MOVIETOP

エリア・カザン
Elia Kazan

<amazon>
<楽天>
鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
著作
エリア・カザン自伝〈上〉(書籍) <下>(書籍)

_(書籍)
2003 9'28 死去
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996
1995
1994
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976 ラスト・タイクーン 監督
1975
1974
1973
1972 突然の訪問者 監督
1971
1970
1969 アレンジメント/愛の旋律 監督・製作・原作・脚本
1968
1967
1966
1965
1964
1963 アメリカ アメリカ 監督・製作・脚本
1962
1961 草原の輝き 監督・製作
1960 荒れ狂う河 監督・製作
1959
1958
1957 群衆の中の一つの顔 監督・製作
1956 ベビイドール 監督
1955
1954 波止場 監督
エデンの東 監督
1953 綱渡りの男 監督
1952 革命児サパタ 監督
1951 欲望という名の電車 監督
1950 暗黒の恐怖 監督
1949
1948
1947 大草原 監督
紳士協定 監督
影なき殺人 監督
1946
1945 ブルックリン横丁 監督
1944
1943
1942
1941
1940 栄光の都 出演
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931
1930
1929
1928
1927
1926
1925
1924
1923
1922
1921
1920
1919
1918
1917
1916
1915
1914
1913
1912
1911
1910
1909 9'7 コンスタンティノープルで誕生

ページトップへ

タイトル

<amazon>まだ
<楽天>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

ラスト・タイクーン 1976
1976アカデミー美術監督・装置賞

<amazon>
<楽天>
ハロルド・ピンター(脚)
ロバート・デ・ニーロ
トニー・カーティス
ロバート・ミッチャム
ジャンヌ・モロー
ジャック・ニコルソン
ドナルド・プレザンス
ダナ・アンドリュース
アンジェリカ・ヒューストン
テレサ・ラッセル
ジョン・キャラダイン
シーモア・カッセル
ジェフ・コーリイ
物語 人物 演出 設定 思い入れ
ラスト・タイクーン(書籍)F・スコット・フィッツジェラルド
 ハリウッドの大手映画会社インターナショナル・ワールドの若き役製作部長スター(デ・ニーロ)は野心家で会社役員の目には傲岸な態度を崩さないが、役者や監督に対しては細やかな気配りをして、更に時流を見る目も確かなため、次々と傑作をものにしていた。そんな彼が大きなプロジェクトでの映画撮影を視察中、今は亡き妻に生き写しの女性キャスリン(ボルティング)と出会った。既に婚約しているというキャスリンを諦めたくはなく、しかし自分の権力を使うことも躊躇するスター…
 フランシス=スコット=フィッツジェラルドが未完成のまま遺した最後の小説を劇作家ハロルド=ピンターがシナリオを起こして作られた作品で、偉大な製作者の一人アーヴィング=G=タルバーグをモデルにしたと言われている
(彼の偉業を称え、アカデミー賞ではアーヴィング・タールバーグ記念賞というのが存在する)
 映画ジャンルの一つとしてバックステージものというのがある。これは映画あるいは舞台製作そのものをドラマ化することで、かなりの数が作られており
(最近でもリメイクされた『プロデューサーズ』(2005)がある)、傑作も多い。舞台に上がる役者の晴れ晴れしい顔と、現実世界の顔のギャップを描いたり、あるいは困難な映画製作をコメディ仕立てにしたりと、幅も広い。それに、特に1975〜76年はハリウッドを舞台とした作品が多く作られていたという事実もあり。
 その中で揶揄の対象にされやすく、コメディ仕立てになるのが多いのが製作者の立場。出資者と映画の間に立ち、その調整役となるのだが、彼らは映画の予算を立て、双方に納得させつつ映画作りを進めていくことになる。映画そのものを作るか否かを決め、更に監督にも色々注文を付けられるという特殊な立場にあるが(『風と共に去りぬ』(1939)の製作者セルズニックはその典型的な例で、あの映画は監督が作ったのではなく
製作者が作ったとまで言われている)、立場上、出資者、監督の双方から恨まれやすい。金をくれとせびる監督と、金を出し渋る出資者の間であたふたする様は確かにコメディになりやすい(他にもプロデューサーに恨みを込めて殊更コメディ調にする場合もある)。本作のモデルになったタルバーグ自身、シュトロハイム監督の大作『愚かなる妻』を8時間から2時間に切ったりして、相当恨まれたことも多いらしい。
 ただし、本作はコメディ要素は全くなく、映画ビジネスを生き抜こうとする一人の男の生き様を冷徹に描いているのが特徴。
 それに本作に登場するキャラも当代随一の名優ばかりで、凄く金がかけられているのは分かるし、その抑えた演技は評価されるべきなのだろう。しかし、物語があまりに重い上に物語の展開がもっさりしすぎ。プロデューサーを描くのだったら、もっと派手なパフォーマンスとかが欲しかった。本当にみんな抑えに抑えた演技をしてくれるので、気軽に観るには重すぎるし、話自体もかなり退屈。
 それがカザン監督の持ち味と言われたらそれまでだけど。
草原の輝き 1961
1961米アカデミー脚本賞、主演女優賞(ウッド)

<amazon>
<楽天>
ウィリアム・インジ(脚)
ウォーレン・ベイティ
ナタリー・ウッド
パット・ヒングル
ゾーラ・ランパート
サンディ・デニス
ショーン・ギャリソン
オードリー・クリスティー
フィリス・ディラー
バーバラ・ローデン
ゲイリー・ロックウッド
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 1929年。高校生のバッド(ベイティ)と、ディーン(ウッド)は相思相愛のカップルでだったが、ディーンの母親はセックスに罪悪感を持っており、その影響を受けた彼女はどうしても最後の一線を踏み越えることが出来なかった。一方のバッドの家庭では、一見良き家族に見えていながら、実は横暴な父親に振り回される日々を送っていた。やがて二人の間に出来てしまった溝は広がり、ついにディーンの自殺未遂にまで発展してしまう…そして別れ別れとなった二人だが…
 本作は
時代に投げ込まれた爆弾的な作品として評価された。劇作家として確固たる地位を築いているウィリアム・インジが脚本を書いているという点もあるが、なにより新人男優のウォーレン・ベイティの名を一気に注目させた作品(一応。ベイティはシャーリー・マクレーンの実弟)
 本作を観たのは大分前のことになるが、実の話、全然面白いと思えなかった。単に退屈なだけで、何がそんなに受けたんだろう?と言うのが正直の感想。それに私はカザン監督とは妙に相性が悪い。
今でも基本的には評価は変わってないけど、本作について調べてみたら、色々分かったこともある。
 まず本作が作られた時代というものがある。実は映画に性描写が入るようになったのは大分時代が下ってから
。かつて30年代に制定されたプロダクション・コード(制作についての倫理自主規定)はこれまでも有効で、男女のセックスに関しての規制はかなり厳しかった(映画は非常に奥手だった訳だ)。それをテーマとしてメジャー作品では初めて前面に出した事が一番の評価となったらしい。
 更にこの1930年代前後の話はあまり映画では作られる事はないのだが、実はこの年に起こったウォール街大暴落は、アメリカの世代を完全に分断した。株で大儲けをしたいわゆるアスピリン・エイジが、この大暴落によって自殺者が多々出てしまい、それ以降の世代にとっても恐怖となった。アメリカという国を根本から変えてしまった、丁度その時なのである。狂騒的な時代を経て、安定へと入っていくアメリカという国そのものを実は本作は描いていたのだ。
 そう考えて改めて本作を考えてみると、確かに評価されるべき部分は大だろう。ナタリー=ウッド
(この年既に20代半ばだが)扮するディーンとウォーレン=ベイティ扮するバッドの切ない関係。時代に裏打ちされた悲惨さなど。監督得意の演出はここでも有効。確かに主演の二人は好演していたと思える。
 ただ、何故か私はカザン監督の作品とはとことん相性悪い。出来がどれほど良くても、皆が評価しても、どうしても受け入れられない部分が出てしまう…
これは私の感性の問題だ
 言ってしまえば、本作は出来は良い。
だけど私は好きになれない。と言うことで。
エデンの東
East of Eden
1955米アカデミー助演女優賞(フリート)、主演男優賞(ディーン)、監督賞(カザン)、脚色賞
1955
カンヌ国際映画祭劇的映画賞(カザン)
1955ゴールデン・グローブ作品賞
1955ブルーリボン外国作品賞
<A> <楽>
ポール・オズボーン(脚)
ジェームズ・ディーン
ジュリー・ハリス
レイモンド・マッセイ
リチャード・ダヴァロス
ジョー・ヴァン・フリート
ロイス・スミス
アルバート・デッカー
バール・アイヴス
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 第一次大戦下のカリフォルニアのサリナス・ヴァレーで大農場を経営するトラスク一家には双子の息子がいた。温厚で従順な兄アロン(ダヴァロス)に対し、親を思う気持ちは兄以上に強いが、反逆児としか見られず、父からも疎まれている弟キャル(ディーン)。二人の母は死んだと聞かされていたが、ひょんな事からキャルは彼女が生きていることを突き止める。その時から少しずつ家族のありようが変わっていった…
 早逝してしまったため数少ないディーンの主演作品の中でも最高傑作の誉れ高い作品で、同名のスタインベックの小説(未読)の映画化作品。なんでもこれは元々親子三大に渡る物語だったが、その前半部分をカットして後半のみに絞ったそうだ
(そのうち読んでみよう)。又、レナード=ローゼンマンのテーマ曲は映画音楽のオールタイム・ベストに必ず入る程に有名。
 ただ、これが面白かったか。と言われると首を傾げる。どうしてもはまりきれなかった。
 一つにはカザン監督とはどうにも相性が悪い事が一つ
(監督の作品で好きだと言えるのは『波止場』しかないと言う事実)。それと何よりディーン自身の演技の質の問題。『理由なき反抗』(1955)の時もそうだけど、反逆者を気取っているディーンの演技が「寂しいよぉ。寂しいよぉ」と切々と訴えてくるのがどうしても合わない。多分その演技こそが彼をして最高の演技者と思わせる部分なのだろうが、私にはどうもその態度が甘ったれすぎで嫌味にしか思えないのだから仕方ない。つまり、一番の売りの部分が嫌いと言うこと。これじゃ根本的に合うわけがない。
 複雑な課程に育ち、厳格な父に愛されることを願いながら、その父の愛情が自分に注がれてないことを知り、悪ぶって、それでも父の愛が欲しくてたまらない
(ややマザコン入ってる)…これってアメリカでは共感を呼ぶ青春像なのか?あんな風に親父にすがって泣くなんて真似は絶対にしたくない。まだ土下座の方が出来そうだが
 尚、ディーンは『欲望という名の電車』(1951)のマーロン・ブランド同様カザン監督が主宰するアクターズ・スタジオの出身。ブランドに続き、二人目の伝説的男優がここに誕生した
(キャル役にはディーンの友人でもあるポール・ニューマンも候補に挙がっていたらしい)
 原作は神話に基づいた構成で
(題目自身が聖書から取られたものだし)、創世記中、弟アベルを殺したカインを、キャルが一種の兄殺しをすることで敷衍しているのと、二人の母ケイトはギリシア神話がモチーフ。敬虔なクリスチャンを脅かすギリシア神話の魔女というのが元にある。ただ、それを掘り下げるとドラマ性がなくなると判断したか、本作ではその部分は微妙にかわされている。ただ、そっちの方に突っ込んだら多分ここまで評価されはしなかっただろう。
製作年 1954
製作会社 ワーナー・ブラザーズ
ジャンル 家族崩壊兄弟姉妹
売り上げ $
原作 エデンの東 上(書籍) 下(書籍)ジョン・スタインベック
歴史・地域 カリフォルニア(アメリカ)
関連
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
波止場
On the Waterfront
1954アカデミー作品賞、主演男優賞(ブランド)、助演女優賞(セイント)、監督賞(カザン)、脚本賞、撮影賞、美術監督・装置賞、編集賞、助演男優賞(コップ、マルデン、スタイガー)、劇・喜劇映画音楽賞
1954ヴェネツィア国際映画祭サン・マルコ銀獅子賞(カザン)、イタリア批評家賞(カザン)
1954NY批評家協会作品賞、男優賞(ブランド)、監督賞(カザン)
1954ゴールデン・グローブ作品賞、男優賞(ブランド)、監督賞(カザン)、撮影賞
<A> <楽>
サム・スピーゲル(製)
バッド・シュールバーグ(脚)
マーロン・ブランド
エヴァ・マリー・セイント
リー・J・コッブ
ロッド・スタイガー
カール・マルデン
パット・ヘニング
マーティン・バルサム
リーフ・エリクソン
ルディ・ボンド
★★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
「俺は一流になれた。タイトルだって狙えた。大物になれたんだ。なのに今ではただのチンピラだ」
 吹きだまりのようなニューヨークの波止場。ここはジョニー・フレンドリー(コッブ)によって牛耳られていた。沖仲士組合でさえ彼の手の内にあり、生意気な沖仲士には死の制裁が下る…そんな波止場にあって元ボクサーのテリー(ブランド)はある夜、兄のチャーリー(スティガー)に頼まれ通りを見張っていると、背後から銃声が起こる。図らずもジョニーによる殺しの片棒を担がされた事を知る。この波止場では時に起こることと目を瞑るテリーだったが、その殺されたジョイの妹イディ(セイント)や、彼女が頼りとするバリー神父(モルデン)と出会うことで、徐々にその考え方を変えていく…
 多くの社会派映画を手がけたカザン監督入念の一本。1948年のニューヨークの港湾労働者使役業のボスが殺された事件を元とすし
(新聞記者のマルコム・ジョンソン記者がこの事件を掘り下げ、その実態をスクープに収め、ピューリッツァ賞を受賞している)、アカデミーでも1950年代のアメリカで最も力強い作品と評され、当時最多の8部門の受賞という快挙を成し遂げた作品。
 カザン監督作品はあの説教臭さが嫌いであまり相性は良くないのだが、本作は好きな作品。ストーリーもちゃんとひねりが利いてるし、決して単純なヒーローではないテリーをブランドが好演している
(最初は出演を躊躇していて、主演をシナトラにするという話もあったらしい)。ブランドにとっても本作こそが代表作と言ってしまえる。
 本作で面白いのは主人公のテリーの位置づけ。彼はボクサー崩れのタフ・ガイなのだが、意外に繊細なところがあって傷つきやすい。それが話が進むに連れ、成長していっているのが分かる。最初はやや内向的な、腕っ節だけが強い男だったのが、様々な人間関係や挫折を経、暴力では何にもならないことを知っていくことになる。
 この辺り坂本龍馬の故事に似ていて、最初は剣の修行に邁進していたが、やがて殺傷能力は飛び道具の方が有効であること、最終的に経済こそが一番強い武器になることを坂本龍馬が学んでいったように、彼も成長に従ってその事を知らされていく。そして波止場の経済を握っているジョニーに対抗するのは…という具合に持っていく…まあ、最終的に出した結論が“正義”と“労働者の団結”となる辺りがカザン作品らしいかな?
 その過程が丁寧に描けていたし、それに耐えるだけのキャラクターをブランドが持っていた。勿論脇を固めるキャラクター達も充分にキャラが立ってた
(なんだかあの神父は監督本人とダブる)。ボクサー崩れと言うことで、強いのか?と思わせておいて、実は腕力が勝負じゃないところが良い演出だ。
 それでもラストシーン、なんだ、やっぱり腕力で終わらせるのか?と思ったら
あんな意外な終わり方をしたのでちょっと驚いた。そうなんだよな。あそこでボスをぶちのめして終わるようでは、ここまでのストーリー展開が意味を無くすものな。どんなことでも一人では戦えない。消極的なものであれ、正しさを求める心を動かすことが重要なんだな。新鮮な驚きを与えてくれたので、やや説教臭かったけど良しとしよう。少なくとも、何を称して「裏切り」というのか。そのことを考えさせてくれたことは大きい。
 このラストシーンのブランドの表情は見事。たとえ肉体的にはボロボロでも目は死んでない。それも自分ではなく、人々の連帯へと向かう希望の目としてそれがある。これは感動的ではあるのだが、実はこのシーンは悪天候のため、ブランドはスタッフと共に12時間もぶっ通しで雨の中に待たされたため、その怒りを演技に注ぎ込んだためだとか。この演技のお陰でブランドは誰もが認めるハリウッド大スターとなったが、この成功辺りから奇行が目立つようになった。最も嫌っていたハリウッドに毒された自分を許せなかったのかもしれない。彼自身が自らの製作会社ペネベイガーを設立して仲の悪かった父を社長に据えたのもこの頃。
 
カザン監督はかつて共産党に属していて、その点を非米活動委員会につつかれ、仲間の名前を証言した経歴を持っている。そんな彼がこんな作品を撮ったと言うことで、相当騒がれたらしい(脚本も最初のジョージ=ミラーが証言をした彼に見切りをつけてしまったので、同じ証言仲間となったバット=シュルバーグが担当している)
 内容も労働組合の暗部を描いているわけだから、当時のハリウッドでは相当の勇気が必要だったはず。だが、当の労働組合からは大反発を食ってしまい、以降監督は社会派と作品を一切作らなくなってしまう。

 本作は元々は当時開発されたばかりのシネマスコープ用としてカザンがフォックスに持ち込んだものだったが、ザナックによって「地味だ」とされて却下された。結果的にコロンビアが製作を買って出たが、後々までザナックは残念がっていたという。
製作年 1954
製作会社 コロンビア・ピクチャーズ
ジャンル 社会派(組合活動)
売り上げ $9,600,000
原作 バッド・シュールバーグ
歴史・地域 ニューヨーク(アメリカ)
関連
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
革命児サパタ
Viva Zapata!
1952米アカデミー助演男優賞(クイン)、主演男優賞(ブランド)、脚本賞、劇・喜劇映画音楽賞、美術監督・装置賞
1952
英アカデミー国外男優賞(ブランド)、総合作品賞
1952カンヌ国際映画祭男優賞(ブランド)

<amazon>
<楽天>
ダリル・F・ザナック(製)
ジョン・スタインベック(脚)
マーロン・ブランド
ジーン・ピータース
アンソニー・クイン
ジョセフ・ワイズマン
マーゴ
ミルドレッド・ダンノック
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 原作者のスタインベックが自ら脚色。
 カザン監督らしい社会的な物語だが、密告した後に作られたため、当時の批評家連中の評価は総じて低い。
 カザンとブランドという権威反対者が合わさった作品。ブランドはサパタとは全く似ていないが、新しいサパタ像を作り出した。
 赤狩りのやり玉に挙げられた際、カザンはこれを「革命を称えたものでなく、素朴な革命家が職業的な革命家によって裏切られるのを描いた」と弁明している。
製作年 1952
製作会社 20世紀フォックス
ジャンル 伝記
売り上げ $
原作 ジョン・F・スタインベック
歴史・地域
関連
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
欲望という名の電車
A Streetcar Named Desire
1951アカデミー主演女優賞(リー)、助演男優賞(マルデン)、助演女優賞(ハンター)、美術監督・装置賞、作品賞、主演男優賞(ブランド)、監督賞(カザン)、脚色賞、撮影賞、劇・喜劇映画音楽賞、衣装デザイン賞
1951ヴェネツィア国際映画祭女優賞(リー)、審査員特別賞(カザン)

<amazon>
<楽天>
チャールズ・K・フェルドマン(製)
テネシー・ウィリアムズ
オスカー・ソウル(脚)
ヴィヴィアン・リー
マーロン・ブランド
キム・ハンター
カール・マルデン
ルディ・ボンド
ニック・デニス
ペグ・ヒリアス
ライト・キング
リチャード・ガリック
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 欲望(DESIRE)という名の電車に乗り、家出してニュー・オリンズに住む妹ステラ(ハンター)の元にやってきた姉のブランチ(リー)。しかし、ステラと夫のスタンレー(ブランド)が住んでいるところは市電の音が鳴り響く場末だった。狭い家に驚きつつも居を構えるブランチだったが、彼女の上流趣味は傍若無人なスタンレーとことごとく反発する。
 テネシー・ウィリアムズの戯曲を映画化した作品で、アメリカ映画史におけるエポック・メイキング作品。
1951年全米興行成績では5位を記録する。
 作品の舞台は殆ど移動せず、狭い家の中だけで、極めて限られた人物のみが登場する。それだけに個性を出すことが一番重要なのだが、この作品のリーは本当に凄惨と言えるほどの個性を持っていた。誰かにすがらずには生きていけないし、誰かに抱かれてないと落ち着かない。しかし老境に入ろうとしている自分の容姿を恐れているという女性ブランチ役。これは本当に見事。はまり役そのものだ
(躁鬱症が激しく、実際の私生活もこんな感じだったとか)。はまり役と言われた『風と共に去りぬ』(1939)以上に、リーという自分自身のキャラを演じきっていた感じ。対するブランドはまさに野生そのもので、彼も又強烈な個性を放っていたが(舞台劇でも彼が同じ役を演じていて、はまり役と言われていた)。
 ここで見所は、あくまでこれまでの演技にこだわるリーと、メソッド理論を体現したブランドのぶつかり合いでもあった。演技者としてのリーは偉大な演技を見せるが、それに対するブランドは、本当に生々しい、まるで素のような演技を見せる。この見事な対比が素晴らしい。

 カザン監督はさほど相性が良くない監督だが、少なくとも役者の個性を引き出す事にかけては一級品である事を改めて感じさせられた。

 本作がアメリカ映画に一石を投じたのは、初めて善でも悪でもない人間というものをスクリーンに映し出したからだという。それまでアメリカ映画は人間の曖昧さというものを一切排除してきた。登場人物は基本的に善人か悪人かが求められ、善人でも悪人でもない、または善人であり悪人でもあると言う人間を描くことは意識的に避けられていた。そこでカザンは、敢えて生の感情というものを映画に取り入れることによって、善人でも悪人でもない、ありのままの人間というものを演出に取り入れたのだ。お陰で極めて生々しい作品が仕上がった。
製作年 1951
製作会社 チャールズ・K・フェルドマン・グループ
ワーナー・ブラザーズ
ジャンル 舞台劇、家族の崩壊
売り上げ $1,800,000
原作 欲望という名の電車(書籍)テネシー・ウィリアムズ
歴史・地域
関連
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
暗黒の恐怖
Panic in the Streets
1950米アカデミー原案賞
1950ヴェネツィア国際映画祭国際賞(カザン)

<amazon>
<楽天>
ソル・C・シーゲル(製)
リチャード・マーフィ
ダニエル・フックス(脚)
リチャード・ウィドマーク
ポール・ダグラス
バーバラ・ベル・ゲデス
ウォルター・ジャック・パランス
ゼロ・モステル
ダン・リス
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 ニューオーリンズで殺された密航者の刺殺死体。不審な点があるためそれを調べた保険局員リード(ウィドマーク)は、被害者が肺ペストだったことを発見する。48時間以内に加害者を逮捕しなければ、病毒が全米に広がるであろうと秘密会議で報告した。警察の捜査課長ウォレン(ダグラス)と共にその密航者の足取りを辿る。そして当の加害者であるブラッキー(バランス)は、警察が追っているのは密輸品密売のためと思いこみ、彼らの捜査から逃げ回っていく。
 目に見えない敵と戦う防疫サスペンス。表舞台には決して出てこず、裏方に徹しているためにあまり知られてはいないが、彼らの活躍によって国は守られていると言っても良い。そんな人達の活躍を、セミ・ドキュメンタリー・タッチで描いた作品。
 何より本作は観点が素晴らしい。表舞台に出てこない、いわば国家の裏方の仕事を主題にして、その中での緊迫したやりとりがある。捻った設定を出してくるカザン監督らしい選定の仕方だが、本作はその緊張感が旨くはまった作品といえるだろう。カザン監督は苦手なんだが本作は凄く面白かった。派手さは無い代わり、緊張感はビンビンに伝わってくる。マニュアル通りには行かない焦りと緊張の中、偶然や幸運も手伝って、犯人を特定するまでの過程が丁寧に描かれるために好感度が高い。一方、観ている側は犯人が分かっている状態だから、捜査を丁寧に描けば描くほど、
それが回りくどく感じてしまうのはマイナス点。この辺のバランスが取れていれば凄い作品になったと思う。『アウトブレイク』(1995)は、その辺をアクションにした作品と言えよう。
 それにしてもウィドマークを主人公に持ってきたのは本作の最大の功労点ではなかっただろうか?強面で悪役が似合いすぎるウィドマークが渋面の主人公をやってると
(手塚治虫の持ちキャラのスカンクはこの人がモデルなのだとか)なんか本当に役人っぽくて、すごくはまって見える。ただ、この人は元々法学の講師だというので、本来のインテリ役なんだろうけどね。その強面のウィドマークに負けないバランスの存在感も良し。
製作年 1950
製作会社 20世紀フォックス
ジャンル 職業(公務員)、事件(パンデミック)
売り上げ $
原作 エドナ・アンハルト、エドワード・アンハルト
歴史・地域
関連
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
紳士協定
Gentleman's Agreement
1947アカデミー作品賞、助演女優賞(ホルム、リヴェール)、監督賞(カザン)、主演男優賞(ペック)、主演女優賞(マクガイア)、脚色賞、編集賞
1947NY批評家協会作品賞、監督賞(カザン)
1947ゴールデン・グローブ作品賞、助演女優賞(ホルム)、監督賞(カザン)、特別子役賞(ストックウェル)

<amazon>
<楽天>
ダリル・F・ザナック
モス・ハート(脚)
グレゴリー・ペック
ドロシー・マクガイア
ジョン・ガーフィールド
セレステ・ホルム
アルバート・デッカー
ジェーン・ワイアット
アン・リヴェール
ディーン・ストックウェル
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 これまで数々の体当たりルポライター記事を行ってきたタフなジャーナリストのフィル=グリーン(ペック)が次の記事に選んだのはアメリカ社会のユダヤ人に対する差別問題についてだった。統計やインタビューなどでは本当の記事は書けないと判断した彼は自らユダヤ人と偽ることで、取材を始めることにした。だが、社会のユダヤ人に対する偏見は彼が思っていたよりはるかに根深いことに気付かされることになる…
 当時アメリカ西部を中心として厳然として存在したとされるユダヤ人差別問題に真っ向から立ち向かった作品。20世紀フォックスの名プロデューサーであるザナックの肝いりによって作られた本作は、フォックスの精鋭スタッフを総動員させて作られ、監督に社会派映画の雄カザンを起用し、主役はやはり
“正義の人”が最も似合う男、グレゴリー=ペックを起用し、脇を締めるキャスト陣もそうそうたるもの。1947年アカデミーでは見事オスカーをもたらすことになる『怒りの葡萄』(1940)に続き、ザナックの挑戦は今回も見事に当たった。
 アメリカだけではないが、映画産業はリベラルをもって良しとする風潮があり
(一方では製作者側は売らねばならないため、視聴者の望むものを作ろうとする。映画とは常にそのせめぎ合いで生まれるものだ)、こういった社会派作は割合初期から映画の一ジャンルとして存在するが、これ以前の時代だと戦争のお陰で国策作品に押されがちだった。ようやく戦争が終わり、これからは作りたいものが作れる。と言う生き生きした時代の息吹も感じられる。しかも本作は本来抑える側にいるはずのプロデューサーの肝いり。自然と力が入ろうというもの。製作側にも様々な圧力があったそうだが、これを押し通したザナックの手腕の確かさは確か。
 ペックのパーソナリティによるものか、内容は重い題材の割に決して明るさを失わず、軽快に進んでいく。客観的に見る限り、差別を真っ正面から見据えて、しかもエンターテイメントとして作られた良作映画には違いないのだが、劇中そこはかと見え隠れする、いわば「カザン監督らしさ」の部分が私にはどうも引っかかってしまう
(これは単に私自身がカザン監督と相性が悪いだけ)。当時じゃ仕方なかったのかも知れないけど、ラストも甘くなってしまったし。
 そう言えば舞台がマンハッタンで、夏と来れば当然避暑の光景が見られるのはアメリカらしいね
『七年目の浮気』(1955)はそれが主題だったし)

 本作はアカデミーで作品賞まで得た作品だが、当時の日本ではアメリカ映画の輸入は占領政策に基づいて決定されていたため、アメリカ社会の暗部を正面から描いたような本作は日本には輸出される事はなかったのだとか。
日本での初公開はなんと1987年である。
 余談だが、
ユダヤ人がイスラエルを建国したのは本作が製作された翌年の1948年。なかなか皮肉な符号だ。
製作年 1947
製作会社 20世紀フォックス
ジャンル 社会派、人種差別
売り上げ $
原作 ローラ・Z・ホブソン
歴史・地域
関連
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ

ページトップへ