MOVIETOP

白石和彌

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
2016 日本で一番悪い奴ら 監督
火花<TV> 監督
2015
女子の事件は大抵、トイレで起こるのだ。
<A> <楽> 監督
怪奇恋愛作戦
<A>
BR
<楽>
BR
監督
2014
2013 凶悪 監督・脚本
2012
2011 人間昆虫記<TV> 監督
2010
2009 ロストパラダイス・イン・トーキョー 監督・脚本
0号室の客<TV> 監督
2008 魔法のiらんど 呪われた学校 監督
2007
2006
2005 17歳の風景 少年は何を見たのか 助監督
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909
1908
1907
1906
1905
1904
1903
1902
1901

ページトップへ

日本で一番悪い奴ら 2016

<amazon>
<楽天>
由里敬三
遠藤茂行
木下直哉
中西一雄
矢内廣
荒波修
細字慶一
田中正
柳迫成彦
高橋信一
田中誠一(製)
池上純哉(脚)
綾野剛
YOUNG DAIS
植野行雄
矢吹春奈
瀧内公美
田中隆三
みのすけ
中村倫也
勝矢
斎藤歩
青木崇高
木下隆行
音尾琢真
ピエール瀧
中村獅童
★★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ
恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白(書籍)稲葉圭昭
 学生時代に柔道に打ち込み、その腕を買われて北海道警察の刑事となった諸星要一(綾野剛)。性格は真面目ながら、要領が悪く、どうにもうだつが上がらない日々を送っていた。そんなある日、先輩刑事の村井(ピエール瀧)から、「刑事は点数、点数稼ぐには裏社会に飛び込み『S』(スパイ)を作れ」と教えられ、進んで裏社会に飛び込んでいく。その甲斐あって、元暴力団員の黒岩勝典(中村獅童)や、ロシアとのパイプを持つ山辺太郎(YOUNG DAIS)ら裏からの情報を得て一気に成績が上がる。トントン拍子に出世街道を上り詰める諸星だが…
 現職の刑事が自らの成績を上げるために裏社会と手を組み、ついには身の破滅に至るという、どこか昔のドラマを思わせる設定の物語。これが実話を元にしているというのが面白い。
 最近になってこの手の「これぞ裏社会」と言った感じの作品は少なくなっていて、そう言う成分が時折ほしいと思っていた折もあって、とても楽しませていただいた。同じく実際の事件を扱った前作『凶悪』と言い、白石監督の攻めの姿勢には頭が下がる。
 邦画界では過去にも仁義なき戦いシリーズを代表とするいわゆる「実録もの」という形で実際の事件を扱った映画が何作もある。その中で印象深いのは『県警対組織暴力』(1975)だろう。「仁義」と「正義」の目から見た暴力団と警察のずぶずぶの関係を描いた作品だが、まさしくこれが本作と内容的にもかぶる、なかなかの好作だった。
 一応それと較べる形で本作を考察してみよう。
 まず何より演出力の違い。70年代に作られた作品と現代の作品とでは、臨場感が違う。どちらが臨場感合ったかと言えば、昔の作品の方が段違いに高い。何といっても生々しさが違う。確かに映像的なリアリティは低く、飛び散る血しぶきがどれだけ墨汁っぽかったとしても、それを演じる役者がみんなギラギラしていて凄く生々しい。対して本作は映像的にはとても優れているし、主演の綾野剛の体当たり演技もあるが、全般的に洗練されすぎてリアリティが逆に薄く感じられてしまう。全般的にお上品にまとまってしまったという印象は受ける。
 対して事件そのものに対するリアリティという点に関しては本作に軍配が上がるだろう。ドラマ性を高めるために「仁義」なり「兄弟」などを出さずに全て打算によって成り立っているため、それがとても真実味ある。それに警察内部の組織ぐるみの腐敗が実に縦割り型で、いかにも日本の出来事と思わせてくれるのもリアリティあるし、麻薬に溺れる主人公が、ひたすら水ばかり飲むとかのシーンもかなりリアル。
 緊張感のある画面作りもあって、じっくり作り込まれた演出力を感じさせることから、本作は古い実録ものの作品とは別物として考える必要はあるが、リアルな暴力作品として評価されて然りの作品だろう。今こう言う作品はなかなか作られないため、とても新鮮味がある。
凶悪 2013
2013日本アカデミー作品賞、助演男優賞(リリー・フランキー、ピエール瀧)、監督賞、脚本賞
2013ブルーリボン助演男優賞(ピエール瀧)
2013日本映画批評家協会助演男優賞(リリー・フランキー)、新人監督賞

<amazon>
<楽天>
鳥羽乾二郎
十二村幹男
由里敬三
藤岡修
赤城聡
千葉善紀
永田芳弘
齋藤寛朗
小室直子
小松重之
大日方教史(製)
高橋泉
白石和彌(脚)
山田孝之
ピエール瀧
リリー・フランキー
池脇千鶴
白川和子
吉村実子
小林且弥
斉藤悠
米村亮太朗
松岡依都美
ジジ・ぶぅ
村岡希美
外波山文明
廣末哲万
九十九一
原扶貴子
★★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ
凶悪―ある死刑囚の告発(書籍)

ページトップへ