MOVIETOP

佐藤信介

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
2016
2015 図書館戦争 BOOK OF MEMORIES 監督
アイアムアヒーロー 監督
図書館戦争 THE LAST MISSION 監督
2014 万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳- 監督
2013 図書館戦争 監督
2012 私立探偵★真壁リュウ 原案
ラッキーセブン<TV> 演出・構成
2011 GANTZ: PERFECT ANSWER 監督
ANOTHER GANTZ 監督
2010 死亡時刻 監督
GANTZ 監督
2009 ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 監督・脚本
2008 砂時計 監督・脚本
2007
2006 県庁の星 脚本
2005 春の雪 脚本
2004 いぬのえいが 監督
2003 COSMIC RESCUE - The Moonlight Generations - 監督・脚本
2002 ロックンロールミシン 脚本
2001 修羅雪姫 監督・脚本
LOVE SONG 監督・脚本
2000 ひまわり 脚本
ざわざわ下北沢 脚本
1999
1998 たどんとちくわ 脚色
1997 正門前行 監督・脚本・編集
東京夜曲 脚本
1996
1995
1994 寮内厳粛 監督・製作・脚本・編集
1993
1992
1991
1990
1989
1988
1987
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980
1979
1978
1977
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970 誕生

ページトップへ

タイトル
<A> <楽>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

アイアムアヒーロー 2015

<amazon>
<楽天>
市川南
山内章弘
山崎倫明
城戸史朗
岡本順哉
寺島ヨシキ
久保雅一
中村理一郎
田中晃
岩田天植
弓矢政法
高橋誠
千代勝美
吉川英作
都築伸一郎
板東浩二
宮本直人(製)
野木亜紀子(脚)
大泉洋
有村架純
長澤まさみ
吉沢悠
岡田義徳
片瀬那奈
片桐仁
マキタスポーツ
塚地武雅
風間トオル
徳井優
延増静美
遠藤留奈
大迫一平
渋谷謙人
山野内扶
武田裕光
吉村謙一
萩原亮介
太田将熙
中谷仁美
高橋洋
大塚ヒロタ
栗田恵美
長野克弘
寺田伽藍
日下部千太郎
播田美保
眼鏡太郎
末広透
つちうち潤
安藤なつ
村松利史
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
アイアムアヒーロー(コミック)花沢健吾
特撮事典
 かつて漫画家として連載も持ち、漫画賞ももらった経験もある鈴木英雄(大泉洋)だが、今はしがないアシスタント暮らしを続け、希望も無いまま35歳になってしまっていた。そんなある日、部屋に帰ったところ、異形の姿に変容した恋人に襲われてしまう。なんとか逃げ出したものの、東京中はZQNと呼ばれる感染者の群れであふれかえってしまっていた。標高の高いところは安全という情報を得た英雄は、途中合流した女子高校生早狩比呂美(有村架純)と共に富士山へと向かう。だが実は比呂美は感染者であることが分かってしまう。
 花沢健吾の同名漫画の映画化作品。アンデッド化した人間達を前に、普通の人間である主人公が生き残りをかけて活躍するという話で、日本では珍しい本格的リビングデッド作品となっている。現在も連載は続いており、物語として決着はついていないのだが、この映画は連載中の漫画の「一段落」というところまでを描いたものになっている。そのため、あくまで一段落で、ZQNとは何であるのか、それを根絶する方法とか、あるいは本当に世界はどうなってしまうのか等、まるで描かれず、とても中途半端なものになってしまった。
 ところで本作で何を語れば良いのか。
 実はそんなに多くは無い。
 理由は単純だが、この作品で描かれている大部分は既に描かれ尽くしているから。

 ジョージ・A・ロメロ監督による『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』(1968)から始まったリビングデッドものは数多くの派生作品を生み、現在も尚作られ続けている。年代によってその描写は段階的に変化しているが、基本となる部分は多くが共通している
(オリジナルとも言える50年代のRKOやユニヴァーサルの諸作品はメジャー化されなかったのでここでは述べない)
 いくつか挙げてみよう。

 リビングデッドは死んだ人間、もしくはそれに準じた存在であり、理性は無くなっていること。
 生きている人間を襲い、仲間を増やすことが出来ること。
 死んでいるため、死を恐れることは無く、直線的に人間を襲うこと。
 仲間同士で食い合う事は無く、生きている人間だけが標的である事。
 時に人間を越える怪力を持つ個体が存在する事。

 …この辺だろうか。他にもいくつか共通項はあるものの、年代によっていくつもの差異がある。
 この前提に則って作られるのだが、そうなると、大体物語は似たものになってしまう。そこで個性をどう作るのか、そこが作り手側の腕の見せ所となる。
 で、本作は、まさしくそのフォーマット通りでほぼ全くひねりが無い。そのため、これまで量産されたリビングデッド作品となんら変わりが無い基本的な作品となってしまっている。
 前述したが、物語性にこれと言って特徴があるわけではないし、アクションシーンは確かに見栄えはするものの、そんなのはまず出来て当たり前。

 それだけで言うならば、単なる駄作になってしまう。

 だが、実は
ここには大変な個性がある

 他でもない。本作が純国産の作品だという一点である。

 これまで私が述べてきたリビングデッドものの特徴は、ほとんどがハリウッドもしくはイギリスという英語圏で作られたものであり、それ以外の言語圏のリビングデッドものは、ほとんど話題にならない
(イギリスは近年になって『28日後...』(2002)『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004)の2作品が作られたことで一気にリビングデッドもののメジャーにのし上がっている)
 日本でも一応は定期的に作られてはいた。近年になってからも、例えば『VERSUS ヴァーサス』(2000)とか、『鎧 サムライゾンビ』(2008)とか『山形スクリーム』(2009)とか『デッド寿司』(2012)とか…
 で、これらのタイトルを挙げた瞬間、「ああこれ知ってる」と言う人は一般的にはほぼおらんだろう。日本国内においては、リビングデッド作品は低予算の無茶苦茶マイナーな作品でしかなかったのだ。
 基本的に低予算で、出てくる俳優もあんまり知られてない人が大半。個性を出すために殊更作り物じみたスプラッター星を強調したり、人間とリビングデッドのバトルに特化させたりと、とにかく変化球で出来るだけ目を引くよう頑張って作ってはいる。だが、どうしてもマイナーから脱却しにくい。
 そんな中、きちんとした予算を組んで、まっとうで直球勝負でリビングデッド作品を作り上げた。これはとても画期的な出来事なのだ。予算については流石にハリウッドに敵うべくもなかろうが、それでも見所に関しては全く引けをとってないし、役者も実績ある人が多く、人間ドラマとしても、ちゃんと見られる。
 これ以上のものを求める必要はなかろう。
 まず本作がメルクマールとなり、ここからきちんとした作品が日本でも次々に作られていくことを期待したいものだ。
図書館戦争 2013

<amazon>
<楽天>
濱名一哉
辻本珠子
田口生己
厨子健介
吉田浩二(製)
野木亜紀子(脚)
岡田准一
榮倉奈々
田中圭
福士蒼汰
西田尚美
橋本じゅん
鈴木一真
相島一之
嶋田久作
児玉清
栗山千明
石坂浩二
テイ龍進
波岡一喜
落合モトキ
井坂俊哉
工藤俊作
阿部丈二
草薙良一
増田修一朗
俊藤光利
大迫一平
植木祥平
松崎裕
朝香賢徹
荒木貴裕
生島勇輝
大塚幸汰
中村織央
和田亮太
井出卓也
大塚ヒロタ
前野朋哉
岸本尚子
吉岡奈都美
五十嵐麻朝
上野直人
廣瀬裕一郎
千野裕子
山森大輔
春日井静奈
寺田伽藍
西田奈津美
桝木亜子
満田伸明
西守正樹
加藤貴宏
河野マサユキ
瀧口亮二
亜佑多
夛留見啓助
新田匡章
渋谷謙人
内ヶ崎ツトム
根本太樹
黒石高大
沖原一生
北代高士
熊川雄大
斉藤悠
塩見大貴
山口航太
三元雅芸
佐藤誓
樋渡真司
国枝量平
岩手太郎
清水一彰
大久保運
平野靖幸
剣持直明
須田琉雅
吉澤実里
平澤宏々路
碓井由美
石田由紀子
岸田タツヤ
増田俊樹
大塚和彦
青木一平
田野良樹
内藤トモヤ
黄田明子
★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ
図書館戦争(書籍)有川浩
GANTZ: PERFECT ANSWER 2012

<amazon>
<楽天>
下村勇二(アクション監督)
大山昌作
鳥嶋和彦
島谷能成
藤島ジュリーK.
堀義貴
平井文宏
村上博保
大橋善光
鳥羽乾二郎
菅沼直樹
宮崎洋
奥田誠治
田中正
飯塚信弘
毛利達也
佐藤貴博(製)
渡辺雄介(脚)
二宮和也
松山ケンイチ
吉高由里子
本郷奏多
夏菜
千阪健介
白石隼也
緑友利恵
玄覺悠子
若葉竜也
阪田マサノブ
越村友一
橋本まつり
水沢奈子
奥瀬繁
平野靖幸
大石将史
神威杏次
戸田菜穂
小松利昌
池上幸平
落合モトキ
小林一英
市川千恵子
春名柊夜
Merii
古澤裕介
土平ドンペイ
長江英和
柴田愛之助
綾野剛
伊藤歩
田口トモロヲ
山田孝之
★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ
GANTZ 2010

<amazon>
<楽天>
大山昌作
鳥嶋和彦
島谷能成
藤島ジュリーK.
堀義貴
平井文宏
村上博保
大橋善光
鳥羽乾二郎
菅沼直樹
宮崎洋
奥田誠治
田中正
飯塚信弘
佐藤貴博(製)
渡辺雄介(脚)
二宮和也
松山ケンイチ
吉高由里子
本郷奏多
夏菜
綾野剛
水沢奈子
千阪健介
白石隼也
伊藤歩
田口トモロヲ
山田孝之
戸田菜穂
浅野和之
小林一英
小松利昌
落合扶樹
市川千恵子
春名柊夜
古澤裕介
土平ドンペイ
Merii
阪田マサノブ
越村友一
緑友利恵
橋本まつり
長江英和
玄覺悠子
若葉竜也
奥瀬繁
平野靖幸
大石将史
神威杏次
五十嵐翔
早川恭崇
柴田愛之助
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
GANTZ(コミック)奥浩哉
ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 2009
2009日本アカデミーアニメーション作品賞

<amazon>
<楽天>
安達寛高
佐藤信介(脚)
綾瀬はるか
沢城みゆき
戸田菜穂
大森南朋
谷村美月
家弓家正
松元環季
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
修羅雪姫

<amazon>
<楽天>
豊忠雄
熊澤芳紀
松下晴彦
阪尾好将
永江信昭
辻畑秀生
榎本憲男
平井健一郎
一瀬隆重
梶研吾(製)
佐藤信介
国井桂(脚)
釈由美子
伊藤英明
佐野史郎
真木よう子
長曾我部蓉子
六平直政
松重豊
園岡新太郎
塚本高史
雅子
城戸裕次
渕野俊太
博通哲平
沼田曜一
嶋田久作
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
修羅雪姫(コミック)小池一夫、上村一夫
 500年もの鎖国政策が現在も続くとある国。隣国から流れてきた武闘集団の建御雷(たけみかづち)家は、この国で反政府組織の鎮圧組織として雇われていた。今や単なる暗殺集団と化していた建御雷家のエリートである雪(釈由美子)もまた冷徹に人を殺す刺客として育てられた。だが彼女が20歳になる直前、実はリーダーの白雷(嶋田久作)によって母が殺されていたという事を知る。それを知られた白雷は雪を殺すべく刺客を送り込むのだった。それを何とか逃げ延び、偶然居合わせた反政府組織の活動家・隆(伊藤英明)と出会った雪は復讐を胸に、それでも初めての人間らしい生活を楽しみ始める…
 何かネットで知り合った人たちがみんな観てると言うので(勿論理由は2003年正月公開の
『ゴジラ×メカゴジラ』(2002))気になり続けていたタイトルで、ようやくレンタルして観ることが出来た。
 いつもはきはきしてややオタっぽい(失礼)釈由美子がどんな風に化けるか楽しみにしてたが、見事にああ言う寡黙な役をこなしていた。ワイヤー・アクションもなかなかツボを押さえた作りで、見応えはある。
 ただ、何か観ていて思ったのだが、
題材が古くないか?これって30年前の漫画でよくあったパターンだぞ。反政府組織と言い、アクション部分が森の中とか廃墟の中とかばっかりだと言い、組織へのアンチテーゼを主眼とするってのはまさに'70年代の価値観。それで映画作られてもなあ…原作で小池一夫の名前を見て妙に納得。それに本当に30年前に一回作られてたのね。謎は解けたよ。
 キャラクターはよくこなれていると思うのだが、嶋田久作だけが変に浮いてた感じ。この人、いつまで経っても役者として上手くならないな。
ま、それが魅力って言えば魅力だけど。
 ところでこの作品、殊に釈由美子の役柄を見ていてどうしてもある女優の名前が頭に浮かんで消えなかったのだが…実は30年前に作られたこのオリジナル作品の主演は梶芽衣子。やっぱり思った通りだった。まさに彼女のために作られたような物語じゃないか。う〜ん。オリジナルを観てみたくなってきた。
LOVE SONG 2001
<A> <楽>
  
★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ

ページトップへ