2019'02'21
『ファースト・マン』を観たけど、これは傑作(断言)

映画

読書

特撮

その他

スタジオの干渉 日常 仮面ライダージオウ 履歴
特撮事典 押井守 twitter
歴史 特撮名言 エッセイ
発売
DVD
Blu-ray
2018年ドラマ・アニメ
ウォーキングデッド
<A> <楽>
食べる女
<A> <楽>
億男(2018)
<A> <楽>
グリンチ
<A> <楽>
劇場版はいからさんが通る 後編~花の東京大ロマン~
<A> <楽>
ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-
<A> <楽>
おこしやす、ちとせちゃん
<A> <楽>
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
<A> <楽>
フィギュア
騎士竜戦隊リュウソウジャー リュウソウジャー最強竜装セット-DXリュウソウケン&リュウソウチェンジャー-
S.H.フィギュアーツ ウルトラマンゼロ
フィギュアライズスタンダード 仮面ライダージオウ 色分け済みプラモデル
S.H.フィギュアーツ ウルトラマンベリアル
押井
世界の半分を怒らせる (幻冬舎文庫)
<A> <楽>
やっぱり友だちはいらない。
<A> <楽>
GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 & イノセンス 4K ULTRA HD Blu-ray セット
<A> <楽>
シネマの神は細部に宿る
<A> <楽>
同人関係
WWF No.54 『ガールズ&パンツァー』という現象
<A>
WWF No.56 「2017年の風景」
<A>
WWF No.57 押井学会Vol.16「ゴースト・イン・ザ・シェルとその周辺」
<A>
国際リニアコライダーがわかる!
<A>
映画
スタジオの干渉
第1位 ファイト・クラブ 暴力シーンでのナレーターが目立つよう指示する
第2位 トレマーズ マイケル・グロスを起用するよう指示する
第3位 オズの魔法使 ファンタジックな描写はドロシーの夢であるとエンディングを変える
第4位 ジャッジ・ドレッド(2012) ピート・トラヴィス監督とアレックス・ガーランド監督によるコラボ
第5位 スクリーム4 オープニングの殺人シーンはスタジオの指示によるもの
第6位 スター・トレック/叛乱 ストーリー上の矛盾をスタジオが指摘する
第7位 バタフライ・エフェクト 敢えて中途半端な終わり方とした
第8位 バック・トゥ・ザ・フューチャー 2&3 続編を作る際、ゼメキス監督を最優先に考えた
第9位 スーパーマン2 予算を抑えた
第10位 マトリックス 当初ニューラルネットワークは人がこぞって遊ぶゲームだった
第11位 BEFORE DAWN ビフォア・ドーン 敵を中国から北朝鮮に変えた
第12位 マイアミ・バイス(2006) オリジナル版がテレビで放映されている
第13位 A Life of Her Own(1950) ハッピーエンドに変えさせる
第14位 パーフェクト・ゲッタウェイ ディレクターズ・カット版よりも劇場公開版の方が良かった
第15位 ドーン・オブ・ザ・デッド 139分のフィルムを119分にした
第16位 リーサル・ウェポン ラストシーンを書き直させる
第17位 デアデビル 少年の悲鳴を後回しにしてキスシーンを入れる
第18位 ジャッキー・コーガン 上映時間を短くした
第19位 断崖 ケイリー・グラントを犯人にしなかった
第20位 バッドサンタ コメディ色を強めた
第21位 ハロウィン2 カーペンターのプロットを用いる
第22位 サンタクローズ 本物の電話番号が出ていたのを削除した
第23位 コナン・ザ・グレート ユニバーサルが資金援助をしてくれた
第24位 ドッジボール 悪人は不幸に落ちるようにした
第25位 カリガリ博士 本来もっと悲惨なラストだった
第26位 ヒックとドラゴン 原作から物語を変えた
第27位 モンティ・パイソン ライフ・オブ・ブライアン 公開のためジョージ・ハリスンがスタジオを作った
第28位 ロード・オブ・ザ・リング 2本の映画を3部作にするよう指示した
第29位 プレデター ジャングルに向けて銃を撃つシーンを追加した
第30位 地獄の黙示録 スタジオの忍耐によって完成した
第31位 クラークス 救いのある結末に変えさせた
第32位 ファイナル・デスティネーション ラストの変更
第33位 ウォリアーズ 漫画本のシーンを削った
第34位 キャプテン・スーパーマーケット アッシュが現代に帰るよう変更した
第35位 アベンジャーズ キャストの集合と監督選定
第36位 リトルショップ・オブ・ホラーズ エンディングを変える
第37位 ドニー・ダーコ もっとコメディ寄りだった
第38位 三つ数えろ ボガートとバコールの間の化学変化を作りだした
第39位 エイリアン アッシュというキャラを入れた
第40位 カサブランカ 不倫で終わることを禁止した
40 movies actually made better by studio interference
読書
日常5
あらゐけいいち (検索) <amazon> <楽天>
 ついに漫画を応募することを決めたみおは祐子と麻衣に仕上げの手伝いを頼むのだが…他にクラスメイトの安中榛名や中之条剛ら、いつもの面々が不条理な出来事に遭遇したり、桜井先生に恋する高崎先生が桜井の弟に翻弄されたり。

 主人公三人組か博士となののエピソードは少々減り、その代わりにクラスメイトとか囲碁サッカー部の活動やら、訳の分からない物語が拡大中。
<A> <楽>
特撮
新規 レビュー 衝撃ゴウライガン!!全話 事典 衝撃ゴウライガン!!完了

仮面ライダージオウ

23話  卒業が罹っている追試にかかり切りのソウゴは勉強中に思わずうたた寝をしてしまうのだが、その夢では、人間はヒューマノイズという機械によって迫害されている世界だった。そんなソウゴが目覚めると、アナザーキカイというアナザーライダーが出現していた。
 敵はアナザーキカイ。2121年の仮面ライダーキカイのアナザーライダー。誰が呼び寄せたのかは不明なのだが、その力を欲したスウォルツによってウールが変化させられている。
 恐らく最後のフューチャリングの話で、2121年の仮面ライダーである仮面ライダーキカイと、そのアナザーライダーであるアナザーキカイが登場。
 ソウゴの夢を通してもう一つの世界の仮面ライダーと共に戦うという話。これまでにはなかったパターンの話。
 前回でジオウIIとなったソウゴはオーマジオウの力も使えるようになってる。今回観た仮面ライダーキカイの夢もおそらくはオーマジオウの使える予知夢。オーマジオウが現れるのが2068年だから、それ以降の話になってる。
 ソウゴの卒業をかけた勉強を優先させようと、久々にゲイツのツンデレが炸裂。むしろオーマジオウの力に危惧するのはツクヨミの役割になってしまった。
 今回はゲイツがファイズアーマーとゴーストアーマーに変身してる。
 仮面ライダーキカイ=レント役は入江甚儀。『キカイダーREBOOT』のジロー役だが、過去「仮面ライダー鎧武」でも客演している。今回の機械っぽいしゃべり方はまさにそのまんま。
VOL.6
<A> <楽>

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

51話  宿敵ザミーゴを倒したものの、ドグラニオの金庫から出られなくなったルパンレンジャー。一方、ドラグニオを倒して三人を救い出そうとするパトレンジャーだが、圧倒的なドラグニオの力に全く歯が立たない。
 敵はドラグニオ・ヤーブン。ルパンコレクションを封じられ、自身の力だけでパトレンジャーと戦うが、老いた肉体を維持するためにルパンコレクションを使っていたため、相当に弱体化していた。そしてカーゼミー。最後のルパンコレクションを持つギャングラー怪人。あっけなく倒されるために現れただけ。
 最終回。最初はザミーゴは倒したものの、それだけでは全く足りず、なんとかしてルパンレンジャーとパトレンジャーが合流しようとする。
 既に助かることを諦めたルパンレンジャーはたまたま手元にあったコレクション台帳でドグラニオの金庫の中にあったルパンコレクションを全部回収した。それによってドラグニオの力を全部剥ぎ取ったが、これはドラグニオを自分たちごとパトレンジャーに倒してもらおうとした。
 一方、その思いを受け止めたパトレン1号はドラグニオを無力化したが、殺さずに逮捕。
 パトレンXはビクトリーストライカーを用いることでスーパーパトレンXに、そしてサイレンストライカーを用いてパトレン1号はスーパーパトレン1号に二段変身した。どちらも初めての変身になるが、最終回でそれをやるのか。
 最終回だが、巨大戦がなし。グットクルカイザーも登場せず。最後はルパンレンジャーが消えたまま一年が経過したが、その間にルパンレンジャーは脱出していたというオチがついた。更にルパンレンジャーは魁利の兄たちによって二代目が登場。色々ひねったラストになった。
 ルパンレンジャーの最終的な目的は全てのルパンコレクションの回収。それはつまりパトレンジャーの装備まで全部奪わねばならない。そのためルパンレンジャーとパトレンジャーはこれからもライバル関係を続けていくらしい。
<グッドストライカーの同型機ジャックポットストライカーが
 物語としてすっきり終わってるけど、化けの皮にされた人間が戻らなかったというのがちょっと寂しいかな?>
DVD11
<A> <楽>

バットマン(2nd)

35話  ゴッタム・シティの店から多量の箱が盗まれた。脱獄したシャッポーの仕業と見た警察は早速バットマンに連絡を入れる。シャッポーが何を目的とするのかを調べるバットマンとロビンだが…
 第1期に登場したいかれシャッポー再登場。刑務所を脱獄してまで何をしたいのかというと、引退前にバットマンのマスクがほしいというものだった。随分慎ましい望みだが、一番難しい望みという気もする。
 シャッポーが何を仕掛けるのか分からないまま、パーティ会場で待ち受けるバットマンだが、いつの間にやらパイ投げ合戦になってしまい、てんやわんやの内に反撃を食って逃げられてしまう。
 その後、体に浴びた放射能を除去するために研究所を訪れたところで放射能を受けた方のマスクを奪われてしまい、そのままX光線照射器に放り込まれてしまった。
<放射能ガスを受けて何故かバットマンのマスクがピンク色になってしまった。放射能を受けたら変色するってどんなマスクだ?しかも放射能に冒されたマスクをかぶり続けている。この世界では放射能の扱いが雑すぎる。>
Blu-ray
<A> <楽>