良さでもあるが)が、一方の本作ヒロインのグウェンは自分のなすべき分限をしっかりと受け止めている理想的なヒロイン像。よってピーターの関わり方も随分異なる。
 平均以下の自分のことを決して振り向いてくれないMJに、執着心たっぷりにまとわりつくライミ版。お互いに存在を認めあい、きっちりと高校生らしいおつき合いが前提のウェブ版。これによってピーターの描かれ方も随分異なるようになった。
 方や恋愛がうまくいかず、いじいじするだけのライミ版パーカーと、実生活が充実しているから、他にしっかり目がいくウェブ版。これが根本的な姿勢の違いとなる。
 その点から見るならば、ライミ版の方が実は邪道な立場にあって、ウェブ版の方が本来の日ヒーローものに近い立場になるのだが、これはそもそも立脚点が違っていて、ライミ版の場合、このいじいじしたヒーローを描くことこそが目的だったのに対し、ウェブ版は違ったところを主題にしているから。

 二つ目として、ベンおじさんに対するピーターの関わりも随分違っている。どちらもピーターがスパイダーマンとして立つきっかけを作るキャラだが、ライミ版ではベンはピーターにとって一種のメンター(精神的指導者)である。
「力を持つ者は責任も持つ」というベンの人生哲学はそのままスパイダーマンの行動に力を及ぼすこととなった。つまりライミ版はいじいじした性格の平均的高校生が、「ヒーローとして生きるとはどういう事か」ということを自らに問いかけていくことによる青年の成長物語として作られていたわけだ。だからベンの存在はシリーズ全体を通してピーターの中で生き続けており、一種の呪いのようにスパイダーマンの行動形式を彩っている。
 一方ウェブ版ではやはりベンは同じ事を語っているのだが、その言葉自体はそれほど重要視されていない。むしろ
ベンという存在が生きていたということが話の中心となっていく。だからライミ版とは異なり、ピーターはベンを殺した犯人を見つけだして裁きを受けさせることを目的としている。ここにあるのは個人的な復讐劇となっていたわけだ。

 三つ目として、ピーターの父親の存在がある。これに関してはウェブ版が実に個性を見せてる。オープニング自体が謎の失踪を遂げて死んでしまうピーターの父の姿から始まり、ラストは「父の本当の死因は?」という謎めいたメッセージで閉じられている。これはライミ版には一切なかった描写である。明らかにこれは本作の特徴となる部分であろう。

 これらのことを総合して考えると、ライミ版のテーマとウェブ版のテーマの違いが浮かび上がってくる。
 それは結局ライミ版スパイダーマンは“自分探し”をテーマとしているのに対し、ウェブ版スパイダーマンは“父親探し”を主要テーマにしているという事。
 そう考えるといろいろ合点が行く。ピーターをリア充にする理由は、自分自身のことを考えるのではなく父のことを考えるための布石であり、ベンおじさんは精神的支柱ではなく、二人目の父として考えていたということだから。ベンを殺した犯人に復讐しようとしているのは、だから親を殺された子供の普通の感情として描かれているわけだ。これはグウェンの父親の話にもつながっていき、厳格で頑固な部分はあるが、家族を本当に大切にしている父を失わせることによってピーターとグウェンとをしっかり結びあわせる役割を担っている。
 そういうわけで後発であるウェブ版スパイダーマンはライミ版スパイダーマンとは違った形でちゃんとテーマ性を手にしているという事になる。

 ただし、それを踏まえた上で言わせてもらうなら、これは
私の好みではない
 “父親探し”は最近ではハリウッドの流行のようで、何本も作られていて、ヒーローものでも『アイアンマン2』(2010)はモロに父親探しの物語になってた。
 そしてそのタイプの物語は私のツボにはまったくはまらない。
 家族をテーマにした物語だったら、“父親になる”話は大好きなのだが、“父親を求める”のは全く心に響かないのが私自身の限界というか、心の狭さというか…

 だからこそ観ている途中でも「ライミ版の方はこうしたのに」と思うことの方が多く、素直な意味でテーマを楽しむに至らなかった。

 あのラストもこの作品としては正しいのは分かっているものの、あそこでグウェンと仲良くなるのではなく、
「あなたのせいでお父さんは死んだのよ」と責められ、それに対して何も言い返せない姿が観たかった気がしてならないんだよなあ。我ながらゆがんでることは承知だが。

 そんなことで本作の評価は中間点という事にさせていただこう。

 

ウェブシューター
【うぇぶ-しゅーたー】
 スパイダーマンが自己生成した蜘蛛の糸を射出するために用いる機材。手首に装着される。 甘崎
オズコープ社
【おずこーぷ-しゃ】
 バイオケミカルを主に研究している巨大企業の組織。ケミカル部門ではカート・コナーズ博士が陣頭指揮を執っている。グウェンはここのインターン。 甘崎
カート
【かーと】
 カート・コナーズ。かつてピーターの父トロイと共に生物の遺伝子を融合させる研究を続けていた。トカゲの遺伝子を自分自身に注入してリザードに変身する。 甘崎
グウェン
【ぐうぇん】
 グウェン・ステイシー。ピーターの同級生で憧れの人。高校生でありながらオズコープ社のインターンをしている。 甘崎
ジョージ
【じょーじ】
 ジョージ・コナーズ。グウェンの父。優秀な警察官で、町を混乱に貶めると言うことでスパイダーマンを敵視していた。 甘崎
スパイダーウェブ
【すぱいだー-うぇぶ】
 スパイダーマンの手首から出る蜘蛛の糸。ライミ版とは異なり、ウェブシューターを使って射出する。 甘崎
スパイダーマン MAFEX THE AMAZING SPIDER-MAN
【すぱいだー-まん】
 ピーターが蜘蛛男のコスチュームを着た姿。 甘崎
figma アメイジング・スパイダーマン
ピーター
【ぴーたー】
 ピーター・パーカー。普通の高校生だったが、父の研究していた特殊な蜘蛛に噛まれたことから特殊能力を得、スパイダーマンとして活動する。 甘崎
フラッシュ
【ふらっしゅ】
 本名ユージン・トンプソン。ピーターの同級生。フットボールのヒーローで典型的ないじめっ子。ピーターにはなにかと突っかかっていったが、ベンの死によって落ち込むピーターを慰めるような描写もある。 甘崎
ベン
【べん】
 ベン・パーカー。ピーターの伯父。ピーターを息子として育て上げるが、そのピーターの前で強盗に撃たれて死亡。役はマーティン・シーン。 甘崎
メアリ
【めあり】
 メアリ・パーカー。ピーターの母。リチャードと共に飛行機事故で死亡する。 甘崎
メイ
【めい】
 メイ・パーカー。ピーターの伯母。ベンと共にピーターを息子として育てる。ピーターが危険なことに首を突っ込んでいることを知り、心配している。役はサリー・フィールド。 甘崎
リザード
【りざーど】
 カートが自らの身体に遺伝子操作したトカゲの遺伝子を注入することで誕生したキメラ型モンスター。 甘崎
リチャード
【りちゃーど】
 リチャード・パーカー。ピーターの父。遺伝子研究の第一人者だったが、ピーターが4歳の時、突然失踪して死亡してしまう。 甘崎
名称
【】
  甘崎

スパイダーマン:ホームカミング

<A> <楽>
2017年
ジョン・ワッツ(監)

 

アーロン
【あーろん】
 アーロン・デイヴィス。エイドリアンから武器を買った男。スパイダーマンの尋問を受けてエイドリアンの居場所を教える。将来ヴィランのプロウラーとなる予定の男。 甘崎
アイアンマン
【あいあん-まん】
 トニー・スタークの専用装甲。現在シリーズとしてはマーク47を使用している。 甘崎
アベンジャーズ
【あべんじゃーず】
 地球を守るために結成された超人達による組織。かなり大きな組織となっていたが、現在半数以上がここから離れており、アイアンマン=トニー・スタークが組織再編している最中。スパイダーマンは準隊員といった位置づけ。 甘崎
アン
【あん】
 アン・マリー・ホーグ。ダメージコントロール責任者。結果としてエイドリアンから職を取り上げる事になり、ヴァルチャー誕生のきっかけを作ってしまった。役はタイン・デイリー。 甘崎
アントマン
【あんと-まん】
 作品冒頭。シビルウォー事件でピーターと戦っていた。巨大化したため、ジャイアントマンとも呼ばれる。 甘崎
エイドリアン
【えいどりあん】
 エイドリアン・トゥームス。建設業の社長。アベンジャーズとチタウリの戦いの後片付けを政府から依頼されていたが、そこから無理に外されてしまったことから、従業員の生活を守るためにチタウリの武器を使って武器商人のような真似を始める。自ら飛行装置を装着し、バルチャーとなる。役はマイケル・キートン 甘崎
エイブ
【えいぶ】
 ミッドタウン高校生徒で学力コンテスト・チームの一員。 甘崎
カレン
【かれん】
 スパイダースーツに内蔵されていたコンピューターでピーターが命名する。ネッドがハッキングしてプロテクト解除することで起動した。スーツの機能説明以外にも様々にピーターをサポートする。 甘崎
キャプテン・アメリカ
【きゃぷてん-あめりか】
 かつてソコヴィア協定に反旗を翻して逐電したヒーロー。現在敵認定されているが、ミッドタウンでは今もキャプテン・アメリカの教材を使用している。 甘崎
ジェイソン
【じぇいそん】
 ミッドタウン高校生徒で学力コンテスト・チームの一員。 甘崎
ジャクソン
【じゃくそん】
 通称ショッカー。トゥームスの部下の廃品回収業者。強力な力を得られるガントレットを使っているが、トゥームスの言いつけに背いて武器を乱用したために消されてしまう。 甘崎
ショッカー
【しょっかー】
 エイドリアン配下で強力な武器となるガントレットを武器とする者のコードネーム。最初はジャクソン。二代目はハーマン。 甘崎
シンディ
【しんでぃ】
 ミッドタウン高校生徒で学力コンテスト・チームの一員。 甘崎
スパイダースーツ
【すぱいだー-すーつ】
 スターク・インダストリーで作り上げたピーター用のスーツ。当初は機能は制限されていたが、ネッドがプロテクトを解除することで全機能が使えるようになった。サポートコンピュータ“カレン”が内蔵されている。 甘崎
スパイダーマン
【すぱいだー-まん】
 ピーターが扮するスーパーヒーロー。当初手製のスーツで自警団のような活動をしていたが、アイアンマンに正体を知られ、準アベンジャーズとしてハイテクスーツを与えられた。現在はアベンジャーズ見習いで、活動内容はほとんど変わってない。 甘崎
ダメージコントロール
【だめーじ-こんとろーる】
 トニー・スタークとアメリカ政府によって設立された研究機関。実質的にはチタウリの残したオーバーテクノロジーを一般人の手に渡らないように見張る観測機関。 甘崎
チタウリ
【ちたうり】
 過去宇宙から地球にやってきた侵略者。アベンジャーズの活躍によって撃退されたが、残されたオーバーテクノロジーの機械がトゥームスによって利用される。 甘崎
ティンカラー
【てぃんからー】
 フィニアス・メイソンのコード名。エイドリアンの部下の兵器開発者。 甘崎
トニー
【とにー】
 トニー・スターク。スターク・インダストリー社長でアイアンマン装着者。ピーターをスカウトしたが、ヒーロー稼業が忙しく、ピーターのことはハッピーに任せっきり。本当の危機が訪れた時には手助けに訪れる。 甘崎
ネッド
【ねっど】
 ピーターの親友。ピーターがスパイダーマンである事を知ってしまい、以降得意のコンピュータの知識を活かしてピーターを手助けする。 甘崎
ハーマン
【はーまん】
 ハーマン・シュルツ。ガントレットを受け継いだ二代目ショッカー。 甘崎
ハッピー
【はっぴー】
 ハッピー・ホーガン。トニー・スタークの用心棒兼運転手であり、ピーターの連絡係。アベンジャータワーの引っ越し作業の責任者でもあり、忙しさのあまりピーターに関わるのを面倒がっている節がある。役はジョン・ファヴロー。 甘崎
ハリントン
【はりんとん】
 ミッドタウン高校教師で学力コンテスト・チームの顧問。 甘崎
バルチャー
【ばるちゃー】
 エイドリアン・トゥームスがチタウリの飛行装置を装着したヴィラン。チタウリの残した武器やウルトロンの残骸などを集めるためにこの姿になる。 甘崎
ピーター
【ぴーたー】
 ピーター・パーカー。クイーンズにあるミッドタウン高校に通う高校生。両親はおらず、叔母のメイの家に住む。過去特殊なクモに噛まれたせいで極端に身体能力が上がり、それを役立てようとスパイダーマンとして活躍している。正体を知られたアイアンマンによって準アベンジャーズとしてスカウトされているため、高校を卒業したらスターク・インダストリー社員となることを予定している。 甘崎
フィニアス
【ふぃにあす】
 フィニアス・メイソン。通称ティンカラー。エイドリアンの部下の一人で武器の開発者。役はマイケル・チャーナス。 甘崎
F.R.I.D.A.Y.
【ふらいでー】
 トニー・スターク専用サポートAI。この作品での発言はピーターと交信が出来なくなったと伝える一回だけ。 甘崎
ペッパー
【ぺっぱー】
 トニーの恋人。現在の会社での立場は不明だが、アベンジャーズのサポートをしているらしいことが窺える。役はグィネス・パルトロウが演じているが、まさか本人が出るとは思わなかった。 甘崎
ベティ
【べてぃ】
 ミッドタウン高校の生徒でニュースチャンネルレポーター。 甘崎
マーク47
【まーく-ふぉーてぃせぶん】
 トニー・スタークの専用装甲。マーク46の別カラーバージョン。 甘崎
マック
【まっく】
 マック・ガーガン。エイドリアンの武器取引相手。 甘崎
ミシェル
【みしぇる】
 ミシェル・ジョーンズ。ピーターのクラスメイト。極めつきの皮肉家で、友達は誰もいないが、頭はとても良く、学力コンテストチームの一員。 甘崎
ミッドタウン高校
【みっどたうん-こうこう】
 ピーターが通っている高校。 甘崎
メイ
【めい】
 メイ・パーカー。ピーターの育ての親でシングルマザー的役割。本作ではいつ夫が亡くなったかは明らかにされていない。役はマリサ・トメイ。 甘崎
モリタ
【もりた】
 ミッドタウン高校の校長。敵認定されたはずのキャプテン・アメリカを使った教材を現在も使用している。実は祖父がキャプテン・アメリカと戦友だったという設定がある。 甘崎
ユージーン
【ゆーじーん】
 ユージーン・トンプソン。ピーターのクラスメイトで典型的ジョックス。この作品ではグアテマラ系になっている。役はトニー・レヴォロリ。 甘崎
リズ
【りず】
 ミッドタウン高校のマドンナでピーターの憧れ。学力コンテストのリーダーをしている。実はエイドリアンの娘。 甘崎
名称
【】
  甘崎