2019'05'28
特撮館に特警ウインスペクターを追加。

映画

読書

特撮

その他

キングダム エス 魔進戦隊キラメイジャー 履歴
特撮事典 押井守 twitter
歴史 特撮名言 エッセイ
発売
DVD
Blu-ray
2020年ドラマ・アニメ
屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ
<A> <楽>
ヲタクに恋は難しい
<A> <楽>
グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~
<A> <楽>
Red
<A> <楽>
ARP Backstage Pass
<A> <楽>
異世界かるてっと
<A> <楽>
ID:INVADED イド:インヴェイデッド
<A> <楽>
ULTRAMAN
<A> <楽>
フィギュア
1/350 キングギドラ プラモデル
threezeroX 大山竜 バルタン星人
フィギュアライズスタンダード 仮面ライダー電王 ソードフォーム&プラットフォーム
スターエーストイズ 恐竜100万年 アロサウルス vs. トゥマク
押井
GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 & イノセンス 4K ULTRA HD Blu-ray セット
<A> <楽>
シネマの神は細部に宿る
<A> <楽>
押井守の人生のツボ
<A> <楽>
セラフィム 2億6661万3336の翼 《増補復刻版》
<A> <楽>
同人関係
WWF No.54 『ガールズ&パンツァー』という現象
<A>
WWF No.56 「2017年の風景」
<A>
WWF No.57 押井学会Vol.16「ゴースト・イン・ザ・シェルとその周辺」
<A>
国際リニアコライダーがわかる!
<A>
映画
キングダム(2019)
 春秋戦国時代。中国はいくつかの国が互いに争っていた。そんな中、最も西にある国である秦に暮らす二人の戦災孤児信と漂。二人は奴隷のような境遇から身を起こすためいつか成り上がって大将軍になることを誓い合っていた。そんな二人の前に秦の国の将軍昌文君が現れ、漂のみを軍に連れて帰っていった。それから数年が経ち、奴隷生活を送っている信(山﨑賢人)の元に漂(吉沢亮)が重傷を負って戻ってきた。死ぬ間際に漂は信にある場所に行くように言い、その後何者かに村は襲撃されてしまう。逃げ出した信が指定された場所に行くと、そこには漂そっくりの顔をした青年がいた。実はそれこそが秦の第一王子政(吉沢亮)と紹介される。そして実は漂は政の影武者として生きてきたという事実を知らされるのだった。王家の内紛で命を狙われているという政を助けるか、それとも突き出すか、その判断を強いられてしまう信。

 原泰久による息の長い漫画「キングダム」の実写映画化作品。わたしはあの絵柄が少々苦手だったこともあって冒頭部分しか読んでないし、アニメ版も観てないのだが、この辺りの話は昔読んだ中国の歴史やら陳舜臣の本などで概ね知っている。なるほどこれは秦の始皇帝の成り上がりの話か(チャン・イーモウ監督のHERO(2002)で、この少し後の政の姿が描かれている)。よくこの題材を選んだ。しかも難しい素材をこれだけ長くベストセラーにした著者の実力は認めざるを得ない。
 原作は大変長いものだが、この映画ではまず後の始皇帝となる政が秦の国王になるまで。そして主人公は政を助ける青年という役付けで。ストーリーとしては短いものだが、内容は詰まっているし、演出もきちんとしてる。
 本作の最大の売りは演出部分になる。基本的に設定は中華ファンタジーだが、ファンタジー性よりも歴史的事実に重きを置いているのが特徴。怪力を持つキャラクターとか結構出てくるけど、安易なCGやワイヤーアクションよりも人間同士の肉体そのものを用いた戦いに重点を置いたアクションは見事。これまで邦画が逃げてきた部分を真っ正面から描いて見せたのは評価できるだろう。
 一見派手だが、役者の努力にかなりを負っており、限られた予算の中でも最大限の効果を上げるべく頑張ったのが見える。
 あと、山﨑賢人がよく動くのにも感心した。これまで何作か出演作は観てきたが、顔の良さを売り物にするものが大半のため、これまでアクションはそんなに得意ではないのかと思っていたが、アクション俳優としてこんなに動けるのかと見直した。他の俳優の動きはともかく、主役を観るだけで充分。

 思った以上に地に足が付いた作品だし、メリハリも付いてる。近年の邦画の中で、しかも原作突きの作品の中ではかなり良く作られた作品と言えるだろう。
 そこまで言いつつ、点数があまり伸びてないのは、もっとファンタジックな作品を期待していたのと、特撮が弱かったからという個人的な好みの問題
読書
エス
鈴木光司 (検索) <amazon> <楽天>
 映像制作会社勤めの安藤孝則と高校教師の丸山茜は交際の末、子どもができて結婚の用意を始めていた。だがそんな時孝則は会社の社長から預かったUSBに入っていた映像を見せられる。それは何者かが首を吊る一種のショック動画なのだが、何故か再生する度に少しずつ映像が変化していた。更にその映像を茜が見てしまったことから二人の生活に影が忍び寄る。

 「リング」シリーズの一本となる作品で、「ループ」でやり残したことの精算を行ったといった感じ。見過ごせないアラがいくつも見つかるとは言え、ぐいぐい読ませる文章力は健在。
 「リング」「らせん」は純粋なホラー作品だったが、その後の「ループ」でホラーから脱却。本作もタッチこそホラーだけどむしろメタ小説と言った感じ。
<A> <楽>
特撮
新規 レビュー 特警ウインスペクター全話 事典 特捜ウインスペクター事典完了

仮面ライダーゼロワン

37話  惑星ゼアで記憶の混乱を起こしているイズにラーニングを続ける或人。今回は飛電インテリジェンスとザイアインテリジェンスの五番勝負について。
 第2回目の総集編。
 今回も総集編で展開する。ヒューマギアのシンギュラリティと自発的な暴走についても出ている。そういえば人間にレイドライザーを配っていたのは亡であったことが分かったが、それって亡のチップを埋め込んだ諌の仕業だったのか。
 メタルクラスタホッパーとなったゼロワンのコントロールを取り戻すためにはヒューマギアの善意のプログラムを結集させたとされるが、なんかそれだけではないような気がしてきた。

 今回イズが故障したのは全てアークの差し金で、これまでラーニングしたものをアークにフィードバックしていたという。そして最後に現れる黒い仮面ライダー。
VOL.6
<A> <楽>

魔進戦隊キラメイジャー

12話  充瑠がキラメイジャーとなったエピソードを他の四人のメンバーから見た視点で描き直す話。実はこれが最初のキラメイジャーの実戦であり、そこに充瑠が乱入したという事になる。
 これも新型コロナウイルスの蔓延による緊急事態宣言を受けての話で、これからしばらく苦労して苦労して作る事になりそうである。
VOL.2
<A> <楽>

ザ・ボーイズ(1st)

3話  トランスルーセントを殺害したヒューイはショック状態のまま家に帰る。一方アニーはセブンの一員スターライトとして露出の高い服を着るよう強要される。

 殺せないはずのヒーローを殺せたのは僥倖だが、それによってもう元の生活に戻ることができなくなった。これからザ・ボーイズの一員として生きるしかなくなった。家を出る時に父親とも決別するが、哀しい別れとなっている。ただトランスルーセントを殺した時に高揚感を覚えたとも漏らしていた。
 ザ・ボーイズは更にもう一人のメンバーとしてマザーズミルクを加えて、今度はAトレインを狙う。そのためにAトレインの恋人ポップクロウの盗聴を開始する。そこで初めてコンパウンドVという薬品の名前が分かる。ヒューイの恋人ロビンを殺した時にもそれを服用中だった。
 一方、ヒーローとしての振る舞いを強要されるアニー。意に沿わない意匠を強要されているが、それもマーケティングのためと言われて嫌々従ってるが、どんどんストレスが溜まってる。こんな時にヒューイと再会して、少しだけ会話もしているが、ヒューイに対しては愚痴が言える。
 ホームランダーのヒーロー活動が描かれるが、強すぎるために何もかもあっという間。ただ強さのあまりに犯人とかは簡単に殺してしまってる。ヴィランとヒーローの差ってなんだろうな?
<Aトレインのスピード勝負はトラックを使っているが、これだと遠心力で体が吹っ飛ばないだろうか?
 コンパウンドVを服用したポップクロウの性行シーンあり。かなりグロで、尻で男の頭を押しつぶしてしまった。脳味噌がぐちゃっと出てくるシーンまであり。>

ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA

12話  量子分解してクイーンベゼルブと一体化したサイキは、この姿のまま宇宙を作り替えてしまおうとする。それに対しオーブに加え地球にいるウルトラマンのガイアとアグル、そして駆けつけたダイナとコスモスが参戦する。

 敵は宇宙悪魔サイクイーン宇宙悪魔ベゼルブ。他にクグツ化された凶暴怪獣アーストロンと一角超獣バキシムが登場してる。
 前半はここまでに登場した四人のウルトラマンを加えて五人のウルトラマンで戦うと言う話。それは燃える展開ではあるものの少々月並み。オーブとコスモスの方が暴走しかけてる戦神にかかりきりになってるのだけが特徴的か。
 ただしオーブとコスモス二人の解毒光線では全く間に合わなかった。
 一方では森脇翔平が命の樹の実を得てアマテを正気に戻そうとしている。命の樹には実が成っていたが、それは輝きを失っていた。その輝きを取り戻すためにどうするかを考えるのがもう一つのメイン。思いの強さで解決するため、やや単純っぽい。もう一波乱ほしかったところ。
 サイキの考えでは、宇宙が乱れる時にクイーンベゼルブが現れるのは知的生命体をクグツ化して平和な世界を作るためだったが、ガイは「それでは何故クグツを解毒できる命の樹があるのか」と逆に問いかける。答えは出てないが、それは知的生命体の自由意志を尊重するというメッセージと受け取っている。
<ガイアとアグルも最後はこの地球を去って行く。やっぱりここは「ウルトラマンガイア」の世界ではなかったか。そして勿論ここは「ウルトラマンオーブ」の世界でもなかった。>
ORIGIN SAGA
VOL.2
<A>
Blu-ray