MOVIETOP

ロザンナ・アークェット
Rosanna Arquette

<amazon>
<楽天>

鑑賞本数 合計点 平均点
allcinema Walker ぴあ IMDb CinemaScape
wiki キネ旬 eiga.com wiki(E) みんシネ
書籍

_(書籍)

_(書籍)
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002 デブラ・ウィンガーを探して
2001
2000
1999
1998 TABOO タブー 出演
ブラック・ハート 出演
HELL'S KITCHEN 出演
バッファロー'66 出演
微笑みをもう一度 出演
1997 ゴーン・フィッシン’ 出演
魔性弁護人 出演
ライアー 出演
1996 ブレイクアウト 出演
クラッシュ 出演
1995 エスケイプ/FBI証人保護プログラム 出演
サーチ&デストロイ 出演
ホミサイド/殺人捜査課(4th)
<A> <楽> 出演
wiki
1994 カンヌ映画祭殺人事件 出演
パルプ・フィクション 出演
1993 愛の拘束 出演
ボディ・ターゲット 出演
1992 海辺の殺人者 出演
殺人愛好症(マニア)の男 出演
1991 サン・オブ・ザ・モーニング・スター/悲劇の将軍カスター 出演
ニューヨーク恋泥棒 出演
1990 イントルーダー/怒りの翼 出演
恋人たちのパリ 出演
ウェンディの見る夢は 出演
1989 ブラック・レインボウ 出演
ニューヨーク・ストーリー 出演
1988 グラン・ブルー 出演
1987 アメリカン・パロディ・シアター 出演
1986 800万の死にざま 出演
1985 アビエーター 出演
マドンナのスーザンを探して 出演
アフター・アワーズ 出演
シルバラード 出演
1984
1983 ベイビー・イッツ・ユー 出演
1982 死刑執行人 出演
ザ・ウオール〜愛と自由への脱出〜 出演
1981 S.O.B. 出演
ロングウェイ・ホーム 出演
1980
1979 FBI特捜指令/パティー・ハースト誘拐事件 出演
アメリカン・グラフィティ2 出演
1978
1977 悪魔の棲む村 出演
1976
1975
1974
1973
1972
1971
1970
1969
1968
1967
1966
1965
1964
1963
1962
1961
1960
1959 8'10 ニューヨークで誕生

ページトップへ

タイトル
<A> <楽>
  
物語 人物 演出 設定 思い入れ

 

デブラ・ウィンガーを探して 2002
<A> <楽>
  
★★★★★
物語 人物 演出 設定 思い入れ
 3度のアカデミー賞ノミネート経験を持ちながら41歳で突然引退してしまったデブラ=ウィンガー。その理由を探すため、主にハリウッドでかつて活躍した、あるいは活躍中の女優に的を絞り、インタビューによって作り上げたドキュメンタリー作品。
 念のため。ここには映画に関する感想ではなく、折角これだけ出てきたんだから、女優に関する感想が主(メインはあくまで現時点で私が観た映画)。生年まで書いたのは失礼な話だが、これは私自身のデータベースとして活用するためと思って欲しい。

 女優として、一人のこの母として生きる
ロザンナ=アークェット(1959年生まれ。代表作『グラン・ブルー』(1988)、『パルプ・フィクション』(1994)など。個人的には『隣のヒットマン』(2000)のエキセントリックな妻役が大好き)が、女優と母との両立に悩み始めたのをきっかけに、40代を越え、第一線で働く女優たちのインタビューを編集した作品。
 以下インタビューした女優だけ挙げさせていただく。
 
パトリシア=アークエット(1968年生まれ。10歳離れたロザンナの実の妹。脇役とは言え『エド・ウッド』(1994)での演技が好き)。
 
エマニュエル=ベアール(1965年生まれ。私が観たのは『ミッション・インポッシブル』(1996)だけか?失礼ながら印象が薄い)。
 
カトリン=カートリッジ(1961年生まれ。この人も脇役の『フロム・ヘル』(2001)だけ。悪いが覚えてない(苦笑))。
 
ローラ=ダーン(1967年生まれ。『ジュラシック・パーク』(1993)の汚れ役が良かった)。
 
テリー=ガー(1949年生まれ。この人の作品も殆ど観てないぞ。『ジム・キャリーはMr.ダマー』(1994)のおばちゃん役くらい?)。
 
ウーピー=ゴールドバーグ(1955年生まれ。言うまでもない。『ゴースト ニューヨークの幻』(1990)でブレイク後、『天使にラブ・ソングを…』(1992)など、個性派演技を見せつけてくれる未だに旬が続いている女優)。
 
メラニー=グリフィス(1957年生まれ。『ワーキング・ガール』(1988)でシガーニー=ウィーヴァーと対等にやり合ってたと言う、ある意味もの凄い女性(笑))。
 
ダリル=ハンナ(1960年生まれ。『スプラッシュ』(1984)のみずみずしい演技は未だに目に焼き付いてるが、個人的に一番好きなのは『ブレード・ランナー』(1982)でのパンダメイク(笑)。社会活動家としても有名)。
 
サルマ=ハエック(1966年生まれ。『ドグマ』(1999)、『パラサイト』(1998)でのバイ・プレイヤーとして活躍。やっぱり『デスペラート』(1995)でのヒロインぶりが好み)。
 
ホリー=ハンター(1958年生まれ。代表作『ピアノ・レッスン』(1993)が挙げられるだろうが、『クラッシュ』(1996)のあのゾクゾクとするほどの色っぽさは特筆もの)。
 
ダイアン=レイン(1965年生まれ。なんと言っても『ストリート・オブ・ファイア』(1984)の絶唱シーンが思い出深い…この人の出演作品は随分観てるな。良い歳の取り方をしてる女優の一人だ)
 
ケリー=リンチ(『バーチュオシティ』(1995)の科学者。『Mr.マグー』(1997)では悪女を好演)。
 
ジュリアナ=マーグリース(1966年生まれ。劇場よりもテレビ・シリーズの『ER 緊急救命室』(第6シーズンまで。多分私が観ていたのもこの辺りまで)でとみに有名)。
 
キアラ=マストロヤンニ(1972年生まれ。マルチェロ=マストロヤンニの娘。残念ながら観た映画は一つもない)。
 
サマンサ=マシス(1970年生まれ。この人の作品で観たのは『ブロークン・アロー』(1996)一本だけ)
 
フランシス=マクドーマンド(1957年生まれ。サム=ライミの私の好みな初期作品によく登場。『ダークマン』(1989)のヒロイン)。
 
キャサリン=オハラ(1954年生まれ。『ビートルジュース』(1988)、『ホームアローン』(1990)などバイ・プレイヤーとして活躍)。
 
ジュリア=オーモンド(1965年生まれ。観たのは『レジェンド・オブ・フォール』(1994)でのヒロイン役のみ)。
 
グウィネス=パルトロウ(1973年生まれ。観た映画は多いけど、印象に残るのは最期にあんなに小さくなってしまった(?)『セブン』(1995)かな?)
 
マーサ=プリンプトン(1970年生まれ。出演作で観たことあるのは『グーニーズ』(1985)だけ。故リヴァー=フェニックスと交際していた女性)
 
シャーロット=ランプリング(1946年生まれ。ヴェテラン中のヴェテラン女優。『愛の嵐』(1973)での名演は忘れがたい)。
 
ヴァネッサ=レッドグレーヴ(1937年生まれ。ヴェテラン女優なんだけど、意外に観てるのは少ない。『ジュリア』(1977)が代表作になるのかな?)
 
テレサ=ラッセル(1957年生まれ。『ラスト・タイクーン』(1976)でデビューを飾った後、主にホラーとかB級SFで活躍中)
 
メグ=ライアン(1961年生まれ。ハリウッドのトップ女優の一人。未だにヒロインとして活躍中。私的には『インナースペース』(1987)での演技が好き)
 
アリー=シーディ(1962年生まれ。最初の内はわりと正統的な清純ヒロイン役が多かったけど、最近ではホラーとかが多くなってる。結構作品は観てる)
 
エイドリアン=シェリー(生年不明。観た作品は無し)
 
ヒラリー=シェパード(1961年生まれ。SF作品が多いみたいだけど私が観た作品は無し)
 
シャロン=ストーン(1958年生まれ。長い下積み期間を経て『氷の微笑』(1992)でブレイク。現在は主にバイ・プレイヤーとして活躍。私はあんまり好きじゃない女優)
 
トレイシー=ウルマン(1959年生まれ。『おいしい生活』(2000)では「肝っ玉母ちゃん」を地で演ってる)
 
ジョベス=ウィリアムズ(1948年生まれ。キャリアは長く、様々な作品でのお母さん役が多いけど印象に残るのは『ポルターガイスト』(1982)での絶叫)
 
アルフレ=ウッダート(1953年生まれ。作品は何本か観てるはずだけど、印象が…バイ・プレイヤーなんだろう)
 
ロビン=ライト・ペン(1966年生まれ。登場作品はそれほど多くないけど印象的な役柄が多い。代表作は『フォレスト・ガンプ』(1994)。尚、ペンと言う芸名はショーン=ペンと結婚したことから)
 
ジェーン=フォンダ(1937年生まれ。ヘンリー=フォンダを父に持ち、その愛憎入り交じった親子関係はハリウッドの伝説とさえなっている。本当に多くの映画に出演し、しかも自立する女性役がこれほど似合う女優も無し。社会活動家としても有名で私のとても好きな女優でもある。ただ、一番好きな作品を一本上げろと言われると『バーバレラ』(1967)になってしまうのが我ながら情けない)
 
デブラ=ウィンガー(1955年生まれ。『愛と青春の旅立ち』(1982)及び『愛と追憶の日々』(1983)でブレイクし、順調にキャリアを重ねるが、90年代半ばに突然引退し殆どの人の前から姿を消す。私としては『永遠の愛に生きて』(1993)の死を前にしながらもあくまで淡々としいるって役柄が好きだけど、これは少数派かな?)

ページトップへ