MOVIETOP

バズ・ラーマン
Baz Luhrmann

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 3 合計点 9 平均点 3.00
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
著作
ロミオ&ジュリエット(書籍)
2016
2015
2014
2013
2012 華麗なるギャツビー 監督・製作・脚本
2011
2010
2009
2008 オーストラリア 監督・製作・原案・脚本
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001 ムーラン・ルージュ 監督・製作・脚本
2000
1999
1998
1997
1996 ロミオ&ジュリエット 監督・製作・脚本
1995
1994
1993
1992 ダンシング・ヒーロー 監督・原作・脚本
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982 ダークルーム・盗撮 出演
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962 9'17 シドニーで誕生

ページトップへ

華麗なるギャツビー 2012
2013米アカデミー美術賞、衣装デザイン賞
2013英アカデミープロダクションデザイン賞、衣装デザイン賞、
メイクアップ&ヘアー賞
2013放送映画批評家協会美術賞、衣装デザイン賞、
歌曲賞

<amazon>
<楽天>
バズ・ラーマン
キャサリン・マーティン
ダグラス・ウィック
ルーシー・フィッシャー
キャサリン・ナップマン
バリー・M・オズボーン
ブルース・バーマン(製)
バズ・ラーマン
クレイグ・ピアース(脚)
レオナルド・ディカプリオ
トビー・マグワイア
キャリー・マリガン
ジョエル・エドガートン
アイラ・フィッシャー
ジェイソン・クラーク
アミターブ・バッチャン
エリザベス・デビッキ
アデレイド・クレメンス
マックス・カレン
カラン・マッコーリフ
ケイト・マルヴァニー
リチャード・カーター
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
グレート・ギャツビー(書籍)F・スコット・フィッツジェラルド
オーストラリア 2008
2008米アカデミー衣装デザイン賞
2008放送映画批評家協会若手俳優賞(ウォルターズ)

<amazon>
<楽天>
バズ・ラーマン
スチュアート・ビーティー
ロナルド・ハーウッド
リチャード・フラナガン(脚)
ニコール・キッドマン
ヒュー・ジャックマン
デヴィッド・ウェンハム
ブライアン・ブラウン
ジャック・トンプソン
デヴィッド・ガルピリル
ブランドン・ウォルターズ
デヴィッド・ングームブージャラ
アンガス・ピラクイ
リリアン・クロンビー
ユン・ワー
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 ファーストチョイス役は最初ラッセル・クロウにオファーされていた。
ムーラン・ルージュ 2001
2001米アカデミー美術賞、衣装デザイン賞、作品賞、主演女優賞(キッドマン)、撮影賞、メイクアップ賞、音響賞、編集賞
2001英アカデミー助演男優賞(ブロードベント)、作曲賞、作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、プロダクションデザイン賞、衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアー賞、編集賞、音響賞、特殊視覚効果賞
2001カンヌ国際映画祭パルム・ドール
2001LA批評家協会助演男優賞(ブロートベント)、美術賞
2001ゴールデン・グローブ作品賞、女優賞(キッドマン)、音楽賞
2001
オンライン・ムービー・アワード第3位
2002MTVムービー・アワード女優賞(キッドマン)、音楽シーン賞、キス・シーン賞

<amazon>
<楽天>
ニコール・キッドマン
ユアン・マクレガー
ジョン・レグイザモ
ジム・ブロードベント
リチャード・ロクスバーグ
ギャリー・マクドナルド
ジャセック・コーマン
ケリー・ウォーカー
マシュー・ウィテット
キャロライン・オコナー
デヴィッド・ウェンハム
カイリー・ミノーグ
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 ボヘミヤン革命に憧れる青年(マクレガー)がパリのダンスバー「ムーラン・ルージュ」で運命の人(ニコール=キッドマン)と出会う。彼女はムーラン・ルージュのトップ・ダンサーで一方青年は才能はあるが金を持たない作家だった。そんな二人が恋に落ち、仲間達の助けを借りながら舞台劇を作ろうと志す二人。だが、その劇の出資者であり、彼女にベタ惚れの伯爵がいた。何とかして彼女を自分に振り向かせようとする伯爵だが…
 いやはや凄い作品を観た。と言う感じ。1900年のパリを舞台としたミュージカルなのに、飛び出すナンバーはアメリカン・ポップスばかり。
「サウンド・オブ・ミュージック」に始まり、シンディー=ローパー、マドンナ、ビリー=ジョエル、グロリア=エステファンと言った往年のポップス・ナンバーが次々出てくる。しかもあの踊りの動き。フレンチ・カンカンをベースとしているけど、そんなもんじゃない。動きを目で追っていったら酔いそうになる。特にお勧めは「ライク・ア・ヴァージン」だが、これは実に見応えある…というか、「やめれぇ」と思わず心でツッコミ入れてた。主人公クラスの歌のうまさも相まって、緩急取り混ぜ、動きのある映画だった。ユアン=マクレガーって、意外に歌が上手いことも発見。彼の魅力はアクションや顔の良さばかりではないようだ。勿論キッドマンの演技も凄いってか、「あんた、一体いくつや?」な若さが凄い。後はなんと言ってもブロートベントだろう。のっけからあの濃い顔のアップと、彼の歌う「ライク・ア・ヴァージン」鬼気迫るものまで感じるぞ。
 ただ、その分ストーリーはベタ。中盤にさしかかる頃には
ラストまでの展開が完全に分かってしまうほどにベタベタなラブ・ストーリーが展開される。そこには意外性もなく、なるべくしてなったと言う展開があるだけ。確かに名作にはベタなストーリーが多いし、それがスタンダードな劇の魅せ方であることも確かなのだが、この作品に関しては「名作」と言えるだけの何かが足りない。
 大体、考えてみれば監督のバズ=ラーマンって言えば数年前に私に言わせるなら超駄作の『ロミオ&ジュリエット』を世に出した監督であり、性懲りもなく同じ事をやっていると言えなくもない。
 バッド・トリップしそうな映像が好きだとか、キッドマン、マクレガーのファンだったら間違いなく見て欲しい作品だが、それ以外の人にはさほど勧めようと言う気が起きない。これがアカデミーで映像部門とか特殊撮影部門に入るのなら大賛成だが、作品賞や監督賞に入るというなら、大反対。そう言う作品である。

<付記>
 上で無茶苦茶書いてるのだが、後になってテレビ放映がされた際、何気なく観ていたら、我知らず引き込まれていた。
 そうか。これを
物語として観ようとするからいけないんだ。純粋に踊りや歌を観て、そのミスマッチぶりに堪能しさえすればいいのだと分かる…そう考えると、とても良い作品に思えるから不思議だ(笑)
ロミオ&ジュリエット 1996
1997英アカデミー監督賞、脚本賞、作曲賞、撮影賞、プロダクションデザイン賞
1997ベルリン国際映画銀熊賞、アルフレッド・バウアー賞
1997ヨーロッパ映画インターナショナル作品賞
1997MTVムービー・アワード女優賞(デインズ)、
作品賞、歌曲賞、男優賞、キス・シーン賞、コンビ賞

<amazon>
<楽天>
クレイグ・ピアース
バズ・ラーマン(脚)
レオナルド・ディカプリオ
クレア・デインズ
ジョン・レグイザモ
ポール・ラッド
ハロルド・ペリノー
ダイアン・ヴェノーラ
ポール・ソルヴィノ
ブライアン・デネヒー
クリスティナ・ピックルズ
ミリアム・マーゴリーズ
ピート・ポスルスウェイト
ダッシュ・ミホク
ジェイミー・ケネディ
エドウィナ・ムーア
ザック・オース
ヴィンセント・ラレスカ
ヴォンディ・カーティス=ホール
ジェシー・ブラッドフォード
M・エメット・ウォルシュ
ハリエット・ハリス
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
ロミオとジュリエット <A> <楽>
ウィリアム・シェイクスピア (検索) <A> <楽>
 アメリカの一つの町を牛耳る二つの組織。一方の組織のロミオは敵役の家のパーティに大胆にも乗り込み、そこでその娘ジュリエットと出会った。激しく愛し合う二人だが、それが故にロミオはジュリエットの兄を撃ち殺してしまう。
 シェイクスピアによる同名の戯曲を現代版に置き換え、更に旬のディカプリオを配すことで、観客動員を一気に増やそうとしている。
あざといあざとい。
 画面は結構綺麗だし、シェイクスピアの世界観を現代に持ってこようという野心は買いたいのだが、台詞の大部分がシェイクスピアの戯曲に出てくるそのものなので、違和感が出ること夥しい。特に現代が舞台となれば、それなりに融和を考えねばならないのに、それを全く無視している。ディカプリオとデーンズが真面目に演じれば演じるほど、
観てる方が引く。「あなたはどうしてロミオなの」が普通に言われると、単なる痛々しいだけの描写にしか見えない
 
その違和感が良いと言う人もいるだろうから、一概に失敗とは言えないが、全く感情移入できなかった。
 何となく横目で見て、いつ終わるんだろう。と時計を見た。これは私にとっては駄目映画の特徴。

ページトップへ