MOVIETOP

アンドリュー・デイヴィス
Andy Davis

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 7 合計点 16 平均点 2.28
書籍
_(書籍)
2008
2007
2006 守護神 監督
2005
2004
2003 穴/HOLES 監督・製作
2002
2001 コラテラル・ダメージ 監督
2000
1999
1998 ダイヤルM 監督
1997
1996 チェーン・リアクション 監督・製作
1995 悪魔たち 天使たち 監督
1994
1993 逃亡者 監督
1992 沈黙の戦艦 監督
1991
1990
1989 ザ・パッケージ/暴かれた陰謀 監督
1988 刑事ニコ/法の死角 製作・原案・脚本
1987
1986
1985 野獣捜査線 監督
1984
1983 エンジェル 撮影
1982
1981 ファイナル・テラー 監督
1980
1979
1978 レベルポイント 撮影
1977
1976 クラッシュ! 撮影
1975
1974 暗黒街の顔役 撮影
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946 12'21 イリノイ州シカゴで誕生

ページトップへ

守護神 2006

<amazon>
<楽天>
ロン・L・ブリンカーホフ(脚)
ケヴィン・コスナー
アシュトン・カッチャー
ニール・マクドノー
メリッサ・サージミラー
クランシー・ブラウン
セーラ・ウォード
ボニー・ブラムレット
ブライアン・ジェラティ
ジョン・ハード
アレックス・ダニエルズ
オマリ・ハードウィック
マイケル・レイディ
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 これまでに200名以上もの遭難者の人命を救ってきた伝説のレスキュー・スイマーのベン・ランドール(コスナー)だが、ある時、任務中に大切な相棒を失ってしまい、以降現場の第一線から退いてしまう。レスキュー隊員のエリートを育成する"Aスクール"の教官となったベンはそこで、元高校の水泳チャンピオンであるジェイク・フィッシャー(カッチャー)と出会う。過酷な訓練でも抜群の能力を発揮するジェイクにも又心の傷があることを知ったベンは、彼に本当に大切なものを伝えようと考える。
 かつて『愛と青春の旅だち』(1982)で鬼教官からしごかれる役だったコスナーが、歳月を経て、今度は若者をしごく方に回っている。それを観るためだけにも本作を観る価値はある。
 …というか、
その補正がないとちょっときつい。流石ハリウッドだけに荒れる海の描写こそ凄いものの、海難救助隊の話は日本でも『海猿 ウミザル』(2004)でやってたし、物語があまりにベタベタな展開。年の差の友情を描くにせよ、物語の構造が古すぎる。もうちょっと現代に合った形での物語が使えなかったか?しかもオチはほとんど『タイタニック』(1997)だったし。一応それを感動に持っていこうとしているのは分かるものの、これが普遍的というより、はっきり「古い」と思わせてしまった時点で駄目だろう。
コラテラル・ダメージ 2001

<amazon>
<楽天>
デヴィッド・グリフィス
ピーター・グリフィス(脚)
アーノルド・シュワルツェネッガー
イライアス・コティーズ
フランチェスカ・ネリ
クリフ・カーティス
ジョン・レグイザモ
ジョン・タートゥーロ
シェリー・マリル
ハリー・レニックス
リンゼイ・フロスト
ジュー・ガルシア
タイラー・ガルシア・ポジー
リック・ワーシー
レイモンド・クルツ
ジェーン・リンチ
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 ロサンゼルス消防庁の消防隊長ゴーディー(シュワルツェネッガー)は、妻と幼い息子を爆弾テロで失った。偶然爆発直前に犯人を目撃したゴーディは、その情報を当局に知らせるのだが、その情報は握りつぶされていることを知ってしまう。国家に裏切られた事を知ったゴーディーは、自らの手で犯人への裁きを下す決意をする…
 目的のために多少の犠牲はやむを得ないという国家的な"コラテラル・ダメージ"を主題にした、久々のシュワルツェネッガーのアクション作。たまたまこの年に911テロが起こってしまったお陰で公開延期となったという曰く付きの作品。
 アクション俳優の二大スターと言われれば、80年代のハリウッド映画を見知った人だったらほぼ確実にスタローンとシュワルツェネッガーの二人を挙げるだろう。それだけネームバリューが高いのがシュワという人物。だけど、実際アクション俳優として幸運だったか?と言われると結構微妙。そりゃ他のアクション俳優と較べると遙かに幸運だったし、実際政治家への転身だって果たすことが出来た。だけど当たり役『ターミネーター』(1984)のイメージが強すぎて、以降の作品は低迷。アクション俳優としては最早過去の人にされてしまった。そんな中で作られた本作は、結局シュワでなければならない部分が何一つ無く、
真面目になれば成る程痛々しさを感じさせてしまう結果となった。
 そもそも作り尽くされたタイプのアクション作品を真面目に演じさせるなど、無個性甚だしく、それこそセガールを主役にした方が良かったんじゃなかろうか?あの人だったら真面目だろうがコミカルだろうが、何でもセガールアクションにできる人だから。なまじ役をちゃんと作ろうとする人にこんな役演らせたら、無個性になるだけ。
 結果的に、シュワのフィルモグラフィとしてもかなり残念な出来に入る話となってしまった。
ダイヤルM 1998

<amazon>
<楽天>
パトリック・スミス・ケリー(脚)
マイケル・ダグラス
グウィネス・パルトロー
ヴィゴ・モーテンセン
デヴィッド・スーシェ
コンスタンス・タワーズ
サリタ・チョウドリー
マイケル・P・モラン
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
原作:フレデリック・ノット
 実業家スティーヴン(ダグラス)は破産直前まで追い込まれていた。彼は妻エミリー(パルトロウ)の財産を狙って彼女の浮気を知り彼女の愛人デビッドに50万ドルで殺人を依頼するのだった。スティーブンの狙い通り自分の留守中に賊が押し入り、エミリーを殺そうとしたのだが、エミリーは家に押し入った男を逆に殺してしまうのだった。しかもその男がデビッドでないことを知ったスティーヴンは…
 ヒッチコックの名作
『ダイヤルMを廻せ!』(1954)のリメイク作なのだが、何でわざわざリメイクする必要あったの?ひょっとして話題作りだけ?大体リメイクなのに話を悪くしてしまってどうする
 パルトロワは結構この役、はまってた気もするし、ハリウッドで一番情けない役が似合う男優ダグラスだけに、最初は渋くて段々情けなくなっていくスティーヴン役も悪くなかったんじゃないかな?でも、やはりオリジナルには及ばず。だし、何よりヒッチコックの作り上げた世界観をぶちこわしてくれた感じもある。
 
悪く言えば平凡。良く言っても見せ場が乏しい作品としか…結局の話、やっぱりリメイクの必要性が感じられないなあ。
チェーン・リアクション 1996
1996ゴールデン・ラズベリー最低主演男優賞(リーブス)

<amazon>
<楽天>
ジョシュ・フリードマン
J・F・ロートン
マイケル・ボートマン(脚)
キアヌ・リーヴス
モーガン・フリーマン
レイチェル・ワイズ
フレッド・ウォード
ケヴィン・ダン
ブライアン・コックス
ジョアンナ・キャシディ
ニコラス・ルドール
ツィ・マー
ディック・キューザック
クシシュトフ・ピチェンスキ
ネッド・シュミッケ
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 エディ(リーブス)は、バークレー博士の率いる科学プロジェクト・チームのメンバーとして石油に代わる画期的な新エネルギー発生装置“ソノ・ルミニッセンス”を開発する。水から核エネルギーを生むエネルギー源は、環境汚染に疲弊した世界にとって大きな福音であり、エネルギー革命だった。その研究の成果をバークレー博士は世界に向かって発信しようとするが、実験成功の打ち上げパーティの後、同僚を送って研究所に戻った彼はそこで何者かに殺された博士の死体を発見、おまけに研究所は爆破されてしまう。残ったエディと女性物理学者リリー(ワイズ)はFBIからその嫌疑をかけられ、追われる羽目となる。
 
予告編に騙された。非常に派手で見栄えがしたのだが、実際の映画では冒頭でその派手さを全部使い切ってしまい、後はごくごく普通のアクション映画になってしまった。友情と任務の板挟みになるフリーマンの役どころは結構面白くはあるのだが、それ以外取り立てて言うべきものはない。リーブスは『スピード』(1994)以来こういう役が多いのだが、この人にマッチョは似合わない。いい加減気づけよ。
逃亡者 1993
1993米アカデミー助演男優賞(ジョーンズ)、作品賞、撮影賞、作曲賞、音響効果編集賞、編集賞、録音賞
1993
英アカデミー音響賞、助演男優賞(ジョーンズ)
1993日本アカデミー外国作品賞
1993LA批評家協会助演男優賞(ジョーンズ)
1993ゴールデン・グローブ助演男優賞(ジョーンズ)、男優賞(フォード)、監督賞(デイヴィス)
1994MTVムービー・アワードアクション・シーン賞、コンビ賞(フォード&ジョーンズ)、作品賞、男優賞(フォード)

<amazon>
<楽天>
ジェブ・スチュアート
デヴィッド・トゥーヒー(脚)
ハリソン・フォード
トミー・リー・ジョーンズ
ジュリアン・ムーア
ジェローン・クラッベ
ジョー・パントリアーノ
アンドレアス・カツーラス
セーラ・ウォード
トム・ウッド
ダニエル・ローバック
L・スコット・コードウェル
ロン・ディーン
ミゲル・ニーニョ
ジェーン・リンチ
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 シカゴの外科医リチャード・キンブル(フォード)がある夜帰宅すると、家から逃げ出す片腕の男を目撃する。そして家の中では妻が何者かに襲われ、殺されていた。容疑者として逮捕されてしまうキンブルは裁判で死刑判決を受けてしまう。偶然にも護送車の事故で逃げ出したキンブルは、真犯人を捕まえるべく逃亡を開始する。一方、キンブルを追うサミュエル・ジェラード捜査官(ジョーンズ)は、執拗にキンブルを追う。
 1963年から4年にわたってアメリカで放映されたTVドラマ「逃亡者」。日本でも放映され、多くのファンを残した作品。アイキャッチの中で“THE FUGITIVE”と現れるのが特徴的な作品だった。物語としては極めて硬質。とにかくキンブル役のデヴィッド・ジャンセンが可哀想で観てられないのに、何故か観てしまうと言う、極めて高い演出力の作品だった。
「リチャード・キンブル。職業、医師。正しかるべき正義も時として盲る事がある。彼は身に覚えの無い妻殺しの罪で死刑を宣告され、護送の途中列車事故に遭って辛くも脱走した。孤独と絶望の逃亡生活が始まる。髪の色を変え、重労働に耐えながら、犯行現場から走り去った片腕の男を探し求める。彼は逃げる、執拗なジェラード警部の追跡をかわしながら。現在を、今夜を、そして明日を生きるために…」という矢島正明のナレーションも印象深い。
 そんな「逃亡者」の映画リメイク。ただ、TVシリーズに思い入れがある場合、キンブル役にハリソン・フォードを配する事によって、アクション主体になってしまったところがちょっと違和感を感じるし、何より何があろうと決して諦めないキンブルがタフすぎる。テンポも温めで、リメイクとしてはちょっと失敗と言った感じ。ただ、これを別物として観る場合、これはこれでありだろう。
 本作ではやっぱりハリソン・フォードよりもジェラード刑事役のジョーンズが突出して良い。「レ・ミゼラブル」のジャヴェールのような役回りなんだが、理詰めで捜査を行い、キンブルの言葉もしっかり聞いているところが絶妙な匙加減と言った感じだろう(実際長い下積み生活を送っていたトミー・リー・ジョーンズは本作でブレイク)。5年後に『追跡者』としてジェラードが主人公の作品が作られるのもむべなるかな。
 思い入れなく、一本のアクション映画として観る分には結構良質な作品だろう。
沈黙の戦艦 1992
1992米アカデミー音響効果編集賞、録音賞
1993MTVムービー・アワードアクションシーン賞(ヘリコプターの爆発シーン)

<amazon>
<楽天>
アーノン・ミルチャン
スティーヴン・セガール
スティーヴン・ルーサー(製)
J・F・ロートン(脚)
スティーヴン・セガール
トミー・リー・ジョーンズ
ゲイリー・ビューシイ
エリカ・エレニアック
パトリック・オニール
ニック・マンキューゾ
アンディ・ロマノ
デイル・ダイ
トム・ウッド
ダミアン・チャパ
トロイ・エヴァンス
グレン・モーシャワー
バーニー・ケイシー
レイモンド・クルツ
コルム・ミーニイ
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 戦艦ミズーリがテロリストによってシー・ジャックされた。彼らの狙いは艦に搭載されている核ミサイル。だが、そこには元海兵隊員エキスパートのケイシー・ラインバック(セガール)が乗り合わせていた。彼はたった一人でアメリカの敵に対し、孤独な戦いを挑む。
 この作品のお陰で殆どアップしていた
『ダイ・ハード3』の企画がお蔵入りになってしまったという(後に『ダイ・ハード3』(1995)は全く別な脚本で公開)曰く付きの映画(その脚本は結局『スピード2』(1997)で用いられることになる)。
 それにしても凄い映画だ。
 なにせテロリストが乗り込んだ戦艦に
偶然元海兵隊員がいて、偶然彼は自分をここまでの仕打ちをした国家に対し愛国心を持っていて、偶然ホットラインの回線を知っていて、偶然個人的に通信手段を持っている。そして偶然リーダーとしての素質が充分である…
 
日本のアニメでもここまでご都合主義な設定出しにくいと思う。
 コックが一人でテロリストと戦うと言うことだけを基礎知識として観た映画だったのだが、思い切り外された感じだった。
 なんせ主人公がコックである必要性が極めて少ないのである。そりゃ、台所用具を使ってトラップ仕掛けたりはしてるけど、物語の大半セガールは臨時の特務隊員と言った役柄だし、絶望的な状況とも見えない。
 
普通のアクション映画として観る分にはアクションシーンとか盛りだくさんで楽しいのだが、どうしても先行イメージを「裏切られた」と言う気になってしまい、それが尾を引いてしまった。
 私にとってはこの映画は評価が非常に低いのだが、もし、一つだけ。これをやってくれたら一気に評価が上がったはず。と言うシーンがある。
 最後のナイフ同士の鍔迫り合いで、
包丁を使ってくれていたら…惜しい。それさえあれば「良い映画」と言い切ってやるのに。

 

野獣捜査線 1985

<amazon>
<楽天>
マイケル・バトラー
デニス・シュリアック
マイク・グレイ(脚)
チャック・ノリス
ヘンリー・シルヴァ
バート・レムゼン
モリー・ヘイガン
ジョー・ガザルド
マイク・ジェノヴィーズ
デニス・ファリナ
ネイザン・デイヴィス
ラルフ・フーディ
アレン・ハミルトン
ロン・ヘンリクェズ
ロン・ディーン
ウィルバート・ブラッドリー
ジーン・バージ
ミゲル・ニーニョ
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ

ページトップへ