2019'04'18
スパイダーマン:スパイダーバース(2018)レビュー投入。

映画

読書

特撮

その他

スパイダーバース うちのトイプー 騎士竜戦隊リュウソウジャー 履歴
特撮事典 押井守 twitter
歴史 特撮名言 エッセイ
発売
DVD
Blu-ray
2019年ドラマ・アニメ
jam
<A> <楽>
劇場版ウルトラマンR/B セレクト! 絆のクリスタル
<A> <楽>
江戸前の旬
<A> <楽>
仮面ライダー響鬼 THE MOVIE コンプリートBlu-ray
<A> <楽>
賢者の孫
<A> <楽>
からくりサーカス
<A> <楽>
ジブリがいっぱいSPECIAL ショートショート 1992-2016
<A> <楽>
あかねさす少女
<A> <楽>
フィギュア
ファインクローバー STRONG STYLE SOFVI SERIES 電光超人グリッドマン
S.H.フィギュアーツ ウルトラマンベリアル
フィギュアライズスタンダード 仮面ライダーエグゼイド アクションゲーマー レベル2 色分け済みプラモデル
フィギュアライズスタンダード ULTRAMAN(ウルトラマン) ULTRAMAN SUIT A
押井
世界の半分を怒らせる (幻冬舎文庫)
<A> <楽>
やっぱり友だちはいらない。
<A> <楽>
GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 & イノセンス 4K ULTRA HD Blu-ray セット
<A> <楽>
シネマの神は細部に宿る
<A> <楽>
同人関係
WWF No.54 『ガールズ&パンツァー』という現象
<A>
WWF No.56 「2017年の風景」
<A>
WWF No.57 押井学会Vol.16「ゴースト・イン・ザ・シェルとその周辺」
<A>
国際リニアコライダーがわかる!
<A>
映画
スパイダーマン:スパイダーバース(2018)
 ブルックリンのエリート高校に通うマイルス・モラレスは堅苦しい寮を抜け出して叔父のアーロンと夜の散策を楽しんでいた。そんなアーロンに案内された地下で蜘蛛に噛まれてしまったことによって、マイルスは超感覚を手に入れてしまう。その力に戸惑うマイルスだが、ブルックリンのヒーロー、スパイダーマンと偶然出会い、同じ感覚を持っていることに気づくのだが、マイルスの目の前でスパイダーマンは殺されてしまった。スパイダーマンが死んだ責任を感じるマイルスだが、何故か別なスパイダーマンが目の前に現れてしまう…
 コミック原作から始まり、これまでいくつものメディアで作られてきた「スパイダーマン」。映画だけでも近年三つのシリーズ作品が作られたが、それぞれの作品では微妙に(あるいは大幅に)設定が異なる。更に原作のコミックもいくつもの派生が出来て、10を越える別のストーリーが同時に存在するというややこしい状態になってる。主人公もピーター・パーカーである場合が多いが、性格や背景や時代なども全部異なるし、作品によっては主人公自体も変わったりする。
 そのために相当ややこしくなってるのだが、2014年に一つの企画としてマーベルコミック誌上で、いろんなスパイダーマンを一堂に会して物語を作ろうという企画が持ち上がった。オリジナルのスパイダーマン(アース616という時空軸)を主人公にして、これまで登場した様々なスパイダーマンが時空のゆがみで同じ世界に入り込むというもの(ちなみに日本で作られた東映版「スパイダーマン」はアース51778の時空軸になる)。
 これによってストーリーを収束させようという意図もあったようだが、結果として「スパイダーバース」自体が様々な別な時間軸で展開するようになり、更にこの企画で生まれた新しいスパイダーマンのスピンオフまで作られるようになって、ますます収拾が付かなくなったというオチもついてる。
 その企画から映画化に流れたのが本作。原作とは異なり本来の時間軸であるアース616とは異なるアース1610の時空軸の物語で、二代目スパイダーマンとなったマイルス・モラレスが主人公の作品となっている。

 現在トム・ホランドがピーターを演じてる『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)とスパイダーマンのライバルキャラヴェノムを主人公とした『ヴェノム』(2018)という二つのシリーズが続いているが、そこに更に新しいシリーズを前提に作られた。興行収入としても大ヒットしたので、本作もシリーズとなることは間違いなかろう。

 背後にある設定はかなりごちゃごちゃしてるが、そんなことを考えるよりも、たくさんのスパイダーマンが登場するのを素直に楽しむべき作品だろう。
 マイルス以外で本作に登場するのは、アース616とはほんのちょっと性格が異なったためにヒーローとして失敗してしまったまま歳を食ってしまったピーター・B・パーカーのスパイダーマン。ピーターではなく恋人のグウェン
『アメイジング・スパイダーマン』(2012)でのヒロイン)が蜘蛛に噛まれて誕生したスパイダー・グウェン、フィルム・ノワールの世界観の中で活躍しているスパイダー・ノアール、未来の時間軸でSP//dr というパワードスーツを駆使するペニー・パーカー、コミック世界から現れた不死身のヒーロー、スパイダーハムという5人。
 基本的に物語に関わるのはピーター・B・パーカーとグウェンの二人がメインだが、そうやって絞ったのは正解。登場キャラが多い割に物語がとてもすっきりしてる。
 物語もかなり単純で、主人公を思春期の少年にして、揺れる心に悩みつつ、自らのアイデンティティを確立していくというオーソドックスなビルドゥングスロマンになってるが、この物語にはそれこそが重要。ぴったりはまった物語ともなってる。

 で、これは絶対に言わねばならないことだが、本作の演出は本当に見事。

 ヒーロー作品は元々大部分はアニメーションで作られていたが、それは演出面で実写では出来ない事を行えることからだった。現在でもテレビの方ではヒーローものはアニメの方が優位に立つが、映画に関しては既に実写でそれが出来るようになってしまった。それならばアニメーションの優位とはどこにあるのか?と考えてみると、爽快な演出面以外の部分となる。
 そこで本作の出した回答は、二次元アニメと三次元アニメの融合である。これはこれまでにも挑戦した作品は数多くあるが、その中で最も上手くはまったのが本作だろう。主人公モラレスを含め大部分のキャラは3Dで描かれるのだが、スパイダーハムとペニー・パーカーは2D風味。3Dの上に2Dが乗ってるのを無理矢理ではなく出来るだけ自然に作っていて、更にスパイダー・ノワールは完全なモノクロームキャラ。彼らを自然に映すためには相当細かい作業が必要になる。その努力に敬意を表したい。この三人があまりたくさん出てないのは、それが一番作業量多いからなんだろう。
読書
うちのトイプーがアイドルすぎる。
道雪葵 (検索) <amazon> <楽天>
 10年前に家にきたトイプードルの赤ちゃん。家族にも懐かず、動物嫌いの著者も敬遠気味だったが、気がつくと家族の一員として、我が家のアイドルとして君臨するようになっていた。そんな犬と家族の日常を描くエッセイ的漫画。

 このところSNSで描かれた漫画が単行本化されることが多く、結構な数の単行本を買ってたりするのだが、これもその一冊。だいぶ前から著者はTwitterでフォローしていて、買う予定はなかったのだが、連れ合いにTwitter見せたら全部読みたいと言われて購入。
 一見手早く描かれたようでもあるが、トイプーのあるあるネタが満載で楽しい。
<A> <楽>
特撮
新規 レビュー ウルトラファイト全話 事典 ウルトラファイト完了

仮面ライダージオウ

31話  10年以上前に停止されたG3ユニット実験が主任となった御室によって再開された。ところが実験を始めた途端、何者かによって襲撃を受けてしまう。そのニュースを聞いたソウゴとゲイツとウォズは演習場へと向かう。
 敵はアナザーアギト「仮面ライダーアギト」に登場したアナザーアギトそのもの。人間を媒介に増殖することが出来る。
 「仮面ライダーアギト」編。登場するのは主人公の津上彰一と風谷真魚と今やG3の主任となった御室。今回も過去編になるのだが、今回も時を超えることなく、現代まで生き残ってきた仮面ライダーのアナザーライダーを作っている。
 これまでマスコット的な存在だったツクヨミにも何か重要な過去があるらしい。今回発覚したのは、レジスタンスに加わった時には既に記憶を失っていたと言うことで、タイムジャッカーと同じく時を止める能力を持つ。
 今回も「アギト」のオリジナルメンバーが登場してるが、考えてみると、他のライダー二人は出しにくい人になってしまった。真魚役の秋山莉奈は「仮面ライダー電王」以来か?
 今回の変身はジオウトリニティだが、変身して戦おうとした途端、ウォズが肉体をコントロールし、いちいち口上を述べている。良い味のキャラだ。
<アナザーアギトを既存の着ぐるみを使うとか、そろそろ予算の関係だろうか?
 アナザーアギトに噛まれた人間はアナザーアギトになるのだが、変化するのは顔と手だけ。お手軽な変身だこと。
 ソウゴがネットで検索した際、検索エンジンはQooq-lueというもの。まあ、いいか。
 多数のアナザーアギト出てるのだから、味方の方もタスで戦った方が効率良いのにトリニティになる必要がある?逆じゃないのか…と思ったらゲイツが全く同じツッコミやってた。>
VOL.7
<A> <楽>

騎士竜戦隊リュウソウジャー

5話  ういからマイナソーはどうやって生み出されるのかを聞き出したリュウソウジャーは、キーパーソンはクレオンであることを知る。クレオン探しの中、トワは捨て犬保護司の柊早苗と知り合う。
 敵はケルベロスマイナソー。捨て犬の保護司柊早苗から生み出されたマイナソー。腹部に大きな狼のような顔があり、その牙から猛毒を発する。そしてタンクジョー。地震エネルギーを吸収して巨大化も出来るようになった。一度キシリュウオーミルニードルに倒されたが、すぐに復活する。
 前話のトワに続き、バンバの騎士竜が現れる話。キシリュウオーも新しい形態になったが、未だ五人全員の合体は見られてない。結構時間がかかってる。
 トワの方は既にリュウソウジャーの仲間になることを決めているが、バンバの方は自分の考えに固執しており、まだ全然デレてない。
 ケルベロスマイナソーに噛まれてしまったトワは重傷を負ってしまった。戦隊ものでは敵が倒れれば毒も消えることが多いが、今回は毒も残ってる。
<ミルニードルはアンキロサウルスがベース?のんびり歩いてるけど、随分スムーズに合流出来たな。>
VOL.1
<A> <楽>

バットマン(2nd)

42話  白昼堂々ペンギンの手下が現金輸送車を襲っているのを目撃したバットマンとロビンはすぐさま手下達をのしてしまうのだが、それは実は映画のロケで、バットマンは逆にペンギンによって訴えられてしまった。訴えを取り下げるためにはバットマンに自分の映画に出演しろと強要され、仕方なく了承するバットマン。
 ペンギン編前編。今回は映画を作ることにして、裏で莫大な富を得ようとし、更にバットマンを片付けようと考えてる。そこでペンギンはダイヤの女王と手を組み、二人でバットマンを陥れようとしている。
 ダイヤモンドの女王は伯母のヒルダに媚薬を作らせ、それを唇に塗ってバットマンとキスシーンを演じたが、薬の量が少なかったために失敗。珍しいキスシーンだった。
 その後、撮影にかこつけて本物の剣を持ったローマ兵に襲わせるがこれも失敗(ローマ兵はちゃんとグラディエーター持ってるのが細かい)。
 最後にペンギンはローマ式カタパルトにバットマンとロビンを縛り付け、そこに火を付けた。
 ハリエット伯母さんは映画倫理委員会の職員でもあることが分かった。
<映画の撮影でバットマンとダイヤモンドの女王のキスシーンもある。この手の作品では珍しい。
 ペンギンカーが登場。オモチャのようなゴーカートだが、1期では強奪したバットマンカーのことだった。>
Blu-ray
<A> <楽>

仮面ライダーアマゾンズ(2nd)

8話  過去鷹山仁と水澤悠に何があったのか、二人の軌跡を描きつつ、いかにして千翼が生まれたかが語られる。その上で、仁は何故千翼に会いに来たのかを伝える。
 前回ラストで千翼の前に現れた鷹山仁は、これまで独自にアマゾン狩りを続けてきたことを語り、その度ごとに水澤悠と戦い続けてきたことが語られる。アマゾン細胞を作ってしまったことの後悔から、自分一人でアマゾンを根絶やしにするという意思は今も持っているが、既に身体はぼろぼろで死にかけている。
 そして正気を失ったまま泉七羽と交わり、その結果生まれたのが千翼だったことが分かった。
 そんな仁を殺しきれない水澤悠は他のアマゾンから疎まれ、結果としてアマゾンの群れから離れずにはいられなかったことも同時に分かる。
 イユの父星埜始は仁の大学の先生だったが、仁から七羽を託された際、仁の血液を浴びてしまっていた。つまりこの話でアマゾンになったのは、仁に責任があったことになる。救いがたい物語だな。
 更に生まれた千翼は一気に成長するが、その中で母親の七羽を噛んでしまったという描写もあり。溶原性細胞を持つ千翼のことだから、七羽もアマゾン化してる可能性が出てきた。
BD
<A> <楽>