MOVIETOP

秋山勝仁

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002 AMITAGE THE DUAL MATRIX
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984 超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか 演出
1983
超時空世紀オーガス
<A> <楽> 演出・絵コンテ
1982
超時空要塞マクロス
<A> <楽> 演出
wiki
科学救助隊テクノボイジャー
<A> <楽> 演出
wiki
1981
1980
1979
闘士ゴーディアン(1~3Y)
<A> <楽> 演出
wiki
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

タイトル
<A> <楽>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

AMITAGE THE DUAL MATRIX 2002
<A> <楽>
  
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 火星での戦いから八年。ナオミとロイは名前を変え、今も火星で生活を送っている。二人の間には愛娘ヨーコも生まれ、幸せと言える生活が続いていた。だが、そんなある日、地球で再び“サード・プロジェクト”が進行し、そこで生まれようとしていたナオミの妹とも言えるサード達が虐殺の憂き目に遭ったことを、ナオミは知る。一路地球に向かうナオミ。そしてロボット擁護委員の命を受け、ロボットに人権を与える法案への賛成票を投じるため、ヨーコと共に地球へ降りるロイ…二人の戦いが再び始まる。
 日本では今ひとつ受けが悪く、知名度も今ひとつの『アミテージ・ザ・サード』(1996)だが
(私は大好きなんだが)、アメリカの方での受けは良かったらしく、TVムービーとして続編の本作が製作された。
 監督もキャラクターの声も一新されており、内容としても前作と較べると政治的部分は後退しているが、その分アクション部分に重点が置かれていて、見応えは充分。
 描写はさすがに前作公開以来8年(劇中の時間と同じ)も経過しているため、デジタル処理が巧くできていて、前作以上に動きは良くなっている。何か
『マトリックス』(1999)のような(敷衍して言えば『攻殻機動隊』(1995)のような)動きも散見できるが、自分と同等の能力を持った(妹という位置づけで、顔も同じ)二体のサードと戦うと言うのは面白かったし、何故オリジナル・サードだけが子供を産むことが出来るのか。その謎が(ちょっと臭いけど)明らかにされている構成も良い。
 それに何より、やっぱり
アニメは特攻に尽きる(笑)自分の娘の命を守るため、禁断のオーバーロードを意図的に引き起こし、ボロボロになって戦っていく姿は、やっぱりアミテージだ…
 ひょっとしてこれが萌えと言う奴なのか?

ページトップへ