MOVIETOP

ワーナー・ブラザーズ

ワーナー・ブラザーズ

ワーナー・ブラザーズ

Warner Brothers
 アメリカの製作会社。第二次大戦後大ヒット作品連発により、四大メジャーの一角に食い込み、五大メジャーと言われるに至る。
 1923年。ハリー、アルバート、サム、ジャックのワーナー4兄弟により設立。
 1925年。エッサネイ・スタジオを吸収。
 1950年代に経営危機を迎えたものの、合併と過去作品の売却で乗り切る。
 1967年。セブン・アーツ・プロダクションに買収される。
 1969年。コングロマリット企業のキーニー・ナショナル・サービスに買収される。
 1989年。出版社「タイム」と合併。社名を「タイム・ワーナー」に改組。親会社が巨大企業のため、景気の影響を強く受け続けながらも、現在までコンスタントに作品を作り続けている。
 徹底して娯楽作にこだわったのが特徴で、初のトーキーである『ジャズ・シンガー』を作り上げ、その後もギャング映画などでヒット作を作り出す。70年代以降になるとヒーロー性の強いアクション映画やコメディなど、時代に適応した良作を量産。
 『マイ・フェア・レディ』や『ミリオンダラー・ベビー』など、見せ所もふんだんにあるオスカー作品も作っている。
民衆の敵(1931)
ロビンフッドの冒険(1938)
オズの魔法使(1939)
壮烈第七騎兵隊(1941)
マルタの鷹(1941)
カサブランカ(1942)
ヤンキー・ドゥードル・ダンディ(1942)
三つ数えろ(1946)
黄金(1948)
キー・ラーゴ(1948)
ロープ(1948)
白熱(1949)
摩天楼(1949)
舞台恐怖症(1950)
見知らぬ乗客(1951)
欲望という名の電車(1951)
カラミティ・ジェーン(1953)
私は告白する(1953)
エデンの東(1954)
スタア誕生(1954)
ダイヤルMを廻せ!(1954)
放射能X(1954)
トロイのヘレン(1955)
ミスタア・ロバーツ(1955)
理由なき反抗(1955)
ボディ・スナッチャー 恐怖の街(1956)
間違えられた男(1956)
フランケンシュタインの逆襲(1957)
左きヽの拳銃(1958)
老人と海(1958)

 

エッサネイ・スタジオ

 ジョージ・K・スプールとギルバート・M・アンダーソンによって設立。語源は二人の頭文字“S and A”。
 チャップリンの初期作品はほとんどここから製作されている。
 1907'8'10 設立。
 1925 ワーナー・ブラザーズに吸収される。
チャップリンの失恋(1915)
チャップリンの女装(1915)
チャップリンの改心(1916)
三つどもえ事件(1918)

 

コスモポリタンプロダクションズ

 ウィリアム・ランドルフ・ハーストにより設立された製作会社。パラマウント、MGMとの共同制作を経て、最終的にワーナー・ブラザーズに吸収される。
 1919 設立。
 1929 ワーナー・ブラザーズに吸収。
イバニエスの激流(1926)

 

サミュエル・ゴールドウィン・スタジオ

 サミュエル・ゴールドウィンによって設立された製作会社。
 1939年。ユナイテッド・アーティスツの敷地の一部を譲り受けて設立。
 1980年。WBによって買収される。
 1999年。WBによって売却され、スタジオは「ザ・ロット」と名称変更する。
孔雀夫人(1936)
市街戦(1936)
マルコ・ポーロの冒険(1938)
西部の男(1940)
偽りの花園(1941)
教授と美女(1941)
打撃王(1942)
我等の生涯の最良の年(1946)
虹を掴む男(1947)

 

ファースト・ナショナル・ピクチャー

First National Pictures
 数多くのスタジオが集まって設立されたアメリカ初のコングロマリット映画社。
 1917 設立。
 1928 ワーナー・ブラザーズと合併。
 1936 解散し、ワーナー・ブラザーズに完全吸収。
犬の生活(1918)
キートンの船出(1921)
キートンの電気館(1922)
キートンの鍛冶屋(1922)
成功成功(1922)
ロスト・ワールド(1925)

 

フランク・キャプラ・プロ

 フランク・キャプラ監督とワーナー・ブラザース共同によって設立された製作会社。
群衆(1941)

ページトップへ