MOVIETOP

ミミ・レダー
Mimi Leder

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000 ペイ・フォワード 可能の王国
1999
1998 ディープ・インパクト
1997 ピースメーカー
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

タイトル
<A> <楽>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

ペイ・フォワード 可能の王国 2000
<A> <楽>
  
★★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

ディープ・インパクト 1998
<A> <楽>
  
★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 アマチュアの天体観測者の少年が彗星らしきものを発見する。報告を受けた天文学者ウルフ博士がその軌道を調べると、それは地球に向かって接近しており、しかも滅亡させるほどの巨大なものであるらしい…。大統領やテレビキャスターのジェニーとその家族、宇宙飛行士たちなどが織りなす、運命の日を前にしての様々な人間ドラマ。
 確かこの作品が公開されたのは殆ど同じテーマだった『アルマゲドン』(1998)と同時期だったと思うが、私にとってはこちらの方がはるかに評価が高い(まあ知れたもんだが)。
 出来はそこはかとなく、と言うよりはモロに
『インディペンデンス・デイ』(1996)そのものと言う感じ。危機に立ち向かう人間を主軸にして、それにより影響を受けている人々を同時進行で描くと言う手法。これは実際私は嫌いではないし、様々な人間ドラマが同時に楽しめる。古くは『コンボイ』(1978)がそうだったな(しみじみ)。実際本作は大きな危機を前にして、殊更家族の描写が続いている。
 私としての評価は、ギリギリ良いところまで行ったが、心の琴線に触れるところまでは行かない。と言った所か。特に物語り中盤で彗星に達する辺り、これで
物語の方向性は二つしかない。と言うことが分かってしまったこと。大体こういう物語だと、一度失敗して、それをフォローするためにリベンジする描写が必要となるのだが、それが他の人間がやるか、屈辱戦として本人がやるかの二つの方向性しかない。まあ、これは後者だった訳だが、ストーリーが分かってしまった映画を観るほどツマランものはない。もう少し工夫してくれや。いかにも感動させようとする姑息な思いが見え見えで、それが引く。
 尤も、
特攻映画大好き人間の私としては、最後の自爆特攻には結構ぐっと来たのは確かなんだけど(笑)。ここまで私のツボに近い所まで行っていて、最後で乗り切れなかったのは少々残念。
 ところで、この映画ではモーガン・フリーマンが大統領やってたけど、これはやっぱスピルバーグらしい配慮なんだろうか?(尚、本作のインタビューでフリーマン自身「誰だって大統領役は出来る」と豪語。これは周囲の人間達がもり立ててくれるので、本人の演技力は必要ないと言う意味)

 

ピースメーカー 1997

<amazon>まだ
<楽天>
  
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 ロシアから核弾頭10発が盗み出され、1発が爆発した。その事を知ったアメリカ政府はは、原子物理学者のケリー博士(キッドマン)らによる専門家チームを編成し、デヴォー大佐(クルーニー)と共に核弾頭の行方を追わせるのだった。輸送に用いられたトラックの足取りを追うデヴォーは「44E」という謎の暗号を得るが…
 それまでTVを中心に活躍してきたクルーニーの初主演作品。
 表面的に見る限りは、昔から映画で好まれる素材を現代風に派手に仕上げた作品に過ぎず、物語自体はこれまでの様々な作品によって語り尽くされた印象を受ける。ワールドワイドに活躍の場を広げている事くらいが特徴か?と言う印象で、派手さの中に隠れてしまった感じもあるのだが、
本作の焦点はもう少し違うところにあるように感じる
 スパイものの映画はこれまで数多く作られてきたが、時代に合わせ、様々な変化も受けてきた。冷戦時は特に花盛りだったが、60年代は頭脳派の主人公を配し、緊張感溢れる作品が作られていたが、80年代になると、マッチョな主人公が簡単に銃をぶっぱなすような単純さと派手さを強調する内容になっていった。ただ、冷戦終結後の90年代になるとその様相も変わってくる。敵をどのように作っていくかが問題になってきた訳だ。結局はテロリストで、この流れは現在も続いてる。
 本作もその系統に則ってはいるが、同時に本作は冷戦後に起こった数多くの内戦についてもしっかりと描写されているのが特徴的。ここでは内戦で傷ついたボスニアの民衆の悲惨さが、ほんの僅かでも出されていたのが特筆すべきこと。敢えて言わせてもらえれば、監督が撮りたかったのは、アクションではなく、この部分にあったんじゃないかな?
 それに
『The Peacemaker』という題も皮肉に溢れてる。平和とは何か?それは一言で言えば“均衡”である。何となくすっきり終わらせないのも一つの主張と捉えてみたい。
 最近すっかり演技派女優となったキッドマンが単なる美しさを売りにしていた最後の作品だったかも知れない。

ページトップへ