MOVIETOP

アレックス・カーツマン
Alex Kurtzman

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)
2018
2017 ザ・マミー 呪われた砂漠の王女 監督・製作
2016
2015
2014
2013
2012
2011 カウボーイ&エイリアン 製作・脚本
2010
Hawaii Five-0(1st~)
<A> <楽> 製作総指揮・脚本
2009 トランスフォーマー リベンジ 脚本
スター・トレック 製作・脚本
2008 イーグル・アイ 製作
FRINGE/フリンジ(1st~5th)
<A> <楽> 製作総指揮・脚本
wiki
2007 トランスフォーマー 脚本
2006 M:i:III 脚本
2005 レジェンド・オブ・ゾロ 脚本
アイランド 脚本
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973 9'7 カリフォルニア州ロサンジェルスで誕生

ページトップへ

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女 2017
2017ゴールデン・ラズベリー最低主演男優賞(クルーズ)、最低作品賞、最低監督賞、最低助演男優賞(クロウ)、最低助演女優賞(ブテラ)、最低脚本賞、最低リメイク・盗作・続編賞
<A> <楽>
アレックス・カーツマン
クリス・モーガン
ショーン・ダニエル
ジェブ・ブロディ
ロベルト・オーチー(製)
デヴィッド・コープ
クリストファー・マッカリー
ディラン・カスマン(脚)
トム・クルーズ
アナベル・ウォーリス
ソフィア・ブテラ
ジェイク・ジョンソン
コートニー・B・ヴァンス
マーワン・ケンザリ
ラッセル・クロウ
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 アメリカ軍によるイラク反乱軍掃討作戦が行われていた。そんな中、空爆で開いた穴から遺跡を発見したニック・モートン(クルーズ)は、これで一儲けを考えるが、軍紀違反気味のニックを見張っていたグリーンウェイ中佐(ヴァンス)に見つかり、遺跡に眠る石棺はバグダッドに送られることととなる。石棺を調査するジェニー・ハルジー博士(ウォーリス)と共に護衛任務に付けられたニックだが…
 近年クロスオーバー作品が多く作られるようになってきた。有名なものはなんと言ってもマーベルのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)で、単独で主演映画を作れるキャラが一堂に会して協力して戦うと言う『アベンジャーズ』(2012)のヒットは記憶に新しい。他にもDCとかX-MEN、レジェンダリーとかも自社作品の共通した世界観の作品を作っていおり、2010年代の映画の潮流と言っても良い。そこにモンスター映画の老舗であるユニヴァーサルが殴り込みをかけたのが本作となった。
 ユニヴァーサルと言えば、古くからモンスター映画を多数作っており、ドラキュラ、狼男、フランケンシュタインの怪物、半魚人、透明人間、ミイラ男など、多彩に渡るラインナップが魅力。その実力を見せてやると言わんばかりだ。

 第一作となった本作は力が入っている。主役にトム・クルーズを出しただけでなく、シリーズを通して関わるキャラとしてラッセル・クロウを登場させたりして、世界観を広げるべく努力しているのが分かる。
 そして本作を皮切りに、ユニヴァーサルの伝統、フランケンシュタイン、ドラキュラ、狼男、透明人間を次々にリリースする予定だったという。

 …ただし、それらは全て「予定」で終わってしまった。

 簡単な話。本作が
思いっきりコケたからである

 クロスオーバーという気宇壮大な開始だっただけに、こんな尻切れトンボで終わったのはとてもい残念だが、制作側が明らかに理解してなかったのが問題だ。この辺『ヴァン・ヘルシング』(2004)の時から全く変わってない。

 キャラクターや背後にいくら力を入れても、肝心の作品が全く面白くないのが致命的。
 この面白く無さというのは、演出とかキャラの問題ではない。テーマとなった
ミイラ人間に対する全くの愛情不足である。
 ホラーやSFのリメイクで何が一番重要かと言われると、いろんな子と挙げられるだろうが、その中心に“作品に対する愛情”というのがあるはずである。事実この年、デル・トロが『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)でオスカーを得たのは、デル・トロが半魚人作品をこよなく愛していたから。それが原動力になっていたからこそ、芸術的な高みにまで上れたのだ。
 対して本作におけるミイラ人間の必然性とは何だろう?と考えると、単純に古代の遺跡から出てきたキャラというだけ。『ハムナプトラ』(1999)もそうだし、前年に作られた『X-MEN:アポカリプス』(2016)の女性版でも全く違和感なし。
 ミイラ人間を本作でしか描けない唯一無二の存在として描けていれば救いがあったが、どんな作品でも交換可能な上、一番重要なハートを失って作られてしまった。
 おかげで全く魅力がなくなってしまった。

 少なくとも、私に関しては楽しめる部分が一切見つからない。

 思い入れもない、愛もない、あるのは有名俳優だけ。スッカスカな作品である。

ページトップへ