MOVIETOP

ロジャー・スポティスウッド
Roger Spottiswoode

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000 シックス・デイ
1999
1998
1997 007 トゥモロー・ネバー・ダイ
1996
1995
1994
1993
1992 刑事ジョー ママにお手あげ 監督
1991
1990 エア★アメリカ 監督
1989 灼熱の女 監督
ターナー&フーチ/すてきな相棒 監督
1988
1987 情事の突破口!/追いつめられたエリート弁護士の復讐 監督
影なき男 監督
1986
1985
1984
1983
1982
1981
1980 テラー・トレイン 監督
1979
1978
1977
1976
1975 ストリートファイター 編集
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959
1958
1957
1956
1955
1954
1953
1952
1951
1950
1949
1948
1947
1946
1945 1'5 オンタリオ州オタワで誕生

ページトップへ

タイトル
<A> <楽>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

シックス・デイ 2000
2001ゴールデン・ラズベリー最低主演男優賞(シュワルツェネッガー)、最低助演男優賞(シュワルツェネッガー)、最低スクリーン・カップル賞(シュワルツェネッガー)
<A> <楽>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 クローン技術が進んだ未来。ただし、“人間は人間を造り出してはならない"とする「6d法」のおかげで、社会の秩序は成り立っていた。飛行士のアダム=ギブソン(シュワルツェネッガー)はたまたまその日のフライトを同僚に替わり、帰宅したところ、そこには自分と同じ姿の男が家族と共に彼の誕生日を祝っていた。実は彼自身も知らぬうちに自分のコピーが作られ、それが家族の元に送られていたのだ。衝撃を受けるアダムだったが、独自に調査を開始し、その背後に大がかりな組織があることを知ることになる…
 シュワルツェネッガーは当たりはずれの多い俳優だが、『エンド・オブ・デイズ』(1999)、そして本作と見事に外れの作品が連発した。それを
両方劇場に観に行った私も馬鹿かも…
 特にアクションやらせるとマッチョな役しかできないシュワルツェネッガーだけに、どうしても話は類型になるが、こんな風に人間的な弱さを強調すると、特に酷くなってしまうのがなんとも困った話だ。
 かつて
『トータル・リコール』でディック作品に主演したシュワだが、ここではまさにディック的テーゼである「我とは何か?」というテーマに挑もうとしているのだろうが、しかし、やっぱりマッチョな話に落ち着いてしまう。
 しかもそんなシュワが今回は二人も…見事なくらいに外し作品となってしまった
(ラジー賞で主演男優賞、助演男優賞、スクリーン・カップル賞の全部に一人だけでノミネートされたのは多分彼だけだろう…仮にこれで全部受賞すれば、それはそれで大変な名誉になっただろうが)。とにかく濃い作品と言うことだけははっきり言えるよ。

 

007 トゥモロー・ネバー・ダイ 1997
1997ゴールデン・グローブ主題歌賞
1998MTVムービー・アワード アクション・シーン賞(バイクとヘリコプターのチェイス)、格闘シーン賞(ヨーと悪党の戦い)

<amazon>まだ
<楽天>
  
★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
シリーズ第17作
 南シナ海で英国艦デヴォンシャーが攻撃を受けて沈没する。攻撃したのは中国軍と思われ、高まる英中間の緊張の中、英情報部はこの事件にメディア王エリオット=カーヴァー(プライス)が絡んでいると見て、真相解明のためジェームズ=ボンド(ブロスナン)を派遣する。実は以前に関係があったカーヴァー夫人パリス(ハッチャー)から情報を引きだしたボンドだったが…シリーズ第18作
 今回のボンドの移動は
ロシア〜ロンドン〜ハンブルク〜ヴェトナム〜南シナ海『007は二度死ぬ』(1967)に続き、クライマックスは東洋でなされてるのが特徴。
 ブロスナン・ボンドの第2作目。非常に現代風な演出がなされているのがブロスナンの特徴だとも言えるが、これもやはりそれに沿っている。ただし、それは決して悪くない。時代と共に変わっていくからこそ、007シリーズは今も尚続いていくのだ。特に本作はブロスナン・ボンドの中でも最高傑作と思う。
 前作『ゴールデン・アイ』は私にとっては確かに良い作品だった。ただし、観終えた後に残るものがなかったのは、全般的にディジタル処理が施されていて、どれほど画面が派手にしても、全体的に軽く見えてしまったのが理由なんだけど、今回は肉体を使ったアクションが主で、ディジタル処理はそれをカヴァーする程度だったのが多分良かった所なんだろう。
 それと今回は敵役が魅力的なのも大きな要因。今までのように物理的な支配を目指すのではない。狭くなってしまった世界を制するのはメディアであると言うのはあまりにも現実的すぎて、ぞっとするほど。メディア王エリオットが最後に目指したものって、中国におけるメディア権。これを聞いた時、時代を感じたなあ。その
「あっ」と言わせる展開が本作の最大の見せ場だ。
 それにヒロインがとにかく強いってのも凄く良い。ミシェール=ヨーを起用した先見性には驚くばかりだよ。これまでのボンド・ガールと言えば、ファム・ファタール風の美女か、芯は強いけど、結局ボンドに頼るか弱い女性が多かったけど
(『私を愛したスパイ』があったか)、今回のヨーは、ボンドを必要としてないほどに無茶苦茶キャラが立っていたし、何より本当に強い。この二人が一緒になってのアクション・シーンは本当に見せ場たっぷりだよ。
 今回のボンド・カーはBMW。この見せ場もふんだんに出ているのも良い。性能をフルに使って
(どう考えてもこんなの変だぞってギミックもあるのが嬉しいところ)、ぶっ壊れるまで走り回る姿は、これがやっぱり良いところだ。勿論、Qとのやりとりも忘れてないしね。
 そういや、女性を拒絶するボンドの姿って、本作のみじゃないか?(笑)

 

刑事ジョー ママにお手あげ 1992
1992ゴールデン・ラズベリー最低主演男優賞(スタローン)、最低助演女優賞(ゲティ)、最低脚本賞

<amazon>
<楽天>
アイヴァン・ライトマン
ジョー・メジャック
マイケル・C・グロス
ジョー・ワイザン
トッド・ブラック(製)
ブレイク・スナイダー
ウィリアム・オズボーン
ウィリアム・デイヴィス(脚)
シルヴェスター・スタローン
エステル・ゲティ
ジョベス・ウィリアムズ
ロジャー・リース
マーティン・フェレロ
ゲイラード・サーテイン
デニス・バークレイ
ヴィング・レイムス
リチャード・シフ
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
エア★アメリカ 1992

<amazon>
<楽天>
メル・ギブソン
ロバート・ダウニー・Jr
ナンシー・トラヴィス
レイン・スミス
デヴィッド・マーシャル・グラント
ケン・ジェンキンス
バート・クウォーク
アート・ラフルー
ティム・トマーソン
★★☆
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 正義感溢れるが暴走気味のテレビリポーターのビリー(ダウニーJr)は新聞社をクビになり、空軍パイロットとして共産化する前のラオスにやってくる。しかし、彼が配備されたのは地図にも載っていない“あってはならない町”で、そこでのパイロット達はラオス軍部と結び、平気で武器の横流しや麻薬の密売をしていた。その実態に釈然としないビリーだが、相棒となったジーン(ギブソン)と共に様々な任務をこなしていく。
 これはヴェトナム戦争当時の、地球の裏側を描いた作品と言うことになる。コントラとかも出てきて結構楽しいけど、ちょっと話がベタ過ぎない?
自分の主義主張を心の中に封じ込め、汚れた仕事にも楽しめるようになった男が正義感溢れる相棒に感化され、自分の中にある正しい気持ちに気づいていく…妙にのっぺりした作品づくりになってしまった。
 ギブソンもダウニーJrも良いキャラクターで、楽しめはするけど。
影なき男 1987

<amazon>
<楽天>
ハーブ・ジンメル
マイケル・バートン
ダニエル・ペトリ・Jr(脚)
シドニー・ポワチエ
トム・ベレンジャー
カースティ・アレイ
クランシー・ブラウン
リチャード・メイサー
アンドリュー・ロビンソン
ジャネット・ロトブラット
★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ

ページトップへ