MOVIETOP

アーウィン・ウィンクラー
Irwin Winkler

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
2019
2018
2017
2016 沈黙 -サイレンス- 製作
2015 クリード チャンプを継ぐ男 製作
サバイバー 製作
2014 ザ・ギャンブラー/熱い賭け 製作
2013 ウルフ・オブ・ウォールストリート 製作
2012
2011 ブレイクアウト 製作
メカニック 製作総指揮
2010
2009 シティ・オブ・ブラッド 製作
2008
2007
2006 勇者たちの戦場 監督・原案
ロッキー・ザ・ファイナル 製作総指揮
ザ・インターネット2 製作
2005
2004 五線譜のラブレター DE-LOVELY 監督・製作
2003
2002 イナフ 製作
2001 海辺の家 監督・製作
シッピング・ニュース 製作
2000
1999
1998 アット・ファースト・サイト/あなたが見えなくても 監督・製作
ザ・インターネット<TV> 製作総指揮
1997
1996 陪審員 製作
1995 ザ・インターネット 監督・製作
1994
1993
1992 ナイト・アンド・ザ・シティ 監督・製作
1991 真実の瞬間(とき) 監督・脚本
1990 ロッキー5/最後のドラマ 製作
グッドフェローズ 製作
1989 ミュージックボックス 製作
1988 背信の日々 製作
1987
1986 ラウンド・ミッドナイト 製作
1985 ロッキー4 炎の友情 製作
レボリューション・めぐり逢い 製作
1984
1983 ライトスタッフ 製作
1982 ロッキー3 製作
喝采の陰で 製作
1981 告白 製作
1980 レイジング・ブル 製作
1979 ロッキー2 製作
1978 カムズ・ア・ホースマン 製作総指揮
アンクル・ジョー 製作
1977 バレンチノ 製作
ニューヨーク・ニューヨーク 製作
1976 ロッキー 製作
ニッケルオデオン 製作
1975 ブレイクアウト 製作
1974 ス★パ★イ 製作
熱い賭け 製作
1973 破壊! 製作
1972 メカニック 製作
センチュリアン 製作
砂の城・人妻マーガレットの場合 製作
1971 さらば青春の日 製作
1970 最後の栄光 製作
いちご白書 製作
1969 ひとりぼっちの青春 製作
1968 汚れた七人 製作
血と怒りの河 製作
1967 ダブル・トラブル 製作
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945
1944
1943
1942
1941
1940
1939
1938
1937
1936
1935
1934
1933
1932
1931 5'25 ニューヨーク州ニューヨークで誕生

ページトップへ

勇者たちの戦場 2006

<amazon>
<楽天>
マーク・フリードマン(脚)
サミュエル・L・ジャクソン
ジェシカ・ビール
カーティス・ジャクソン
ブライアン・プレスリー
クリスティナ・リッチ
チャド・マイケル・マーレイ
ジョイス・M・キャメロン
ヴィクトリア・ローウェル
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
海辺の家 2001
2001ゴールデン・グローブ助演男優賞(クリステンセン)

<amazon>
<楽天>
ロブ・コーワン
アーウィン・ウィンクラー
マイケル・デ・ルカ
ブライアン・E・フランキッシュ
リン・ハリス(製)
マーク・アンドラス(脚)
ケヴィン・クライン
ヘイデン・クリステンセン
クリスティン・スコット・トーマス
ジェナ・マローン
メアリー・スティーンバージェン
マイク・ワインバーグ
スコッティ・リーヴェンワース
イアン・サマーハルダー
ジェイミー・シェリダン
スコット・バクラ
サンドラ・ネルソン
サム・ロバーズ
ジョン・パンコウ
キム・デルガド
バリー・プリマス
マーゴ・ウィンクラー
ジョン・フォスター
アート・チュダバラ
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 建築デザイナーのジョージ=モンロー(クライン)は、仕事を馘になり、更に癌で余命4ヶ月と宣言されてしまう。今までの人生を振り返った彼は、離婚した妻のロビン(スコット・トーマス)と、16歳になる反抗期の息子サム(クリステンセン)との関係に思いを馳せる。特にサムとの絆を取り戻そうと、一夏をサムと過ごし、今住んでいるぼろぼろの家を建て直す事を決意する。
 親と子の絆を回復させる話という話は、私は苦手だ。
 なぜなら、
泣かそうとする演出に私がコロッと引っかかってしまうから(笑)。性的な関係無しに、保護するものと保護されるものの関係を正していくって言うパターンは、どうやら私のツボらしい。保護しているはずの人間の方がむしろ癒されていくっていうのはパターンだと分かっているのに、その過程にはまってしまう。
 本作はその思いを新たにさせてくれた。ダメなんだよ。
やっぱ泣いてしまった。こんな単純なあざといパターンに引っかかる自分が情けないって言うか…でもそれが心地よいと感じる部分も確かにあり。少なくとも映画観て泣きたいと思った時は簡単にそれが手に入る。
 物語はあまりにパターン過ぎて、言うべき事があまりないのだが、昔の作品とは違い、子供の性的な描写が堂々と描かれているのが現代風かな?
 だけど、パターンだからこそ、役者の巧さに負うところが多い。ケヴィン=クラインは充分及第点(病気の重さが唐突すぎるきらいはあるが)だが、意外な魅力を発揮したのは息子サム役のヘイデン=クリステンセン。『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002)の時は見事に外してくれたが、こういった情緒不安定な役を演るには、ピッタリな役柄だな
(あ、だからSWで起用されたのか?)。ラストでふてぶてしくなった描写は、劇中に成長してることが感じられて良し。ちなみにクリステンセンはオーディションで本作の出演を射止めたのだが、その直後にアナキン役に大抜擢。先に『エピソード2』が入っていたら本作の出演は無かっただろうが、むしろこちらの方が良い演技しているので、この順番で良かったと思える。
ザ・インターネット 1995
1996MTVムービー・アワード魅惑的な女優賞(ブロック)
<A> <楽>
アーウィン・ウィンクラー
ロブ・コーワン(製)
ジョン・ブランカトー
マイケル・フェリス(脚)
サンドラ・ブロック
ジェレミー・ノーサム
デニス・ミラー
ダイアン・ベイカー
ウェンディ・ガゼル
ケン・ハワード
レイ・マッキノン
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 フリーの女性プログラマーのアンジェラ・ベネット(ブロック)の元へ一枚のディスクが送られてきた。そこにはインターネット上で偶然発見された国家機密のデータが保存されていた。何かの冗談かと思い、それを放置していたのだが、彼女の回りできな臭い事件が次々と起こってくる。ついにはアンジェラは自分自身がアメリカのデータベースから抹消されており、何の権利も持たない人間であることを知らされる…
 90年代B級アクション作品に次々出演したサンドラ・ブロック。ややきつめの美人顔で、スタイルが良くてアクションもこなす彼女はアクション作品向きの人だったのだが、そんな彼女をプログラマーに仕立て上げ、サイバーテロを描いて見せましたって感じの作品。
 コンピュータを主題としてる割にCGとかは一切使わず、サンドラ頼みの一本って感じだが、次々に場面が変わって、そこでちゃんと一つ一つに見せ場を用意してる演出だけは悪くなかった。
 ただ、肝心の物語がチープに過ぎて、もうちょっと捻ってほしかったし、コンピュータの使い方も、サンドラが慣れてないのがモロ分かりでぎこちない。設定に関しても、この時代ピンポイントで見ても何かおかしい。少なくともこんな形でネットを使う社会はあの当時にはなかった。簡単に言えば、この当時はネットを介するよりも電話を使った方が早い。設定として未来社会を描こうとしたんだろうか?ちょっと無理があるな。
 でも本作で一番まずかったのは邦題だろう。あんまりにもストレートに「インターネット」はともかくとして、流石に冠詞として
「ザ」はないよなあ。

ページトップへ