MOVIETOP

エミリオ・エステヴェス
Emilio Estevez

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006 ボビー 監督
アーサーとミニモイの不思議な国 出演
2005 ザ・L.A.ライオット・ショー 出演
2004 CSI:NY(1st)<TV> 監督
2003
2002 ザ・ホワイトハウス(4th)<TV> 出演
2001
2000 キング オブ ポルノ 監督・出演
1999
1998 アンラッキー・ナイト/災難がいっぱい! 出演
ワイルド・ウエスタン 荒野の二丁拳銃 出演
1997
1996 THE WAR/戦場の記憶 監督・製作・出演
D3/マイティダックス 出演
ミッション:インポッシブル 出演
1995
1994 ザ・ジャーキー・ボーイズ/いたずら電話大作戦 製作総指揮
D2/マイティ・ダック 出演
1993 張り込みプラス 出演
ジャッジメント・ナイト 出演
ローデッド・ウェポン1 出演
1992 飛べないアヒル 出演
フリージャック 出演
1991
1990 メン・アット・ワーク 監督・脚本・出演
ヤングガン2 出演
1989 ナイトブレーカー 出演
1988 ハートにびんびん火をつけて 出演
ヤングガン 出演
1987 張り込み 出演
1986 ウィズダム/夢のかけら 監督・脚本・出演
地獄のデビル・トラック 出演
1985 BAD/傷だらけの疾走 脚本・出演
ブレックファスト・クラブ 出演
セント・エルモス・ファイアー 出演
1984 レポマン 出演
1983 デビルゾーン 出演
アウトサイダー 出演
1982 ハートブレイカー 出演
テックス 出演
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962 5'12 ニューヨークで誕生

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

ボビー 2006
2006ゴールデン・グローブ作品賞、歌曲賞
2006放送映画批評家協会歌曲賞

<amazon>
<楽天>
エドワード・バス
ホリー・ウィーアズマ
ミシェル・リトヴァク
ダニエル・グロドニック
アンソニー・ホプキンス
ゲイリー・マイケル・ウォルターズ(製)
エミリオ・エステヴェス(脚)
アンソニー・ホプキンス
デミ・ムーア
シャロン・ストーン
ハリー・ベラフォンテ
ジョイ・ブライアント
ニック・キャノン
エミリオ・エステヴェス
ローレンス・フィッシュバーン
ブライアン・ジェラティ
ヘザー・グレアム
ヘレン・ハント
ジョシュア・ジャクソン
デヴィッド・クラムホルツ
アシュトン・カッチャー
シャイア・ラブーフ
リンジー・ローハン
ウィリアム・H・メイシー
スヴェトラーナ・メトキナ
フレディ・ロドリゲス
マーティン・シーン
クリスチャン・スレイター
ジェイコブ・バルガス
メアリー・エリザベス・ウィンステッド
イライジャ・ウッド
★★★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 1968年6月5日、カリフォルニア州の予備選が行われた。その夜、アンバサダーホテルでロバート=F=ケネディの勝利宣言が行われようとしていた。そのためアナバサダーホテルはてんやわんやの大騒ぎ。選挙活動中の学生達はマイノリティ支持を鮮明にしているケネディ勝利のために活動中。厨房ではメキシコ移民のホセ(ロドリゲス)とミゲル(ヴァルガス)が厨房頭のロビンソン(フィッシュバーン)に怒鳴られ、その総責任者のティモンズ(スレイター)が支配人のエバース(メイシー)から解雇処分を受けており、そのエバースは妻のミリアム(ストーン)の目を盗んで情事の真っ最中。兵役逃れのためにこの日、好きでもない同級生と結婚しようとするエイヴァリー(ウッド)。ナイトショウのためにやってきたが、ストレスで飲んだくれている歌手のヴァージニア(ムーア)と、彼女を心配する夫のティム(エステヴェス)。親子ほどの年齢が離れているスティーヴンス(シーン)とサマンサ(ハント)は心のすれ違いをこの旅行で癒そうとしている。そしてロビーではかつてアンバサダーホテルのドアマンを長く勤めていたケイシー(ホプキンス)とネルソン(ベラフォンテ)がチェスに興じる…事件が起こる、その夜までの出来事を描いた群像劇。
 かつてブラット・パック(悪ガキ)と呼ばれた若手俳優の一人(この中には弟のチャーリー=シーンやトム=クルーズもいる細かくは『アウトサイダー』(1983)および『ランブルフィッシュ』(1983)を参照のこと)エミリオ=エステヴェスの監督作品。この人はその中ではそこそこ成功した方だと思うのだが、最近は活躍の場をテレビドラマの方に移しており、あんまり見かけなくなってしまった。そんな人が監督?正直あんまり期待はしてなかったのだが、何せこれだけの一流俳優を一堂に会した作品。一応抑えておかないと。という思いで劇場へ。
 作品そのものはモロに『グランド・ホテル』(1932)そのまんまの群像劇。豪華俳優を配する方法も、物語を時間軸に沿ってザッピングしていく方法も同じで、明らかに引用したと思われる箇所もいくつかあり。だけど、何せキャラクタが凄すぎるため、
その芸達者ぶりを観てるだけでも、映画好きには至福の瞬間
 これはホテルにとって特別な一日を描くのだが、後半に至るまではなんということはない。いつもの生活の延長と言った感じの物語が展開していく。その中、1968年という時代に起こっている出来事や、その当時のアメリカ国内の影響なども巧みに取り込んで魅せてくれる。この年はアメリカでもかなりの混乱期にあった。
ヴェトナム戦争は泥沼状態に陥り、次々に戦死報告が運ばれて反戦が叫ばれていたし、そのプレッシャーの中で若者は麻薬の陶酔による自己啓発へと傾倒していくヒッピー文化が台頭していた。旧来のアメリカのフロンティア精神そのものが否定されようとしていた時期でもあった(そのままこれは映画の混乱でもあり、この年の映画を並べていくだけでも実に興味深いものがある)。当時の熱気がそのまま再現されたような作りは大変面白い(ちなみに私の生まれはこの年でもあるんだが)。昨年のオスカーを得た『クラッシュ』(2005)は現代をテーマに取った群像劇なので、見比べてみると面白い。
 だが、本作の主要テーマは単に当時の雰囲気を出そうとしていることだけではない。それよりもっと重要な事。
映画が一貫して持ち続けてきた、時代への警告そのものが本当のテーマであると思われる。
 映画人にはリベラリストが多いが、特に最近ハリウッド映画も保守化が進んできて、この手の作品はどんどんインディーズ化してきた。そこで本作が登場したのは大きな快挙であろう。そもそも大人社会への反抗を標榜してきたブラット・パックの面目躍如。この年になってもちゃんと反抗心を持ち続けてくれたエステヴェスに拍手を送りたい。こんな尖ってる人が今もちゃんといて、きちんとした作品を作ってくれることが嬉しい。
 そもそもこれだけの豪華キャストが格安で大挙して登場するのは、彼らも又その思いが強かったからなのではないだろうか。
 映画って言うのは、どこかに社会に対し警告を持っていて欲しいと思っている私の好みにも見事に合致。ちょっとばかし主張がくどすぎるのもご愛敬か?

 非常に優れた作品ではあるのだが、ラスト30分のトーンが変わりすぎるのと、そこまでに至る登場人物の関わりがもう少しあって然りだったのでは?と思うと、ちょっとだけ勿体なかった。これだけの芸達者がいるんだから、もうちょっと心にずきっとくる描写があっても良かったかも。全てがラストで収束するとしても、それだけで終わらせるには勿体ない。それにザッピングの仕方が非常に巧かった『クラッシュ』を途中で思い出してしまい、あのレベルまでは行かなかったことで、少々減点。

ページトップへ